200603に出る文庫

3月に出る予定の文庫でわたしの気になったものはこんな感じ。

3/1 駒崎優『星屑のさなぎ』角川ビーンズ文庫
3/1 谷瑞恵『さまよう愛の果て』集英社コバルト文庫
3/3 ロード・ダンセイニ『最後の夢の物語』河出文庫
3/10 加門七海『怪談徒然草』角川ホラー文庫
   ダン・ブラウン『ダ・ヴィンチ・コード 上中下』角川文庫
3/10 渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で 10』メディアワークス電撃文庫
3/11 A・リーベラーシス『メタモルフォーシス ギリシア変身物語集』講談社文芸文庫
3/上 エディングス『異形の道化師』ハヤカワ文庫FT
   クレイグ・ショー・ガードナー『魔術師エベネゼムと不肖の弟子』ハヤカワ文庫FT
   マイクル・ムアコック『メルニボネの皇子』ハヤカワ文庫SF
3/13 図子慧『二学期』祥伝社文庫
3/14 エリス・ピーターズ『背教者カドフェル』光文社文庫
3/16 プーシキン『大尉の娘』岩波書店
3/20 五代ゆう『〈骨牌使い〉の鏡 1』富士見ファンタジア文庫

今月号の『S-Fマガジン』を拾い読んだところによると、ムアコックの「エルリック」シリーズは以前のものと構成を変えて、未訳のつづきも加えてのシリーズ出し直しらしいです。
装画はどうなるのだろうと思っていたら、やっぱり変わるみたい。
ところで、私が一番衝撃を受けたのは、混沌の神の名前が変わってたことです。固有名詞の読み方は難しいですねえ。
フィギュアスケートの選手の名前なんか、シーズンごとに呼び方が違うもんねえ。

投票締切、一日延期

長らく実施して参りました『天空の翼』キャラクター投票は、このたび3月1日をもって終了とさせていただきます。

続きを読む »

Writer Baton

松木響子さん@【夢紡ぎの歌】から「Writer Baton」を回していただきました。

響子さんの回答を興味深く拝見していて、「ああ、やっぱりものを書くひとはいろんなことを考えているのよね……私と違って……!」と思っていたら、最後に自分の名前を見つけて焦りました。

響子さんのような深みのある答えは逆立ちしても書けそうもありませんが、普段なんにも考えていない人間が回答したらどうなるか、ということでいってみたいと思います。

続きを読む »

ブログを引っ越します

いままで水面下でさんざん悩んできましたが、悩んでいるあいだに本気でサーバー容量が半分超えそうになってきたので、思い切ってブログを引っ越すことにしました。

引っ越し先はこちら。
「Reading Diary-MEMO(仮)」

いままでの記事は移動させず、このままここに置いておきます。
これまであちこちにデータ移動を試みたのですが、できるはずのところでも文字化けしたりしてうまくいかんかったし、トラックバックのある記事もあるし。
だから、もし引っ越し先でなにかあってまた移動したくなったときも、データは移さないことにした。
(それで未練を断ち切るためにも汎用データで書き出しのできないFC2にしたんです。)
大切にとっておきたいようなことはブログには書いてないので、ま、いいかと。

サイト側からここへのリンクはサイトを更新するときに書き換えます。
念のためですが、引っ越すのはブログだけですよ~。

ホルターをつける

さいきんあちこち不調つづきなので、きのうは重たい腰を上げて内科に行ってきました。

今回初めて心電図をとりまして物珍しさでちょっと楽しかったりしたんですが、症状が出るのは夕方からなのに検査が午前中だったのでまったく異常なし。
というわけで24時間測定するため、ホルターというものをつけることになりました。

続きを読む »

尾崎亜美『三重マル』

三重マル
尾崎亜美
B000DZJKAI


e-hon】で購入。
近所の本屋でCDが受け取れるなんて、便利になったものだなー。

尾崎亜美デビュー30周年記念アルバム。
NHKの連続ドラマ『どんまい!』の主題歌や、アニメ『エンジェルハート』の挿入歌、なでしこリーグのマリーゼのオフィシャルチームソング、などなどシングルとして発売された曲と他アーティストへの提供作品も収録されております。

が、ワタクシ的にはなんといってもかつてNHK「みんなのうた」で放送された『キャンディの夢』が入ってるところがポイント高し。
『プリズミイ』収録の「白夜」(東芝EMI時代のアルバムなのでiTunes Music Storeにて試聴できます)に似たテイストのこの曲、聴いてると中学生の時の自分を思い出します。うーん、なつかしい。

『帝王(リーガル)の陰謀 下 ファーシーアの一族』

帝王(リーガル)の陰謀 下 <ファーシーアの一族2>
ロビン・ホブ
4488562043

[Amazon][bk1]

