「異世界幻想奇譚」

いま さん@【三界の扉】作「異世界幻想奇譚」読了。

異世界ファンタジー掌編。
伝承と伝承をつたえる詩人との関係を描いたお話。
おとぎ話のようで、禍々しくも力強い魔法の気配に満ちた作品でした。
好きですねえ、こういう話。

『空ノ鐘の響く惑星(ほし)で 9』

空ノ鐘の響く惑星(ほし)で 9
渡瀬 草一郎〔著〕
メディアワークス (2005.12)
通常24時間以内に発送します。

[Amazon][bk1]

読了。

今回はちょっとインターバル的な巻でした。
舞踏会をメインにキャラクターの萌え度を上げようというたくらみか。
それなりに楽しみましたが、もともとが節度あふれる描写にキャラクターなので、ちょっと無理しているような印象も受けてしまったのでありますが。
診療待ち時間に読むにはこれくらいのほうが気楽という気もする。というか、事実気楽。

あ、だから最近こういうセレクトになってるのか……。

それはともかく、シアがウルクちゃんのぬいぐるみになってるのには……。
ただひたすら苦笑するしかないのであった(非常に個人的な理由でですが)。

『トリニティ・ブラッド Reborn on the Mars III 夜の女皇』

トリニティ・ブラッド Reborn on the Mars〈3〉夜の女皇
吉田 直
4044184070

[Amazon][bk1]

読了。

帝国の単語にくっついてくる、トルコとアラブとスラヴ(だとおもうけどよくわからない)が混在するルビは読まないことにしました。作者の博識には感心しますが、混乱する。
上位設定がだいぶ明らかになってきて、へー、なるほどー、と思ったり。
で、やはりこれはSFなのねと思いました。

なかなか面白かったですけど、一番の目当てであるかれがまったく登場しなかったので私は少々、いやかなりがっかりしております。
つぎの巻に期待。

「ハヤカワ・オンライン」リニューアル

Leon's Armor Shop】で知ったのですが、早川書房の公式サイト【ハヤカワ・オンライン】が4月19日にリニューアルされてます。

いままで微妙にやる気があるのかないのかつたわってこないサイトだった気がするのですが、いきなり変身でちょっとびっくり。いちおう、やる気はあったのね。

で、気になるのはやはり五月から刊行の『七王国の玉座』文庫版でしょうか。
五分冊されても一冊千円以上だったりすると、ハードカバーを買った方がお安くなったりするのでは、置き場所にも苦労するのではとちょっと不安でしたが、735円くらいなら大丈夫かなー。
といっても、あれだけの分量、今の私に読み返す気力があるかどうかははなはだ疑問なんだけど。

『ルードの恩讐 グイン・サーガ99』

ルードの恩讐 グイン・サーガ〈99〉
栗本 薫
4150307814

[Amazon][bk1]

読了。
購入をすっぱりあきらめたらペースがあがるとはこれいかに。
最近けっこう激動の展開をしているかなとおもってますが、途中でグールの生態があきらかになったりするのでやはりあなどれないグイン・サーガです。

読み終えてちょうど弟と電話で話したので、「いま99巻読んだんだ。ルードの森でグインがイシュトヴァーンに会ったとこ」と教えたら、どうしてそんなところでその組み合わせなのかと訊ねられたので、グインがノスフェラスに飛ばされたいきさつとイシュトがルードの森に行くことになったいきさつをかいつまんで話したら、「ふううん」となんだか感心しておりました。いろいろあったようだなといわれたので考えてみたら、そのかいつまんだ分だけで十冊分くらいのストーリーが含まれていたような。
それだけのストーリーを、「この私が」他人に筋道たてて説明できるほどきちんと覚えているということにもちょっと感動いたしました。
あらゆる意味で感心するシリーズです。

