スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンテナ工事

ひとつきほど前から、集合住宅でテレビ放送デジタル化に対応するためのアンテナ工事をしております。

その工事が始まってから我が家ではずっとUHFチャンネルにノイズが入るという現象がつづいておりまして、私はノイズだらけの○ルヒを泣く泣く見ていたりしたのです。
先週の初め、ようやく我が家に工事の順番がやってきて、ああよかった、これでようやくベ○スターズもちゃんと見られるのよー(ハ○ヒは終わっちゃったけど;)と喜んだのもつかの間、今度はBSにノイズが入るようになった。

アナログは醜い白い横線が入りまくりだが、何よりひどいのはデジタルで、まるでフォトショップで効果かけたみたいな四角いノイズだらけ。何が映っているのかさっぱりわからない。(ブロックノイズというらしい)。

しかも、工事直後はちゃんと受信できていたので、この現象に気づいたのは大幅に遅れ、昨日、たまたまBShiで野球を見ようと思ってつけてみたところ、件の画像に驚愕。
そこではたと土曜の朝録画したアニメを見てみたが……なんだあこりゃ(涙。

冷静になってチャンネルを変えてみたらおなじBSデジタルでもブロックになるのはNH○だけだということがわかったが……だからって素人には処置の仕様もないわけで。

工事した電器屋に電話しましたら、二、三日中に見に来るとのことですが。
いったいいつになったら番組録画のできる環境になるのだー(涙。
スポンサーサイト

谷山浩子ニューアルバム

谷山浩子のニューアルバムが9月13日にリリースされるらしいです。

B000GPII0Sテルーと猫とベートーベン
谷山浩子
ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2006-09-13

by G-Tools


某映画に提供した楽曲が中心だそうです。
某映画を見るかどうかは微妙ですが、こちらは絶対手に入れようと思います。
それまでがんばって暑さに耐えなければ(大げさ。

『翔佯の花嫁 片月放浪』

翔佯の花嫁 片月放浪
森崎 朝香 由羅 カイリ
4062558181

[Amazon][bk1]

読了。
中華風乙女向けドラマチックロマンス。
図書館の棚にあったのをなんとなく借りてきたもの。
政略結婚ものです。
どこかで見たような筋立てをこそばゆく感じつつ読みましたが、この歳ではさすがにこういう話には浸れないのかなと遠い目をする読後感でありました。
文章は読みやすかったですが、もっとどろどろした部分を書き込めば読み応えがあったかも。
そうすると乙女向けではなくなるか(汗。

20060728の購入

流血女神伝喪の女王 4 (4)
須賀 しのぶ
4086008033


購入しました。
とうとう四巻まできてしまったので、そろそろ積ん読を読んでみようかな。
最後にはおもいっきり「つづく」と記してありましたが……著者ブログによると話に区切りはつくらしいので。

須賀しのぶ公式サイト【no.99

とかなんとか言いながら、やっぱり図書館本が先になりそう(汗。


暑さについて行けず、だらだらとしてしまいます。
だらだらついでに高校野球テレビ観戦のはしごをしてしまいました。
千葉大会決勝とか東京(西か東かは不明;)大会準決勝とか。
今年の神奈川大会は大差のつく試合が多いなあ……。
そして夕方からは相変わらずプロ野球で、気がつくと野球ばかり見ている(聞いている)ようだ。

『空ノ鐘の響く惑星(ほし)で 10』

空ノ鐘の響く惑星(ほし)で 10
渡瀬 草一郎〔著〕
メディアワークス (2006.3)
通常2-3日以内に発送します。

[Amazon][bk-1]

読了。

異世界SFファンタジー。シリーズの第十巻。
終わりへむかっての布石を打っているのかな、な雰囲気ですね。
戦時と比べるとわくわく感がすこうしダウンしております。
ヒーローとヒロインふたりともがお行儀よすぎるのが難点かしらとも思う。
というわけで、私はイリスちゃんのツンデレぶりのほうが楽しかったです。
あと、パンプキン!(笑。

