『喪の女王 6 流血女神伝』

流血女神伝喪の女王 6 (6)
須賀 しのぶ
4086010127

[Amazon][bk1]

ゲット、即読了です。
こんなことするの、もの凄く久しぶりだー。それだけ続きが読みたかったと言うことです。
で、読めて幸せでしたが、やっぱり! つづきはどうなるー!!!てところで終わってるのでまたしばらくもだえて過ごしてしまいそう。

まだ余韻さめやらないので細部はこれから読み返して確かめますが、あいかわらず怒濤の急速展開で、休む間もあらばこそ、これでもかこれでもかと嵐のような剛速球が襲ってくる感じです。必死にファウルで逃れ続けてけたども、やっぱり最後には三振ゲームセット? いや、延長十六回、引き分け再試合かな……。

これだけあちこちで盛りあがってるのにあと二冊で完結なんてほんとうなんだろうか、と心底疑問に思います。こんなスピードで最後まで行くのかと思うと、振りまわされる喜びに期待するとともに「ああ、もったいないなー」とも思ってしまいますねえ。贅沢すぎるというか。そぎ落とされたディテールがすんごくおもしろそうなんで、読みたかったなあと思ってしまうのですよね。

というわけで、物語はすっかりクライマックスへと向かっておりますが、今回はカリエちゃんのところだけ静かだった気がします。
グラーシカとドーンがメイン、かな。それとエドの一生分のおしゃべりにはひっくりかえりました。すっかり子煩悩なパパ……そんなエドも好きですけど。
サルベーンは、うーん、サルベーンは……言葉が見つかりませぬ。

7月末の七巻、秋に出るという最終巻を首を長ーくしてお待ちしています。

『Dark Seed 2』

Dark Seed 2 (2)
紺野 キタ
434480984X


むう、アマゾンは書影がないし、bk1はデータが出てこない……。

異世界学園ファンタジー。世界設定と人物関係がかなり複雑で謎が多めなのがちとわかりにくいとこもありますが、ヒロインのセレストがいいこちゃんじゃないとこが共感しやすい。寄宿舎幻想物の名作『ひみつの階段』の異世界魔法使いバージョンなのかと思っておりましたが、もすこし世界的にひろがりのあるおはなしになりそうで、つづきが楽しみです。

……私もアレックス・バトラーの「オーディンの騎士」を見てみたい(笑。

乙女は祈る ひみつのドミトリー
紺野 キタ
4591066231

「逃げた供物」

いま さん作「逃げた供物」読了。
異世界ファンタジー短篇。連作「幻影の国の吟遊詩人」の一作。
戦巫覡の設定もさることながらその設定を描き出す文章がすてき。たしかに異世界の異種のものがたりであるなとたいへん納得のできる作品でした。

歯医者

何故かわからないけど毎日夕方になるとじんわり奥歯がうずくようになって、これはまずいと思い歯医者に行きました。
歯医者に行くのはほとんど一年ぶり。前回は詰め物がとれた後に行ったのだ。そして歯周病の治療に一ヶ月かかった。あれから歯磨きには気をつけていたつもりだったけど、途中、入院したり手術したりしてサボっていた時があったから、もしかして悪化したのかもしれない。

とおそるおそるだったのですが、結果は歯茎の腫れは無し。虫歯も無し。
「え、でも痛いんですけど」
「原因はよくわかりません」

どこをつつかれてもあんまり痛くないと答えたのが災いしたみたい。もっと痛みがあるところをはっきりさせてきて下さい、と宣告されました。歯の周辺ってだけじゃだめらしい。歯が欠けたり削れたりしている部分から神経が出ているのかもしれないとか、生えているけどまだ出てきていない親知らず(! 私はいったい何歳だ!)のせいかもしれないとか推測してくれましたが、とにかくはっきりと場所を特定できないのが致命的。

