『いぬうえくんがやってきた』

いぬうえくんがやってきた?いぬうえくんとくまざわくん〈1〉
いぬうえくんがやってきた?いぬうえくんとくまざわくん〈1〉

『ゆうたくんちのいばりいぬ』シリーズでしられる、きたやまようこの別シリーズ。
姪っ子(小学二年生)に買ってやった本です。
姪っ子は本屋で30分以上あちこち吟味して、ようやくこの本に決めました。
やはり30分以上悩んだあげく「ちびまる子ちゃん」を選んで脱力させられたこともある姪っ子ですが、今回のはヒット!

いぬのいぬうえくんとくまのくまざわくんの、初めての出会いから同居→喧嘩→仲直り、の過程をまじめにとぼけた調子で描く、ほのぼのストーリーです。
他者とのおつきあいは、どんなに近しいものであっても異文化交流なんだよな、という基本をじんわりと感じさせてくれるお話でした。
いぬとくまの性質がうまくキャラクターに反映されていて、とってもキュートです。

四冊目が最近出たばかりの模様。

10万アクセス御礼

多分昨日の夜、創作サイトのアクセスカウンタが10万を超えました。
いままでお越しいただいた皆様に深く感謝し、あつく御礼を申し上げます。

サイトを始めたときには、こんな数字は夢にも想像しませんでした。
ほかのサイトさんのお客様が一日に数百人なんてのを見ても、自分とは別世界のことだと思っていたし、いまも思っています。
でも、こつこつとつづけていると少しずつでも数字は増えてゆくのですよね。へることはないのです。
数字のみをありがたがる気持ちはありませんが、五年間つづけた結果として、その背後にあるみなさまの足跡をありがたく受けとりたいと思います。
どうもありがとうございます。

というわけで、本当はここで御礼としてなにかアップしたいところなんですが。
いま、我が家は修羅場なので、なにかをつくっている余裕がありません(だからキリ番のアナウンスもしなかった)(汗。
連載の次回分をできるだけ頑張って書くということで、ご容赦くださいませ。

余裕ができたらなにかやりたいです。
たぶん、お絵かきかなー。
文章を即席で書くのは私には不可能だ……。

映像→文章

体調不良と暑さに負けつづけておりましたが、ようやくつづきを書き始めました。
しかし、たいへんに難航中です。
クライマックスに近づいている(第一部のだけど)せいもあるのですが、最近、文章を書くのが面倒で仕方がありません。

続きを読む »

Book Baton その2

とみ~さんからBook Batonを回していただきました。
じつはすでに一度回答しているのですが、自分でももうすこしファンタジー寄りの回答ができなかったものかと忸怩たるものがありましたので、ふたたび回答してみようかと思った次第。

1.持っている本の冊数
あははは、これは前回と変わりようがないですね。つまり、わからない。ホントにわかんないです。数えようにもスペースがない。蔵書カードでも作ればいいのでしょうが。

2.今読みかけの本or読もうと思っている本
フリッツ・ライバー『死神と二剣士 <ファファード&グレイ・マウザー2>』を読みかけたままあちこちに手を出していました。そのためいまだに途中。その続編が待機しているのも同様。サトクリフは読めないままに返却。それからたくさん購入してしまった文庫本と借りてきてしまった本が待っております。オルハン・パムク『わたしの名は紅』をちょっとだけかじり読みました。

3.最後に買った本(既読、未読問わず)
エディングス『銀狼の花嫁
ロビン・ホブ『帝王(リーガル)の陰謀 上<ファーシーアの一族2>
ロビン・ホブ『帝王(リーガル)の陰謀 下 <ファーシーアの一族2>
森岡浩之『星界の断章 <1>

ぜんぶ未読です。いつ読めるんだろ……。

4.特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)
これですよね。前回、思いっきり外したのは…。今回はファンタジーに限定して選んでみます。

マキリップ『妖女サイベルの呼び声
これは前回とおんなじですが、どうしても外せないので。この本と『クリスタル☆ドラゴン』で私は私のファンタジーを識ったのだと思われます。

タニス・リー『冬物語
ファンタジーのイメージとしては同時収録の「アヴィリスの妖杯」なんだろうけど、私の心には灰色の海辺の神殿が深く刻印されている。たぶん私が巫女や神殿を書いてしまうのは、これの影響が大なのです。

ジェイン・ヨーレン『光と闇の姉妹』『白い女神
歴史と伝承。伝承と神話の関係を肌で意識させられた二部作。

マイクル・ゴールディング『春を忘れた島
ファンタジーというよりマジックリアリズムなのですが、登場人物を突き放した文章でユーモラスに辛辣に描かれるふしぎな中世イタリアの雰囲気が好きなのです。図書館から何度も借りだして眺めている本。読み通したのは多分一回だけなんですが。