図書館の蔵書とAmazonを同時チェック

ITmedia News】>「図書館で借りる前にAmazonレビューで内容チェック」経由。

全国の図書館の蔵書検索とAmazonのレビューを同時に検索できるシステムが公開されたそうです。
Knezon

早速やってみようとしたのですが、神奈川県未対応……。
現在対応しているのは19都道府県443市町村だそうです。

でも考えてみたら、わたしゃAmazonのレビューをエレクトロニクスでしか見ないひとなので、あんまり関係ないかもしれないです。

『伯爵と妖精 駆け落ちは月夜を待って』

伯爵と妖精 駆け落ちは月夜を待って
谷 瑞恵
4086007886

[Amazon][bk1]

読了。
キザな伯爵に振りまわされる妖精博士の女の子のシリーズ。
今回は短編集です。
本編とそう変わらない雰囲気の話が並んでいるので、いつもとおなじように楽しめました。
あいかわらず手際がよいなあ……。しかもベタ甘だなあ……身もだえしそう(苦笑。
さらにいつものとおり、レイヴンに萌え、です(笑。

なんだかすっかり読む方に加速がついてしまったのですが、書く方の速度はいっこうに上がりません。
もちろん読んでる時間は書けないしな……。
ふと我に返って読了本の山に青くなる。
だれか私の出力装置の能力を上げてくれないだろうか(汗。

『ネペンテス』

ネペンテス
清水 マリコ toi8
4840111588

[Amazon][bk1]

読了。
動揺しないために他人と距離を置く少年が出会う変わった人たちとの変わった出来事。ブラックで不安で奇妙な連作短編集。
ちなみに「ネペンテス」とは収録短編のタイトルで、ウツボカズラのことだそう。

全体的に薄暗いようなけだるい日常に訪れるちいさな崩壊というかんじのお話集。
ひとつひとつ後味がそこはかとなく悪いのですが、なぜかひきこまれて読み続けてしまいます。怖いもの見たさという奴でしょうか。

読んでいて非常に不安な気分になりましたが、最後までたどりついたとき、「ああ、私はこの話が好きだな」と思いました。
心の闇が少し晴れて、目の前にうっすらと道が見えてきたような読後感でした。

全部薄気味の悪い話だったけど、なかでも「減色症」は、ぎゃーっやめてっっと心の中で叫び声をあげるほど怖かったです私には。
この感触は夢枕獏の『歓喜月の孔雀舞(パヴァーヌ)』以来。
たぶん、他の人はこんなに気持ち悪がらないとは思うけど……。
しかしこういう話って魂に刻みこまれてしまうようで、いつまでも覚えてますね。
気持ち悪かったとか怖かったとかいうのは、忘れてしまいたいと思うのですが(汗。
歓喜月の孔雀舞(パヴアーヌ)
夢枕 獏
4198921296

『ハウルの動く城』

ハウルの動く城
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 宮崎駿 倍賞千恵子
B000ARV0FW


地上波で放送していたのを録画して見ました。
やっぱりカラフルな映画だよなあ、と思いました。
見ているだけでなんとなくわくわくするような、色が踊っているような画面。
ハウルはかっこいいし、カルシファーはかわいい。
神木君はすごくかわいくて上手。
そしてヒロインはやっぱり……見なかったことにしたいかも。

続きを読む »

『戦う司書と黒蟻の迷宮』

戦う司書と黒蟻の迷宮
山形 石雄
4086302942

[Amazon][bk1]

読了。
面白かったです。
「戦う司書」シリーズの第三弾は神立バントーラ図書館の地下迷宮のお話。
地下迷宮と図書館というと、ガース・ニクスの『ライラエル』にも似た図書館がありましたね。

ライラエル 氷の迷宮
ガース・ニクス
4072336106


図書館と地下迷宮というのは、イメージが似ているのかもしれない。
しかし話は迷宮のディテールよりも精神的なミステリ色のほうが濃かったです。

余談。
図書館で予約するとすぐに用意されるラノベの新鮮なシリーズは珍しいのですが、このシリーズは全館でもまだ三冊くらいしか蔵書がないのに高速回転してるらしい。予想より早く最新刊に追いつきました。まだブレイク前と言うことなのかも。