夕方から痛むというのにも怪訝な顔をされました。
それはたぶん、一日二回飲んでいる痛み止めのせいだろうということになりましたが。
薬が切れると痛くなり、夕食後薬を飲むと消えるというわけ。
痛む箇所が不明なのもきっと薬のせいですね。でも飲まないわけにはいかないしなあ……。

というわけで、経過観察ということになり次回を待て状態。
しようがないので歯を磨くたびに奥歯をつついてみることにいたします。

貯金がみっつ

連続サヨナラ勝ちで調子がいいのかと思っていたら、

綱渡りだったんじゃねーか

(二ノ宮知子『のだめカンタービレ』より千秋真一)



あいかわらずへたくそで無駄の多い野球をしてますね、横浜ベイスターズ……(汗。
みるからに寒そうな仙台でのG戦。絶大な信頼感はないけどいちおう抑えのクルーンを欠いて、シーズン序盤なのにすでに8月も末かというような必死の継投、必死の交代。こんな展開を毎日見ていたらとても身が持たないという試合でした。毎日している選手達もさぞかしお疲れのことでしょう。しかし必死にやらないとついていけないんだ、仕方ない。必死にやるうちに得てゆく物もあるでしょう。あると思いたい……。
それにしてもホセロ、コントロール悪すぎ。心臓に悪いです。また押し出すのかと思いましたよ、ひいいいい。せめて寒い時には上着を着て塁に出て欲しい。ヒットを打つのはいいけど。

まあ、とりあえず、貯金が三つもあるなんてたいへんに久しぶりのことなので、いまのうちに祝っておこうと思います。

20070424の購入

ひさびさに本屋に行って参りました。

Dark Seed 2 (2)
紺野 キタ
434480984X

移動都市
フィリップ・リーヴ 安野 玲
4488723012

百万のマルコ
柳 広司
4488463045


以上購入。
最近、お、これおもしろそうと思うと東京創元社の物であることが多いような。で、ついつい二冊も……。

それとこんな本も発見。
青雲はるかに 上巻 (1)
宮城谷 昌光
4101444358

下巻も出てました。財布をしまってから見つけたので、哀しいような嬉しいような気分で買わずに帰宅しましたが。はやく体力つけて図書館へ行きたいものです。毎日散歩してるけど、25分、三千歩の壁がなかなか破れなくて。

『ポイヤウンベ物語』

ポイヤウンベ物語 (1981年)
水四 澄子 安藤 美紀夫
B000J7QPRG

[Amazon]

サンケイ児童出版文化賞・国際アンデルセン妾国内賞受賞作品。
書棚をあさっていて発見し、読んでみました……多分再読なのですが、まったく、なんにも、覚えていなかった自分に苦笑。

アイヌ民族の伝説、ユーカラに材をとった児童向けのお話です。
きっちりと形式を踏んだ英雄ものがたり、という感じ。
私としては、主人公のポイヤウンベよりもその同母妹である赤い輪の姫君に興味がわきました。
それでいろいろと妄想が成長しそうになりましたが、ユーカラも全然知らないのに自分勝手に飛躍させては不味いだろうとブレーキ。ダメだなあ自分、と思いました。とほほ。

私の読んだのは講談社文庫版ですが、データがまったくないので三省堂版にリンクしておきます。
この文庫、昭和51年刊だって……ISBNがついてないよ!

「黄昏人」

mayu-geさん作、「黄昏人」読了。異世界ファンタジー。復讐のためにかつてのあるじを追う女戦士の物語。連作短篇風。ヒロイックファンタジー風味。
外伝「新月の夜と銀の星」「腕(かいな)の内」とショートストーリー「宴の華」「牙の眠る日」「暁の幻想曲」も読みました。
狼の話が好きですv。

文庫化

先日中東物が出るというので騒いだサトクリフですが、岩波から出ていたハードカバーの一冊が少年文庫になった模様です。

第九軍団のワシ
ローズマリ・サトクリフ 猪熊 葉子
4001145790


ローマン・ブリテン三部作の一冊。
昔のイギリスを舞台に、ローマ人の少年が従者とともに行方不明となったローマ軍の第九軍団を探しに行くものがたり。
以前に出た『太陽の戦士』はすでに単行本でもってたので買わなかったけど、これはぜひとも手にいれたいものです。
なんといってもうちの少年魔法使いが名前をいただいた人物も登場していることですしね……(笑。

そして中東物の下巻も出ている模様。
血と砂 下 愛と死のアラビア (3)
ローズマリ・サトクリフ 山本 史郎
456204053X


三巻というのが解せないんだけど。もしかしてAmazon間違ってる?