J.R.R.トールキン『指輪物語
英雄物語を意識して読んだのはごくごく最近のこと。わたしにとってのこの話は、長いあいだ古森やロスロリエンやエントの森の物語だったのでした。森の中の学校に通いながら読んでいたからイメージもわきやすかったのでしょうか。読み返したときに、森のところしか覚えていなかったことを確認して笑ってしまいました。

5.バトンを渡す5人
二度目なのでもういいですよね……。
もし回答したいと思われた方がいらしたら、コメントなどで意思表示してくださればつつしんでお回しいたします。

今回のほうがご期待に添えるものになったのでは。

『霧の日にはラノンが視える 2』

霧の日にはラノンが視える (2)
霧の日にはラノンが視える (2)

読了。
この巻を読んで、このお話がますます好きになりました。
妖精譚なんだけど、異邦人たちの故郷探しのお話でもある。
そして、青少年たちの居場所探しのお話でもあるわけね。
わんわんラムジーがかわいいっ。

『ケルト事典』

ケルト事典
ケルト事典

Amazonギフト券で購入しました。
こんなに小さな本だったんだ。
でもうれしー。

これで固有名詞をつけるときのお助け道具がまたひとつ(笑)。

そういえば、私が高校・大学くらいの時は北欧神話のほうが有名で、ケルト文化の本なんてほとんどなかったのに、いつのまにかケルトのほうが知名度高くなっているような……。気のせいか?

Online Novel Baton(ゆめのみなと編)

松木響子さんから回していただいたOnline Novel Batonへの回答です。

続きを読む »

Book Baton

由良さん@【ホンの愉しみ】からBook Batonを回していただきました。
最近いろんなバトンがまわっているようですが、うちにもまわってくるとは思わなかったです。他人事なときには「面倒かもしれない」と思っていたのだけど、いざやってくるとちょっと嬉しかったり。現金なヤツ。

答える質問は以下の五つのようです。

  1. 持っている本の冊数

  2. 今読みかけの本 or 読もうと思っている本

  3. 最後に買った本(既読、未読問わず)

  4. 特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)

  5. 次にまわす人5人まで



持っている本の冊数

のっけからまた、難しい問いですね。わかりません、としか答えられない。蔵書をぜんぜん整理していないから。

今読みかけの本or読もうと思っている本

読みかけているのは、フリッツ・ライバー『死神と二剣士 <ファファード&グレイ・マウザー2>』。
読もうと思っているのは……その続刊ぜんぶと図書館から借りてきた数冊。とくにローズマリ・サトクリフ『英雄アルキビアデスの物語 (上)』は読んでおきたいところなんですが……時間と体力の関係で読めないかも。

最後に買った本(既読、未読問わず)
フリッツ・ライバー『ランクマーの二剣士 <ファファード&グレイ・マウザー5>』。

特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)

うーん、これもまたむずかしいですが、とりあえずのところ、ということで。

マンガを除いたらこんなかんじ。思い入れのある本というと、昔読んだものばかりになってしまいますな。でもこのあたりは本当に私自身をかたちづくっている核の部分に近いです。

次にまわす人5人まで

……なんとなく勝手に回すのは気がひけるのですが、止めてしまうのもさみしい。
というわけで、解答してみたい方、解答してみた方は、この記事にトラックバックかコメントをお寄せくださいませ。

『スウィングガールズ』

スウィングガールズ スタンダード・エディション
スウィングガールズ スタンダード・エディション

新幹線で行った先で何故か見てきたDVDの二枚目。
この映画、テレビで予告スペシャル(?)を見てからずっと見たかったんですよね。
じつは主演の上野樹里ちゃんは『てるてる家族』のときからファンでして。
たしか監督さんは『ウォーターボーイズ』とおなじ方。
たくさん笑えて、ちょっとほっこり、という感じの女子高生ビッグバンドムービーでした。
竹中直人はあいかわらず際物っぽい役がハマッてますねえ(笑。

『モンスターズ・インク』

モンスターズ・インク
モンスターズ・インク

新幹線で出かけた先で、なぜか見てきたDVD。
前夜暑くて眠れなかったので見ながらもうろうとしてましたが、面白かったです。
吹き替え版で見たんだけど、主役ふたりの声を当てたお笑い芸人の演技が意外に上手で、キャラクターにもあっていたのでびっくりしました。

アメリカンなCGアニメってキャラクターイラストだけを見ていると「かわいくないなー」と思うんだけど、動き出すと意外に親しみやすい。演技の演出が巧みなんだろうなあ。もともと話している言語のせいかもしれないけど。欧米語をちゃんと話そうとすると顔の筋肉がやたらに動くから、自然に顔の表情も豊かになるらしいし。

キャラ投票途中経過

2005/07/02(土) 13:53現在の投票数は、232です。

続きを読む »