一度に予約しておける数が制限されるようになったので、本を予約するのにも頭を使う必要がでてきました。たとえば、次回までに確実に用意されそうな本を必ず一冊予約しておくとか。長く待たされそうなものは二冊くらいに止めておくとか。
ようするに無駄足踏まされるのが嫌なのですが。

さらに余談。
感想文更新強化週間は息切れのため終了致します。
返却日が近づくとまとめて読み始めるから、それまでに追いつかないとダメだったのですが。
あー、また山ほど溜まってしまった(涙。

『キーリ 8 死者たちは荒野に永眠る 上』

キーリ〈8〉死者たちは荒野に永眠る〈上〉
壁井 ユカコ
4840233071

[Amazon][bk1]

読了。
ノスタルジックな遠未来ファンタジーホラー風味……がだいぶ緊迫感ある展開になって参りましたね。
あと一冊で終わりだそうです。ああ、つづきが気になる。
世間ではすでに刊行済みなわけですが。

キーリ〈9〉死者たちは荒野に永眠る〈下〉
壁井 ユカコ
4840233896


余談。
最近のことですが、読む本読む本、頸の骨を折って、もしくは頸の骨を折られて死ぬ、というシーンにかならず出会ってしまうようのはなぜなのだろう。
頸椎を患っていると無意識にそういう本を選択してしまうのか。まさか。
最初は「うへえ、勘弁してよ」と思っていたのですが、最近はあまりにも頻繁なのでまるで未来を予言されているような気分になってきたのでしたよ。
フキツ……。

さらに余談。
Amazonの商品データの著者名リンクをクリックすると文字化け検索をしてしまう状況は、いまだに改善されていない模様です。

『極北からの声 フルメタル・パニック! サイドアームズ2』

極北からの声 サイドアームズ 2
賀東 招二
4829118423

[Amazon][bk1]

購入したときに「ナツイチ」というおみくじブックマークをひいて出たのが「中吉」。
「喜怒哀楽が激しい日。
散歩をすれば、心が落ち着くはず。
イラストが多い本を読むと
さらに効果あり。」
とあったのでさっそく読了。

オヤジ大活躍の短編集でした(笑。
宗介とカリーニンの過去がわかる表題作、テッサとマデューカスさんの過去話、そしていつものバカ話が一作。
コメディー風味は少ないですが、これまでになくフルメタの背景が理解できる一冊でした。
ちっちゃい宗介がかわいい~。うちの甥っ子とおなじくらいだよ~。

余談。
マデューカスさんの話を読んでいると、潜水艦!てことでどうしてもこれ↓を思い出しますね。
レッド・オクトーバーを追え (上)
トム・クランシー
4167275511

レッド・オクトーバーを追え (下)
トム・クランシー
416727552X

あんなに売れてたのに、もう絶版かあ……。
ショーン・コネリーはかっこよかったが、映画より原作のほうが心理戦である潜水艦戦のようすがよくわかって断然面白い。
トム・クランシーはその後二作くらい読んだけど、読んだ中ではこれが一番面白かったと私は思う。

あと、マデューカスさんが揶揄されていたホーンブロワーシリーズも、じつは読んだことあり。
海軍士官候補生
セシル・スコット・フォレスター 高橋 泰邦
4150400369

こちらの本はまだ現役みたいです。
海洋ものには根強い人気があるのですね。

あと戦争冒険小説といえばこれ↓。
鷲は舞い降りた
ジャック ヒギンズ Jack Higgins 菊池 光
4150408343

完全版は読んだことないんですが、今は完全版しかない模様。
完全になる前の話は、とてもよかったです。
ヒギンズの本もこのあと二、三作読んだけど、やっぱりこれが一番面白かったと思います。