『海猿』

再放送のドラマを見ていたらいろいろ疑問がわいてきて、それを見ていたという妹に尋ねたら「原作読む? (貸して)あげるよ!」といわれてあっというまにおみやげとして持たされ「処分していいからね~」とにこにこ顔で見送られました(苦笑)。

海猿 (1)
佐藤 秀峰 小森 陽一
4091936717

[Amazon][bk1]

リンクは文庫版ですが、大きい方の全12巻を読了。
海上保安庁の潜水士を主役としたシリーズ、いきおいがあって面白かったです。ところどころ、勢いありすぎでわざと盛り上げすぎ? というところもありましたが、わかりやすいのでとっつきやすいと思います。全体的には「最初のうちはシリーズ化を念頭に置いてなかったんじゃないか」という雰囲気がありありでしたが、連載マンガで全体の結構がしっかりしているものって、そうそうないものね……(汗。

それと、このマンガ家さんはキャラクターの目に力があるなあと思いました。それも正面むき。だからか、登場人物のアップのシーンがとても多いです。たいへんに印象に残りました。

ところで、今回はフジテレビドラマ版(映画はみてません)と原作とを見てみて、以前に見たNHK版とも比べてみると、媒体の差みたいな物が感じられて面白かったです。おもにターゲットの違いなんだろうと思うけど、原作は青年誌に掲載されていたためかなり下品なところがあり、映像ではそういうところはばっさりと切られてました。そしてNHKは原作にない父と子の葛藤をメインに据えて多少脚色してありましたがほぼ原作通り。すごいのはフジ版で、原作ものなんじゃなくて翻案ものなんじゃないかというほど換骨奪胎しまくってまして、この泥臭いドラマをすこしでも洗練させて女性層をとりこもうとしていることがよくわかりました。うーん、なるほどねえ……勉強になりましたよ。

このなかでいちばん多くの人にわかりやすく受けやすいのはフジ版なんだろうなあ。だけど、フジ版はわかりやすい話にしようとするあまり、設定が原作とも現実ともかけ離れてまして、そのあたり大多数のひとは意識せずに見ちゃうんだろうけど、私に言わせればこんなに改変していいのか? というかんじ。登場人物の性格付や名前や配置だけ(!)ならともかく、不審船の出没する海域とか海賊と出会う海域にリアリティーが感じられないのはどうかと思うんですけども。むりに第三管区にしなくてもよかったんじゃないでしょうか。

と文句をいいつつ、結局見ているのですがね。たぶん今日も見ます(苦笑。

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX
伊藤英明 佐藤秀峰 加藤あい
B0009XFC5G

『百万の手』

百万の手
畠中 恵
4488462014

[Amazon][bk1]

読了。
家族にあげたのを思い出して借りてきました。
ほのぼのしんみりする幻想時代小説「しゃばけ」シリーズの作者さんの、十三才の男の子を主人公にした現代ミステリ。

読んでいて私の求める現代物の雰囲気は時代物に求めるものとはかなりちがうのかなあと思いました。
さらりとした文章やなにやかやは「しゃばけ」の時に好ましいと感じたそれと変わらないのに、なにか物足りないのですよねえ。題材があまりに現代的すぎるからかなあ。ほんわかした空気のもとであった余白が、現代物では浮世離れしているように思われてしまうのかも。
それに、つめこまれたたくさんの要素が災いしているような気もする。話が散漫だと感じました。
シビアな題材を暗くせずにさばいて、それなりにおもしろかったのですが、私としては「しゃばけ」シリーズの続編のほうを読みたいなとおもいました。えーと、どこまで読んだのだったっけ?(汗。

しゃばけ
畠中 恵
410146121X

読みたい時に本はなし

なにかをきっかけに突然読み返したくなっても、肝心の現物が見つからずに萎えてしまうことがよくあります。
たいていは自分で処分したのだから自業自得なのですが、今回は処分した覚えが無くて困惑。
私はこのシリーズをいつ、どういう気分で処分してしまったのだろう……?