ちなみに弟はリンダとナリスの結婚式で挫折したらしい。
いまおもうとあれはいろいろと仕込みの時期だったのだな。

ところでこれはまったくの余談ですが、反乱軍のリーダー、ハラスくんがででくるたびに犬を思い浮かべてしまう私です。
ハラスのいた日々
中野 孝次
4167523019

『百鬼夜行抄 14』

百鬼夜行抄 (14)
今 市子
4257905557

[Amazon][bk1]


読了。
ユーモアと哀しみのブレンドされた現代妖怪譚の第十四巻。
うーん、楽しかった!
飯島家の人たちは相変わらずですね。
律と司ちゃんの出番はどんどん減ってますが、そのぶんほかの存在感が増している。
とくにおじいちゃんとおばあちゃん……というとなんだかなので伶さんと八重子さんのお話はいま私の注目の的です。律では恋愛話はできそうもないからなー(笑。

ところで、ここからネタバレでちょっと疑問が。

続きを読む »

20060424の購入

昨夜の天気予報からすかっとした青空を期待していたのですが、本日も曇りです。

百鬼夜行抄 (14)
今 市子
4257905557

夏目友人帳 1 (1)
緑川 ゆき
4592171586

狼と香辛料
支倉 凍砂
4840233020


以上購入。

長い待ち時間に持参した本を一文字も読めないのに、帰路立ち寄った本屋で目についた本をつい買ってしまうのはやはり逃避なのでしょうか。
そして何故かそういうときに限って興味のある本が見つかるし。

食前の薬が

ほぼ二週間くらい前から、食前の薬というものを飲むようになりました。
これまで数十年間病人生活を続けてきましたが、食前というのは初めて。
食間とか、夕方一回とか、八時間ごととかはあったのですがね。

で、その食前の薬というのが漢方の顆粒剤なんですが、かなりまずくて。
飲んだ後に食事をするのが、げんなりとまではいかないけど、ちょっと食欲減退という代物です。

漢方薬を飲むのは初めてじゃないんですが、顆粒のも初めてじゃないですが、食前に飲む漢方顆粒はけっこう強烈かもしれません。

でも、以前に飲んだ漢方の煎じ薬よりはずいぶんましだと思い、真面目に三回飲んでいました(あれは一度に250ccくらい飲まなければならなかったから、かなりの苦行でした。部屋中ににおいがしみついたし)。

ところが、本日の昼食時、カレーを食べているときに家族に指摘されて、愕然。
いま、薬飲んだかって、やだ、まだ薬飲んでない!

ものすごい不覚をとったような気分で、カレーの途中で薬を飲みました。
ええ、じつは飲みやすい時に変えていいと言われていたんですよ。まずいから気持ち悪くなる人もいるらしく。でもまさか食中に飲むことになるとはね……ふふふ。

カレーと混ざった漢方薬は、形容しがたいお味でございました。
もう忘れないぞー(涙。

『ゼロヨンイチナナ』

ゼロヨンイチナナ
清水 マリコ
4840112215

[Amazon][bk1]


読了。
現在日本を舞台にした、嘘とうわさと都市伝説がちりばめられた、ちょっとふしぎな青春小説。

いちおう『ゼロヨンイチロク』のつづきですが、話は単独でも読めます。
主役の明智君が前向きなんで、雰囲気がかなり明るめ。
『ゼロヨンイチロク』は読んでいて辛くなるところがあったけど、今回は前向きパワーで押しきったかんじです。
東京某所がモデルの三つの謎探しがおもしろかった。
めずらしく、私も行ったことのあるとこだと思うんだけど……(といっても病院がらみだが;)。

正直、つづきがこんな話になるとは予想してなかったです。
もっと暗くなるのかと思ってた。
おもしろかったですけど。いい方に裏切られたと思う。


ところで。
最近ぜんぜん感想書く気が起きないのですが……。
一時期書きたくなくて本を読むのも嫌になっていた。
うううん、どうしよう。たまりすぎて怖い。

『妖怪・妖精譚 小泉八雲コレクション』

妖怪・妖精譚 小泉八雲コレクション
ラフカディオ・ハーン 池田 雅之
4480039929

[Amazon][bk1]