20060720の購入

覚えてましたよ!
てことで二冊ゲット。

極北からの声 サイドアームズ 2
賀東 招二
4829118423

管仲〈上〉
宮城谷 昌光
4167259176


まだ新刊が陳列されていなかったためか、目当てが見つけられずにひきかえしていった青少年を目撃。
店員さんが整理中の本の山から新刊をひき抜いて買ってゆく私からは、すでに繊細さが失われて久しい模様です。

『修道士カドフェルの出現 修道士カドフェル21』

修道士カドフェルの出現 修道士カドフェル・シリーズ〈21〉 光文社文庫
E・ピーターズ 岡本 浜江 岡 遥子
4334761690

[Amazon][bk1]

読了。
中世イングランドの修道士を主人公にしたミステリシリーズ。
最終巻だけ買い逃していたシリーズをようやくコンプリートしました。
三編収録の短編集。
カドフェルが修道士になるきっかけとなる話も入ってます。
なつかしいのと同時にやっぱり面白い!
ミステリとしても面白いんだけど、中世の生活がほんとによくつたわってくるんですよね。
中世イングランドの雰囲気を知りたかったら是非読むべきシリーズと思います。
以前NHKで放送されていたドラマシリーズもまた見てみたいものです。
あ、DVD化されているかしら?

Amazonで「修道士カドフェル」を検索

あ、出るんだ

二十日発売、ということでメモ。
極北からの声?サイドアームズ 2
賀東 招二
4829118423

あと、28日に「流血女神伝」か。
最近買い逃すと苦労するとわかっているので、覚えておこうとメモしているわけですが……でもよく忘れるんですよ、これが;

『銃姫 6』

銃姫(6)
高殿 円 エナミ カツミ
4840114854

[Amazon][bk1]

読了。
ああ、読んじゃった……と悔しがっているのは私の都合なのですが。
(まだ追いつかないですよ感想が;)
この方の文章には書き手の意識がかなり濃厚に出ている気がして、それをときどき遠ざけたいと感じることもあるのですが、今回も読み始めたら止まらない面白さでした。

しかしキャラクターが多いなあ……。
ワタクシ、暁帝国とスラファトの区別が一瞬つけられなかったことを、ここに懺悔しておきます。
暁帝国の方たちが漫才を始めたときにはさすがにわかったけどね(汗。

つづきもすでに出ている模様。

銃姫〈7〉No more Rain
高殿 円
4840115567

スパムでうっかり

ブログを移行してもう半年。
以前のブログはぜんぜん見ないままで放置してきたのですが、サーバーの残量がまた不安になってきたのでいらない記事を削除してしまおうと、ひさしぶりにログインしてみました。

そしたら、ある記事に対してコメントスパムが大量に送りつけられてきているのを発見。
認証しないと表示されない仕様になっていたので表には出てませんでしたが、200通以上スパムが並んでいたのです。

うわー、これがあのスパムというものかと感心しながらも、たしかにこれが毎日届いたらうっとうしいわと、コメント管理画面で一律に全選択をし、全削除の作業をしていたところ、
あれっ?
スパムじゃないコメントまで削除しちゃった?

すすすす、すみません(大汗。
せっかくつけて頂いたものをついうっかりとやらかしてしまいました。
コメントくださったみなさま、ごめんなさいです。
もう使っていないブログとはいえ、ひとさまの発言を勝手に削除なんて……。
あーもう、自分が嫌になるう(涙。

削除してしまったものは元には戻らないので、当該記事のコメント機能は停止にしておきました。
もうスパムくらいしか来ないだろうし……。

記事とスパムを削除したら、サーバー容量にかなりゆとりが生まれました。
考えてみれば、こんなに更新していないサイトで毎日そんなにファイルが増えるはずがないのです。
あのファイル数増加はすべてスパムだったのね……。

本を売る

新古書店の出張買い取りサービスに頼んで、大量に本を引き取ってもらいました。
全部で段ボールに何箱になったのかな。
出張買い取りは100冊以上と言われたときには、それは絶対上まわっていると思ったけど、「5~600冊くらいありますかね?」と問われたときにはそんなにあるかなあと不安でした。
しかし、けっきょく850冊以上ひきとってもらった模様です。
自分的にはかなり思い切ったつもり。
それでもまだ部屋には山と本が残っているのですがね(汗。

