スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近聴いてる音楽

気がついたら一ヶ月更新なしで広告が出てました。あわわ。

本の感想が書けないので、ここ最近お気に入りで聴いてるアルバムを紹介してみます。

Vagabonde
Cecile Corbal
B01IFN86AY


ジブリ映画の劇版で知られるフランス人シンガー・ソングライターの作品ですね。
いままではケルティックハープによる弾き語りの印象が強かったのですが、このアルバムは他の演奏者による楽器もフューチャーしてジャンルがケルティックからフレンチポップスに変更されてました。
楽曲そのものはケルティックなのに雰囲気がより華やかに、たしかにポップス寄りになってるかも。
ケルティックハープの音はすこしさみしげに響きますからね。それはそれで味わいなんだけど。
華やかにゴージャスに明るくなったぶん、このアルバムは万人向けに仕上がってる気がします。
ヘビロテしてます。

TRICK (Type-A)(CD+DVD)
TRUSTRICK
B01KJFAF2I


『俺物語!!』『少年メイド』のタイアップ曲で知った二人組の音楽ユニット。
80年代のJPOPを思わせるような愛らしい曲から、今のアニメ風なシャープでかっこよい曲、せつないバラードまで幅広い楽曲を、甘くてせつなくて華やかなボーカルが歌いあげてくれてます。これがとっても上手い。素晴らしいです。
神田沙也加っていいボーカルだなー。好き。
ところどころ往時の松田聖子の声を思いだして、すこしノスタルジックになるのは年だからですな;

Love You
Cymbals
B000091KYF


土岐麻子が好きです。それでずっと聴きたかったのがCymbalsなんですが、解散してしまったためかレンタルにもあまりなく、ずっと悶々としていたところ、音楽配信サービスで発見し、狂喜乱舞して聴き続けてます。
スタイリッシュなシティポップといえばよいのかな。
わたしにとっては聴いても聴いても飽きのこない、するめのような音楽です。好き!

Cymbalsが聴けるだけで、配信サービスに有料登録してる意味がある!
いや、それをいうならあんまりお金のない洋楽好きなら多いに意味がある!
レンタルだと一年以上お預けを食らう上に、必ずラインナップに入るかどうかわかりませんからね。
うむ。

オール・ブライト・エレクトリック
フィーダー
B01J0CLHS2


一年待ちならまだ聴けないのがこちらのアルバム。
イギリスのロックバンドのニューアルバムです。
テレビを見ていて「おお」と思い、ここでいままでならレンタル探して「ああ、まだだね」と諦めるのですが、すぐに聴ける今聴ける!
しあわせ……。

檸檬(通常盤)
BURNOUT SYNDROMES
B01LAGJF3K


さらに、ふと聴いてみて予想外に気に入ってヘビロテする、ということもあり。
最初はアニメ「ハイキュー!!」のOPが気に入ってただけだったのが、なにこれいいじゃん……となって聴き続けてるのがこれ。
「ヒカリアレ」とか聴いてるとたぎってくるものがあります。気分が盛り上がるんですよね。
若いっていいな〜。

こんな感じで年末のわたしは音楽を聴き続けております。
スポンサーサイト

イヤホン購入

いまさらですが、イヤホンを新調しました。
といっても、言葉でいうほどたいそうなものではありません。

Panasonic ステレオインサイドホン ピンク RP-HJS150-P
B001T9OBD8



じつは、入院する前に買ったイヤホンがちょっと前から悲惨なことになってました。
左用の線のカバーが途中で何故か折れ切れて剥がれかけ、中から覗いた銅線が所々断線。

よって左から聞こえる音がなんだか小さく遠くなって、右側からの音ばかりが目立っていた。

それでも慢性金欠状態の私は、イヤホン買うなら本のほうがいい、という心根の持ち主でもあり、音にもまったく……てほどでもないけどうるさくないから、ま、いーか、と放置していたのでした。

今回購入したのは、テレビの買い換えのために電器店に行ったついでです。
手続きで待たされてる間に、そういえばと思いついて売り場に行った。

たくさん並んでいるなかから、以前から耳が小さくて難儀していたので小さい人向けイヤーピースがあるのと、コードがからまって時々首締められそうになってたので短め60センチのものということで、こういう選択になりました。(それから低価格!)