読了。
ハーンがアメリカ在住時から発表した再話文学をよりすぐったアンソロジー。
全53編もあるのでかなり時間がかかりましたが、とてもおもしろかったです。
アメリカ時代の話にけっこう新鮮味がありました。
だんだん作風がシンプルに、人間を描く方向に移っていっているせいかな。
若い頃の話のほうが華やかで、幻想を書くのを楽しんでいる雰囲気がある。
なかでは「カレワラ」から材をとった「最初の音楽家」がとても好きです。

日本時代の話にはなじみのあるものが多かったです。あたりまえだけど。
「耳無し芳一の話」は記憶よりもずっと淡々とした、哀しい話でした。
この文章に湿った冷たい風の匂いとか血のべとつきとかを生々とかんじとった子供の想像力はすごいなあ、と思ったことです。
初めての体験というのはそれだけ鮮烈なものなんだなー。

しかし、私が一番こわかったのは、身体に墨でお経を書くところなんだよね。
まじないが身体にしみて食い込んでいくような気がして、ものすごく気持ち悪かったことを昨日のことのように思い出せます。
しかし、今回は読み返してもそんな気分にはなりませんでした。
こんなに短い話だったんだと、ちょっと拍子抜けしました。
やっぱり歳をとると鈍感になるんですねー。

あっと驚く

ゆうべは疲れ切っていたのでナイター中継も見ず、寝る支度をしながらラジオのナイターハイライトを聞いていたのですが、そこで「北海道日本ハムファイターズの新庄選手がヒーローインタビューのお立ち台で引退宣言をした」、という情報が入ってきて、びっくり仰天。
眠気が一気に吹き飛んだよー。

nikkansports.com】>「日本ハム新庄、引退決意は開幕戦

いやー、いつものことながらやることが唐突、かつ、派手ですねー。
ずいぶん前に才能がないから引退すると言っていたときは翻意したわけですが、今回は決意が固そうな。

おかげで大敗のショックが忘れられました(苦笑。

『ヴェロニカの嵐 クラッシュ・ブレイズ』

クラッシュ・ブレイズ - ヴェロニカの嵐
茅田 砂胡
4125009082

[Amazon][bk1]

読了。

遠未来SFアクションシリーズ。
書架にあったので借りてきました。
とにかく読みやすくて後腐れなくて、そのへんが見かけると借りてしまう要因。
お話はいつもの超人対凡人のパターンなんで、それをどう受けとめるかはそのときの私の精神状態にもよっています。
個人的には凡人を視点人物にしたほうが、もっとハラハラドキドキの話になるんじゃないかと思ったりするのですが。

今回はダメチームのダメ試合を見ながら読んでいたので、いい息抜きになりました。
それにしても、勝てないよなあ……横浜ベイスターズ。
スコアだけ見てると善戦してるみたいだけど、見ていてもちっとも勝てそうな気がしない。
ため息。

『トリニティ・ブラッド Reborn on the Mars II 熱砂の天使』

トリニティ・ブラッド Reborn on the Mars〈2〉熱砂の天使
吉田 直
4044184054

[Amazon][bk1]

読了。
吸血鬼と人類の戦う遠未来アクションファンタジー。
R.O.M.シリーズの第二巻。

しばらくご無沙汰していたのですが、突然“ガンスリンガー”が読みたくなって借りてきました。
わーん、やっぱり楽しいですー。
この話し方、この態度。
トレス・イクスの登場シーンだけ抜粋で読めませんかね。
実際それに近いことをやりかけた私です(汗。

薬はなかなか安くならない

頻繁に医療機関にお世話になるので、医療費がやたらとかさみます。
少しでも安くしたいので、以前からお医者様にはことあるごとに薬に関していろいろとほのめかしてきましたが、ついに今回は遠回しでなく直球勝負をしてみることにしました。