それはそうと、新古書店てほんとうに本の状態だけで買いあげるのですね。噂には聞いていたけど、客としても行ったことがないのではじめて実感しましたよ。
事前にネットで調べたらISBNがついてないのはダメとか書いてあるとこもあったので、ひきとってもらえないものがずいぶんあるのではと思っていたのですが、かなり古いものも持っていってくれたような。状態がよかったのかな。

その反対に、せっかくシリーズで揃えてあっても小口が焼けてる本はひき抜かれて置いていかれました。けっこう新しい本もあったのに置いてあったとこがまずかったらしい。カバーは新品同様なんだけどなあ……。

というわけでこの一週間、出張を依頼してから事前準備をするのにへとへとになりました。
部屋のありとあらゆるくぼみに収まっていた本を引き出すのと、本の選別をするのと、書店カバーを引き剥がすのに。
これだけでもけっこうな仕事量でしたが、なんでこんなに毎日暑いのさ。
オホーツク海の高気圧は今年は全然ダメなんだな! と文句はいっこうに梅雨前線を押し下げてくれない気圧配置にまずむかっていた模様。

大変だったのは派遣されてきたお兄さんたちもでしたが。
外は35度もあったのに、クーラーもついてない部屋で重労働させてごめんなさい。

『7番目の少年』

7番目の少年
7番目の少年
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.12
中山 星香著
双葉社 (2001.12)
通常1-3週間以内に発送します。

[Amazon][bk1]

発掘、読了。
真夏の暑さの中、だらだらと汗を流しながら本の整理をしていてようやく発見。
(ついでにこれも行方不明だったマンガの22巻も発見)。
7代目アーサー・ロビンの魔法学校(違)での日々を描く学園もの短編集。
修業時代だけどこれがアーサー・ロビンものの最新版みたいです。
前日譚はプリンセスコミックス『空の迷宮』に収録されてます(短編も含めて)が、文庫版にも入っているかは持ってないので知りません。

空の迷宮 (1)
中山 星香
4253175538

空の迷宮 (2)
中山 星香
4253175546

『図書館の神様』

図書館の神様
瀬尾 まいこ
4838714467

[Amazon][bk1]

読了。
あっさりと読めました。
SFでもファンタジーでも少女小説でもありません。
しいていうならば疲れた若い女性向け?
出版社はマガジンハウスだしね。
わりと深刻な状況がさらりほのぼのとした雰囲気で描かれてます。
読後感は爽やかでした。

とある本の予約数がいっこうに減らないのをたしかめたのち、
「そういやこんな本もあったな」と思い出して借りてきたものです。
たしか『本の雑誌』のレビューで心にメモしたような気がする。
文芸部の孤高の部長(といっても部員はひとりだけだが)垣内君がかっこよい。
それと、ヒロインの名前(フルネーム)にウケてしまった。ここがウケるところなのかどうかは不明(汗。

iTMSでお買い物

先日、iTunes Music Cardをようやくゲットしてきたので、iTunes Music Storeでお買い物をしました。
Apple iTunes Music プリペイドカード 2,500円 [MA163J/A]
Apple iTunes Music プリペイドカード 2,500円 [MA163J/A]


iTMSにロリーナ・マッケニットが入ってる! と気づいたときからずっと欲しかった一枚(?といってよいのか)。
季節感は無視。
ほかにも未入手のものがあったら手に入れようと思ったのだけど、どうやら購入できるアルバムはこれで制覇した模様です。
十何年かかけてだけど……(汗。
To Drive the Cold Winter Away
Loreena Mckennitt
B000000LXD


購入後、さっそくCDプレイヤー用にオーディオCDを一枚焼いておく。

iTMSで購入した音楽データをオーディオCDに焼く回数には制限(七回くらい?)がありますが、データとしてコピーをとる分には制限はないです。再生できるパソコンが一台だけなので(たしか)。
ハードディスクがイカレたときのために、バックアップもとっておこう。