やっとのことで読了。
次から次へと襲いかかる苛酷な運命に翻弄される少年の成長を、生活感あふれる重厚な文章で描く、異世界ファンタジー。

読んでいて何度も辛くなって中断していたため、えらく時間がかかってしまいました。
あんまり辛いので先のほうをちょっと拾い読みしてしまって、それがさらに辛さを増してしまった>墓穴。
でも、大変に読み応えがあって、さいごまで読み通せてよかったと思います。
王様がかわいそうでさー。
どんなに賢明でも子育ては誤ってしまうのね。ぐすん。

一日フィギュアスケート

昨日の朝早起きをし、トリノオリンピックのフィギュアスケート女子シングルショートプログラムを見て、それから一日が狂いました。

いやね、その前日私はかなり疲れていたのですよ。整形外科へ行っていろいろ今後のこととか話してきたもので。おかげでぼうっとしてしまって帰宅してからもテレビをぼんやり見ることくらいしかできなくて、しかたないので早々に寝たのですがおかげで夜中に目覚めてしまって。気がついたら四時半だった。そしたらぼっとひらめくものが。

「そういえばショートプログラムっていまやってるんじゃ……」「そういえば、ぼんやりしていたから録画予約をしていなかった……」

それでごそごそと起き出して、それからずーっとテレビを見ていたのです。
眼鏡をしていなかったのでぼやっとしたままでしたが、とにかく見てしまった。七時過ぎまで延々と。

で、最後までみた感想。
「あーよかったなあ。やっぱりハマったときのサーシャ・コーエンはすげえ……」

もう一度みたい。こんどは眼鏡をかけて。
と思って、新聞を見ると、何度も録画放送の予定がある!
午前中に民放とBSで一回ずつ。
午後にはNHKとBSとでまた一回ずつ。
夜にもNHKと民放でまたまた一回ずつ!
オリンピックとはいえ、こんなにひとつの競技を何度もくり返し放送した事ってあっただろうか(汗。

さらに各局のニュースでまたなんどもリプレイが流されましてねえ。
それをまたいちいちチェックしている私がいるわけですが(汗。
マイナーだった時(そんなに遠くない過去だと思う)の癖が抜けなくて、フィギュアに関することをやってるととりあえず見ておけと本能が命じるのに逆らえないんです。

おかげで私、きのうだけで、日本人選手の演技をそれぞれ十回くらい見たかもしれません。
おもいきりバカです。時間の無駄です。でも、あたまがぼんやりしていて、他のことができないんですよー。疲労と寝不足で。
しまいには、こんなこと滅多にないんだから思い切り満喫しよう、と開き直るしまつ。

よく考えたらそんなに疲れてるんだから見なければよかったのです。
夜寝る頃には朦朧としてましたさ。

でも、そんなにしても十位以内にはいらなかった選手の演技は、ほとんど見られなかったのですよねー。
リアシェンコの点が伸びなかった理由を眼鏡をかけて確かめたかったのになあ……。

フリープログラムはきちんと録画予約しておこう。

スタイルシートがわからん

ページカスタマイズに苦しんでいるうちに、私ってスタイルシートの意味がちゃんとわかってないんじゃあ? という気分になったので、出かけたついでにスタイルシートの本を探してみました。

手にとってみたのはこちら。
HTML&スタイルシート レイアウトブック
外間 かおり
4881664581

眺めてみて、けっこう見やすいし、ブログ風デザインのつくり方もわかるかも……と思ったのだけど、お値段もけっこうしたので逡巡した末に棚に戻してきてしまった。
しばらく遠ざかっていたから忘れてたけど、専門書ってのは高価なのだった。
意を決して購入する前に、いろいろ探してみたほうがよさそうだ。

というわけで、目についたタイトルをブックマークにメモしておく。

更新情報

感想サイトを更新。 ガース・ニクス『ライラエル 氷の迷宮 古王国記II』。 前回までの更新↓

続きを読む »

『運命の姉妹 女魔術師ポルガラ1』

運命の姉妹?女魔術師ポルガラ〈1〉
デイヴィッド エディングス リー エディングス David Eddings
4150203997


読了。
ベルガラス番外編も途中なのに……と思ったけれど、図書館の書架で見つけたので借りてきた。
ファンタジーでおもしろいのはやっぱり成長過程ですね~。
ポルガラとベルダラン姉妹の力関係は、こんな語りじゃなくてもう少し突っ込んだ小説として読みたかった気が。

突撃! 隣の本棚バトン

穂高あきらさん@【Novelism】から「突撃! 隣の本棚バトン」を回していただきました。
な、なんかものすごいタイトルのバトンですね……。
おもわず腰砕けになりそう&うわーんこんなの答えられないよう、になって回答にえらく時間がかかってしまいましたが、なんとかいってみたいと思います。
さあ、突撃!

続きを読む »