「先生~いまもらってる薬、ジェネリック医薬品にできませんか~」
「ああー、そうですねえ~。考えてみましょーか」

続きを読む »

『蜃気楼の旅人 グイン・サーガ98』

蜃気楼の旅人 グイン・サーガ 98
栗本 薫
4150307733

[Amazon][bk1]

借りて読了。
すみません、とうとう買わずに読んでしまいました。
図書館に行ったら書架に並んでいたので、つい。
百巻までは何とかと思っていたのだけど、もう気力がないみたいです。

へろへろしたまま出かけた先で読んでいたのですが、そのへろへろ状態でも文章がきちんと理解できるのが凄い。
こういうことって、じつはえらいことなんじゃないかと思いますよ。
たしかにちょっとくどいかなと思うときもあるけども。

記憶喪失になってもグインはやはりグインでした。
しかも、最初に出会うのがこの人物かい!
感慨深かったのは、セムのあいだではスニが生死不明と受けとられていることでした。
そういえばそうだよなあ……。
ノスフェラスとは連絡をとる方法なんかないんだものねえ。

枕詞バトン

桜川 夏さんに「枕詞バトン」をまわしていただきました。

このバトン、やばいです。
答え始めたらなんだか熱くなっちゃうんです。
しかも、たくさんあるからなかなか埋まらないし、記憶が定かじゃないのでいちいち検索かけて確かめたりしてしまうし、そのうちに懐かしいものを発見して横道に逸れてしまったりして、
「あー、なにやってんだよ、私!」
てな状況に何度も陥ってしまうし。
そして最後に、並んだ回答を見なおして「うわー、やばー」と悲鳴をあげてしまうし。
ね、なんだかやばいでしょう。

そんなわけでやばい回答です。

続きを読む »

ようやく復旧

「xrea.com」がどうやら復旧した模様です。
うちのサイトも閲覧できるようになりました。

これまでの経緯

サーバー側の説明→「「xrea.com」を含むURLのアクセス障害について(06/04/11 7:00 AM)

繋がるようになったので、更新準備をしなくちゃね(汗。

『さまよえる魂のうた 小泉八雲コレクション』

さまよえる魂のうた 小泉八雲コレクション
小泉 八雲 池田 雅之
4480039937

[Amazon][bk1]

後半はちょっと疲れましたが、なんとか読了しました。
あまりにも有名なラフカディオ・ハーンですが、この本を読んで私はかれをまったく知ってはいなかったのだなあと思いしりました。
小学生の頃に読んだ「耳なし芳一」がトラウマになっていて、なんとなく近寄りたくない作家だったんですよね。
でも、いまになってみるとその近寄りたくなかった部分が、いまだに怖いことは怖いんですけど、とても魅力的にも思えるから不思議です。
ハーンってイェーツの同時代人で、ロマン主義と妖精譚の人だったのですね。
もしかして、吟遊詩人の魂を持った人だったのかもしれないと思ってしまいました。

ちょっと感動してしまったので、編訳者あとがきに対にして読んで欲しいと書いてある『妖怪・妖精譚』も読んでみようかと思います。

サイト閲覧不能

2006.4.8。現在、サイトを置いているサーバーに何らかのトラブルがあり、感想・創作サイトとも閲覧不能になっております。
レンタル元のサーバーにも繋がらないので状況が不明です。
理由がわかりましたら、またお知らせいたします。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承下さい。

ところで、このブログもなんとなく重いんですが関係はないですよね~?
「ブログサーバーの状況」をみると「良好」と表示されているけれど。

------------------------------
追記。午後二時八分現在。
ようやく一瞬だけサポート掲示板にたどりつきました。
「xrea.com」を含むURLすべてに障害が発生している模様です。
ドメイン、URLの名前解決が不安定になっているそうです。なにやら法的な問題が発生しているらしい。