『侠骨記』

侠骨記
宮城谷 昌光
4061856006

[Amazon][bk1]

診察待ちで読了。
中国の春秋時代を背景にした短編集。
簡素な言葉で深ーいなにかを感じる文章。
以前に読んだ話よりも歴史物っぽいたたずまいが濃厚でした。
中国史に明るくない……というより暗すぎる私には固有名詞がときおり暗号のように思えてしまい、そこのところかなりうらめしい本でしたが。
知識があればもっと楽しめるのだろうに……とほほ。

それで、なかでこの記号は最近見た覚えが……と思ったら、本屋で平積み状態のこれを発見。
管仲〈上〉
宮城谷 昌光
4167259176

管仲〈下〉
宮城谷 昌光
4167259184


四編目「買われた宰相」のなかで敵役(?)として出てくるおかたのお話のようです。
ちょっと読んでみたいかも。

「天女のはごろも」

汐崎雪野さん作「天女のはごろも」読了。
異世界召喚ファンタジー、完結済み。中編。
平安王朝風の世界にとばされた女子高生のお話。
さらさらと流れる小川の川面に煌めく陽光のような言葉が印象的な物語。
雰囲気が典雅ですv。

掲載サイト【viscaria】>「完結済みの物語」

『月的現象』

ネットでダンセイニをたどっていたら、歌人の佐藤弓生さんのサイトを発見したので、メモ。

アナベル・フィエステ
高原英理=秋里光彦(作家)と佐藤弓生(歌人)のページ

冒頭が『ポーの一族』についての文章だったり、中に松村みね子や井辻朱美について書かれた文章があったりしてドキドキした。

普段は短歌も詩も読まない私ですが、じつはこのかたの詩集『月的現象』は持っていたりする。
新集 月的現象
佐藤 弓生
4806005673

[Amazon][bk1]

『戦う司書と雷の愚者』

戦う司書と雷の愚者
山形 石雄 前嶋 重機
4086302764

[Amazon][bk1]

読了。
死んだひとが『本』になる世界で武装司書の活躍を描くシリーズ第二弾。

移動しながら読んでも興味が途切れない。
面白くて読みやすかったです。

ただ、表紙をひらいて最初に飛び込んでくる、カラー口絵のハミュッツさんにはドン引き……。
なにかものすごくいかがわしい本を手に持ってるみたいな気持ちになりました(汗。

20060703の購入

ゴールドベルグ変奏曲 HJ文庫
五代 ゆう 鈴木 理華
4894254336

Mac Fan (マックファン) 2006年 08月号 [雑誌]
B000G740MG


雑誌を買うのはかなり久々です。
インテルマックのおべんきょをしようかと思い立ち……。

『片翼で飛ぶ鳥 神話の子供たち』

片翼で飛ぶ鳥 ‐神話の子供たち‐
榎田 尤利 北畠 あけ乃
4062557762

[Amazon][bk1]

読了。
崩壊後の地球を舞台にした未来SF。
シリーズ……三冊目?
「神話の子供たち」としては二冊目です。

またしても一気読みしてしまいました。
なんというのか、私にとってこの方の文章は読むのがすごく楽なんだろうな、と思います。
やさしい、子供向け、という意味ではなくて、私のリズムを乱さない、どころかすんなりと話の中に溶けこんでしまえる文章。

舞台はシティをとびだして、ヒロインはネイティブ・アメリカンのラコタ族の人々と出会います。
サウス・ダコタという地名が出てきたから、北アメリカなんだろうな。
川はミシシッピ?
ということはシティ2はどのあたりにあったんだろう……。

といろいろ考えてしまうほど、面白いです。
つづきも読みます。

『飛鳥』

Azurite(藍銅鉱)さん@【Mystic Valley】作『飛鳥』読了。
ひさしぶりにどっぷりとはまりこんで読んだ、大長編ファンタジーでした。


以下は【オンライン小説キャラクタまつり】(2006.6.20~30開催)に私が投稿した文章と、イラストです(汗。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。