私を月まで連れてって! 3 完全版 (3)
竹宮 惠子
4592142438


先日放送開始された『地球へ…』をぼんやりと見ていたら、ミュウの子供達のなかにこのマンガのヒロインであるニナちゃんを発見して、「あれ「地球へ」にニナちゃんが出てたっけ? 借りて読んだから覚えてない。でもニナちゃんの本は持ってるはずだー」と探したのですが、すべて発見できなかったのでした……。
『地球へ…』はまちがいなく名作だと思いますが、竹宮惠子で私が一番好きなのは『私を月まで連れてって!』。読めないとなるとよけいに読みたくなるんだよねえ……。
一巻の書影がないので三巻からもってきました。帯の推薦文にものすごく共感(笑。

ところで、アニメ『地球へ…』はキャラクターから背景画からたいそう竹宮惠子しているのに驚きました。原作に忠実なのはいいけど、今現在わざわざ作る意味がよくわかりません。

『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』

廃品回収に出すいろいろをもって家と収集場所を四往復したら、脚全体が筋肉痛になってしまいました。しゃがむと痛いし、ちょっとでも傾斜がある道がきついです。四階までの階段がうらめしや。
そんな筋肉痛との戦いの日々のあいまにようやく読み終えました。

信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス
宇月原 晴明
4101309310

[Amazon][bk1]

おもしろかったー。
最初はイッてしまった人たちの奇天烈な交歓のはなしなのかと思っておりましたが、第二次世界大戦前のヨーロッパと戦国時代の日本をあれやこれやでむすびつけた、壮大な伝奇小説として読み終えました。
ヘンなはなしーと思いながら読んでいたのにいつの間にかその奇天烈な世界観がリアルに思えてくるのが凄いです。用語がアカデミックなため、全部理解できたとは言いがたいんですけども、へえへえへえと知的な好奇心を刺激する展開を楽しみました。

ちょうど大河原作の『風林火山』とか、『太公望』とかを読んでいたりとか、『そのとき歴史は動いた』の上杉謙信の回を見たりとかしていたのが、この話のための準備だったような気がしてしまうほどでした。個人的に時宜を得た読書であったなと思います。いや、私歴史はあんまり詳しくないんで……『風林火山』のラストのあとどんな展開があるのか本気で知らなかったんですよ。そのつづきをここで知りました。いろいろ重複しているようで、じつは全部で補完しあうような案配で情報がもたらされてきたのにちょっと感動。

しかしこーいう組み合わせで歴史を理解すると、なにかがゆがむような気もするわ(汗。

残念だったのは私はフロイスの日本史を読んでいないってことでした。たぶん読んでいなくても理解はできるように書いてあるんじゃないかと思いますが。それに、キリスト教の知識があるとさらに楽しめたのではないかとも。こちらはなんとなーく囓っているのでなんとなーく雰囲気はわかりましたが。このなんとなーくの輪郭がすべてすきっとわかるともっと興奮の度合いが高くなったんじゃないかなと、それもなんとなーく残念なのでした。ようするにさりげなくいろんな要素が絡み合わせてあるのですよね。背景が深い。ものすごい知識と怜悧な頭脳の持ち主がさらりと書いた話って感じ。その力みのなさもなんとなく憧れです。