使用するためにイヤーピースをつけ替えるのにちょっと苦労しましたが、そのあとは、「ええっ。これ、何?」と思うほどクリアーに聞こえて、今までのイヤホンがいかほど耳に密着していなかったか、さらに左の断線がどれほど音質に響いていたかが実感されました。

音質そのものはたいしたことないと思うんですけどね。
とくに低音はまったく迫力なし。試しに聴いてみた「inner universe」のずずんすずんずずんずずんという響きがほとんど聞こえない。私、あそこのずしずし来る重たい響きが大好きなんですけど(汗。

でも、低価格だからなー、こんなものでしょう。
寝る前には静かな曲を聴くのがつねなので、たいして影響はないと思います。
そうなんです、私iPodを持ち歩かないんです。もっぱら寝る前リスニング用なんです。

変なヤツだといわれます。

五枚で千円キャンペーン

上野洋子さんのCDを探しにレンタル屋にいったら「期間限定CD五枚で千円キャンペーン」というのをやっていた。
五枚も? と思っていたけれど三枚持ってレジにいったら「もったいないです」と言われて確かにそうかなと思ったので二枚追加してしまいました。

なにかしてやられた気分。

pearl~The Best Collection~
KOKIA Glenn Frey Don Henley
B000CNDI5E


ウクレレ栗コーダー
栗コーダーカルテット
B000FI8TZK


グレイテスト・ヒッツ
ビョーク
B0016JD768


ビリー・ザ・ベスト
ビリー・ジョエル
B0000CD87J


ブルー・タートルの夢
スティング
B000J234UC


上野さんがないじゃん!
そうなのです、そもそもは上野洋子さんのを借りようと思っていたのですがどこにもなかった。その他の候補に挙げていたもの(一十三十一とかNiyazとかNHKのクインテットとか)もないしで、やっぱり私の趣味はマイナーなのかなあと思わざるを得ませんでした。

なかでこれをと思っていたのは栗コーダーカルテットとビョークですか。ビョークはLast.fmを聴いてよいなあと思ったので。
KOKIAは響子さんお薦め『VOICE』を探してたんだけど誰かが借りていた。くすん。

あとは懐メロ的選択です(苦笑。

CDレンタル

生まれてから云十云年。
この歳にして初めて、CDレンタル屋さんに行ってまいりました。

いや、レンタル屋そのものは未経験ではないのですよ。
以前行った時はまだCDが生まれてなかったので、レコードレンタル屋だったってだけです。……それって化石級?

もとへ。
うちから見晴るかす風景の中に去年突然出現した高層ビル。
そのなかにかの有名なTSU○YAがあるという噂は、開店直後から伝わっておりました。

風景的にかなりお邪魔なやつでテレビやラジオの電波を遮ってくれたりもするので、あまりよい感情は持っていなかったのですが、出来てしまったものは仕方がない。

それなら出来たものを活用しようと、ついに妹と二人出撃することで合意。

現地集合という約束で、私はバスで妹は徒歩で、それぞれに目的地をめざしました。
バスの方が遠回りをするので所要時間はどちらも二十分。

店内に足を踏み入れて、しばし恍惚とした時間を過ごしましたよ。
いままで買える見込みがないとあきらめていたCDが山ほど!
目移りして収拾が付かなくなりそうだったのですが、それほど手持ちに余裕があるわけでもないふたりはそれぞれ二枚と三枚、あらたに会員カードを作成してもらった上で借りてきました。

しかし、私の本命はことごとく見つからなかったです。
マイナー好きですから、予想はしていましたけれどね……。

というわけでお初にレンタルしてきたのは以下の二枚です。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.+(プラス)
TVサントラ Origa Gabriela Robin
B000197M2O