その後また繋がらなくなってしまったので、まだ解決していないのでしょう。
ようやく原因がわかったのでちょっとだけ安心しました。
いつまでつづくのかなあ……。

--------------------------------------
さらに追記。九日午前九時半現在。
いまだに閲覧不能です。
XreaのドメインサービスVALUE DOMEINに告知が出てました。

「xrea.com」を含むURLのアクセス障害について

十日夜までってことは、あと二日この状態なのかしら……。

「ウォレスとグルミット」

ウォレスとグルミット ウォレスとグルミット、危機一髪!
ニック・パーク
B0002CHNZ6


このあいだ「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」がアカデミー賞を取ったからでしょうか、先日BSで放送していたのを録画して、ようやく見ました。

うーん、たのしーーーー。
これだけじゃなくてたくさんの短編と「チーズホリデー」と「ペンギンに気をつけろ」もやったのですが、どれもすみずみまで配慮の行きとどいた映像プラスわくわくするようなアイデア満載の面白さです。
ずうっと前にやってたプリンのCMもまた見たくなっちゃいました。

ウォレスとグルミット・オフィシャルサイト

クレイアニメってほんとに根気がいるんだろうけど、雰囲気があたたかでいいなあと思う。
日本のでは『ニャッキ!』とかも好きです。
NHKプチプチアニメ ニャッキ! くちぶえ物語篇

B0000AVTSI

やっぱり、口笛編ですかね~。

『キーリ 7 幽谷の風は吠きながら』

キーリ〈7〉幽谷の風は吠きながら
壁井 ユカコ
4840231257

[Amazon][bk1]

読了。
ノスタルジックな雰囲気の遠未来ゴーストSF?
叙情的なのに硬質な手触りのあるお話。
あいかわらず淡々とした情景描写がじわじわとしみてきました。
本を手にとるのにすこし覚悟がいるのは、この話がかるく読み流せるものではないと知っているから。
でも読みはじめるとどんどん切ない気持ちになっていって、この旅がいつまでもつづけばいいのにと思ってしまうのでした。

この次のエピソードが最終話なんだそうですが、どうやら最終巻は明日発売らしい。
えーと、私まだ八巻も読んでないんですが(汗。

というわけで続刊をメモメモ。

キーリ〈8〉死者たちは荒野に永眠る〈上〉
壁井 ユカコ
4840233071

キーリ (9)
壁井 ユカコ
4840233896


やばい、またためた。

「掌の宇宙」

Azurite(藍銅鉱)さん@【Mystic Valley】作「掌の宇宙」読了。
世界各地の歴史・民話を題材にした短編集。全十二編。

北米・日本・デンマーク・チベット・インド・シベリアのものが扱われていて、北半球編という記述があるので、南半球編の構想もあるのかもしれない……と勝手に期待。

読んでいてデイナ・スタベノウのアリュートのミステリとか、トニイ・ヒラーマンのナヴァホ警察シリーズとか、オースン・スコット・カードの「アルヴィン・メイカー」とかのことを思い出しました。
雰囲気的にはちょっと違うんですが、なつかしい世界に再会したような心地。
あのころ、私のミステリの読み方はきっぱり異世界ものに対するそれでしたね。「アルヴィン・メイカー」はミステリではなくファンタジーですが。というか、私はミステリじゃなくて異文化ものを読みたかったのかも、といまにして思う。だから国産より翻訳メインだったのかも。

そういえば、「アルヴィン・メイカー」のつづきは出ないんですかねー。キングのダークタワーみたいにどこかの出版社がひきとってくれないでしょうか。キングみたいに超有名じゃないから無理かー。

延長引き分け五時間試合

昨晩、横浜ベイスターズは地元での開幕戦、中日ドラゴンズとの一回戦をおこないました……が、

のっけから、なんなんすか、この試合……(汗。

続きを読む »