クエスチョン・オブ・オナー(CCCD)
サラ・ブライトマン
B000CSUYM4


『攻殻機動隊』はDVD版のエンディングが聴きたくて。タイトルを覚えていなかったので複数枚出ているサントラ盤の中のどれを借りればいいのか悩みましたが、間違ってなくてよかった(苦笑。

サラ・ブライトマンは買い逃していたものです。が、レンタル店で見ただけではCCCDだなんて全然わかりませんでした。とりあえずリッピングしてみたんですけど、不安でまだ聴いてません。いまさらCCCDなんて。『ハレム』もCCCDだからリッピングしてないのに。むー。

私の趣味はそんなに変わってるのだろうか

今回は音楽の話です。

先日からワタクシ、Last.fmに加入しまして、それは楽しく音楽ライフを楽しんでおりました。

自分のライブラリができると、自分のライブラリから嗜好に合わせたお薦めの曲が試聴できたり、そこからまた似たテイストのアーティストのリンクを辿ることが出来たり、それはもういろいろといろいろと! たくさん知らなかったアーティストを発見して、延々聴きつづけたりして、ほかのいろいろがたいそう疎かになったりしておりました。

ところで、ほかの機能に「ご近所さん」というのがありましてですね。
ここには自分のライブラリに登録されてるデータに似通ったデータを登録している他のユーザーさんが表示されます。

この機能のいいところはそのご近所さんユーザーのライブラリにあるトラックからLast.fmがデータを持ってるものを無料で試聴できるところ。

私もさんざんいろんな曲を試聴して楽しんでました。

ところが、ひさしぶりにというか多分一週間ぶりくらいにご近所さんページにいったところ、なんとご近所さんはたったおひとりになっていたのです!

ええっ、どうして?

このあいだまで60人くらいいらしたのに!

わけがわからないながらいろいろと推測してみました。

まず、私の音楽嗜好傾向は、三方向に分かれているみたいです。
というのも、Last.fmが推薦してくるお薦め音楽アーティストがだいたいこんなふうに分かれているからです。

ロリーナ・マッケニット系 これが多分一番多い。
尾崎亜美系 いわゆるニューミュージックを推薦されるけどほかのひとはほとんど聴かない。
スティング系 うーむ。よくわからん。

そのほかにはザ・コアーズ系 これはロリーナとかぶってる。
サラ・ブライトマン系 これもロリーナとかぶってる。

とこんなふうなイメージで、私のご近所さんもだいたいそんなふうな三方向の方たちが混じっていたのです。
最初は100人くらい表示されていたのが、だんだん淘汰されていったのか最後に見たときは60人になってました。

だけど、いきなりひとりとは。
なんだか穏やかじゃない気がする。

いったいなにが原因なのだろうと……ちょっとへこんでしまいました。

もしかしてアレかなあと思いあたることはひとつあるんだけど。

それは一昨日、こんなものをリッピングして聴いていたこと。

横浜ベイスターズ’98選手別応援歌
Toshitaro ザ・ベイスターズ 井辺清
B00005FR1U

横浜ベイスターズ選手別応援歌2002
ザ・ベイスターズ
B000066IQC


選手別応援歌はともかく、いい歌なんですよ~、「勝利の輝き」とか、ダ・カーポの「BayStarsを観にいこうよ」とか!

これにクレイジーケンバンドの「BE A HERO」があればいうこと無いんですけどまだ持ってないのです。iTunesStoreにあるのを見つけたのでいまは狙いをつけてるところ。

しかし、たしかにこんなアルバムが入ったらデータベースは混乱するかも、しれない。

だれかベイスターズファンで仲間になってくれる人がいないかなあ。

それよりも他の曲をうんとスクラブルしたほうが早道なのかもしれないけど。

ちなみに私のLast.fmページはこちらです。
moonsing ミュジック・プロフィール – Users at Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。