『伯爵と妖精 涙の秘密をおしえて』

伯爵と妖精 涙の秘密をおしえて
谷 瑞恵
4086007479

[Amazon][bk1]

選抜高校野球の決勝戦を見ながらさくさくと読了。
なぜか「涙の理由をおしえて」だと思いこんでいた。
妖精物語の枠を上手くつかいながら臆病な女の子と女たらしのハンサムの恋を描く、ロマンス小説のシリーズ。

妖精ものといっても、暗かったり怖かったり訳わかんなかったりすることはまったくなし。
むしろ妖精ものに一定のイメージを持ち、それを好んでいる人にはちょっと違和感をおぼえるところがあるかもしれない。
でもまあ、そういう要素を欲しがるのは読み手の中ではたぶん少数派なので。
このシリーズに限らず、少女小説は恋の行方を固唾を呑んで見守るのがただしい読み方なのだと思います。

リディアと伯爵、ふたりの関係はちょっとずつ進展していますね。
今回もおもしろかったです。
やっぱり私はレイヴンとニコが好きー。

さまよえる最近の読書

あと少しで追いつくぞ、というところまでやってくるとなぜかペースが鈍り、やる気が減退してゆくのはなぜなのでしょう。

続きを読む »

テンプレート変更

四月になったので、というわけでもないのですがブログのテンプレートを変えてみました。
FC2の共有テンプレートからダウンロードさせてもらって、タイトルの写真は差し替えるようになっていたので、週末はずっとタイトル用素材探しに費やしていた(汗。
ブログが普及したせいか、「ブログ用」の素材がかなりあるようです。しばらく素材探しをしていなかったので、いつのまにか世の中が変化していたような気分になりましたよ。

今回タイトルバックに使用させていただいたのは、【空からのLove Letter】さんのブログタイトル用写真素材。
テンプレの足跡にあわせて猫の素材にしました。足跡は犬なんですけどね(笑。

ところで、素材探しをしているはずがいつのまにかブログツール巡りになっていて、あちこち回りすぎてなんだか頭がぼんやりとしてしまいました。

ブログツールはおもしろいんですが、一番興味のあったリンクツールが、【 Bloglines】のだと文字化けし、【BlogPeople】のだとノートン先生にシャットアウトされて自分の環境だと見られないので、しかたなく断念。

こうやっていろいろと見つけても、結局は何の役にもたたせずになんとなく終わってしまうのが私なのですな……。

『彩雲国物語 藍より出でて青』

彩雲国物語 藍より出でて青
雪乃 紗衣
4044499101

[Amazon][bk1]

帰宅後そのまま読了。
高校野球を見ながらという邪道な読書でしたが、そのうち野球そっちのけになってしまいました。

今回の短編集は藍龍蓮くんが大活躍。いままでかなり謎な存在だったけど、これで少し人となりがわかってきました。そうか、変人で天才なんだ……。

でもでも、やっぱり黎深さんが一番変人で超ラヴリーだと私は思う!
本読みながら本気でつっぷしたのって、初めてかもしれないです。
おかげで本の角でほっぺたに傷をつけてしまいましたよ。
思わず痛かったですが、すんごく楽しかったです。

テレビアニメーションはNHK BS-2で4月8日から放送開始だそうです。
NHKアニメーション 彩雲国物語


(おかげでちょっと浮上したのに、開幕戦のおかげでがっくり疲れて就寝です……)

20060331の購入

なんだか気分がくさくさするので、ちょっとだけ出かけてきました。
以下を購入。

彩雲国物語 藍より出でて青
雪乃 紗衣
4044499101

伯爵と妖精?涙の秘密をおしえて
谷 瑞恵
4086007479


忘れてたけど、うちの近所には「地元の」花見場があるのだった。
花見の名所とメディアで紹介されたりはしないんだけど、それなりに桜がたくさん植わっているので、この時期だけものすごい混雑でして。
おかげで行きも帰りもバスがちょー混み合って大変だった(汗。