ともあれ、超うさんくさいけど、怪しくて妖しい魅力がたっぷりの理知的な伝奇小説でした。
イラストつけるなら耽美なのにしてください(笑。

一次創作バトン

櫻井水都さんから「一次創作バトン」を回していただきました。
いったいいつ回してもらったのか忘れてしまうほど長々と持ちつづけて、大変遅くなってしまいました。ごめんなさいー。なのにたいした回答でなくてすみませんー。なんでこんなのにこんなに時間がかかるのか自分でも不明(汗。

------------------------

続きを読む »

条件付け

人間って条件付けされる生き物なんですねえ。

唐突になにをいっているのかというと、年始からずっとNHK-BS2の『ぴあのピア』をみているのですが、そのシリーズが今月に入ってシュベルトになりましてね。先月やっていたベトベンとはずいぶんと違う、なにか共感のできないはね返されるような物を感じて……なんかのだめのきもちがわかるようなわからないようなだったのですが。

続きを読む »

ひつじのショーン

きのうの夕方、子守りに疲れ、ぼんやりと教育テレビを見ていて遭遇した新番組。
その名は「ひつじのショーン」。
『ウォレスとグルミット』のアードマン制作。見たことのある羊たちが大暴れの愉快なアニメです。
いやー、楽しかった。
もこもこの羊の質感がすてきです。
羊を統制しようとする牧羊犬がまたたのしい。

てっきり一本ずつ放送するんだと思ったのに、一挙に三本も見せてくれたのでびっくり。
NHKのアニメサイトを見たら放送予定が五月六日までしかなかったので短期放送なのかも。
うーん、これは録画しておくべきか。
毎週日曜日、NHK教育テレビで午後5:25からの放送です。

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! スペシャル・エディション
ニック・パーク スティーヴ・ボックス ピーター・サリス
B000FO4IFY

『彩雲国物語 青嵐にゆれる月草』

彩雲国物語 青嵐にゆれる月草
雪乃 紗衣
4044499136

[Amazon][bk1]


読了ー。
中華風異世界ファンタジーラブコメ官吏風味?
たしかに「セーガ・インパクト!」な巻でした。
鬼畜で愛想のいいお兄さんって読んでいて燃えますね。
秀麗ちゃんが俄然元気になって黎深さんの姪の証明をしているのが楽しいです。
ぜんぜん関係ないんですが、NHKの世界遺産にレイシンさんという女性が出てきたのでびっくりしました。文字を忘れてしまいましたが黎は同じだったような……。

ところで秀麗ってじっさいなにものなんだろう。半人半仙とか?

あらゆるところでこっそりと伏線が張られていそうな雰囲気に息が抜けない感じでした。
すごく思わせぶりな展開……というか文章だわ。
そこが魅力のひとつでもあるのでしょうけど、ときどきはっきりせんかーと叫びたくなります。でないと次の巻までに忘れてしまう可能性が大なので。
でも、自分でも覚えがあるので声には出さないのですが(苦笑。

20070405の購入

寒の戻りのため冬コートを着て病院へ行きました。大都会には私と同様冬支度の人から春を飛び越えて夏服の人までいらっしゃいました。さ、寒くないのか……?

信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス
宇月原 晴明
4101309310


薬待ちのあいだに薬局となりの書店で購入。
この本屋さんは超高層オフィスビルの一階という立地のため、ちょっと硬めの品揃えなのです。したがってラノベは無し。

病院ではシャシンを見た先生に「うつくしいです」と絶賛されました。でもその対象は頸のレントゲンシャシン。骨の固定手術の具合を見て先生は嬉しい&楽しそうでしたが、私はすなおには嬉しくなかったりしたのです。看護士さんに手術の傷口がきれいだとほめられてもあまり嬉しくなかったのと一緒かな。なんか、他人の手仕事を褒められているようなんだよね。つまり褒められてるのは私じゃなくて手術を執刀した先生ということだから。
褒められないよりは遙かにマシなんだろうけどねえ……。

とりあえず、ひとりで行って、帰ってもこられたので、これは大きな前進です。
帰り着いた時はふらふらだったけどね。用事をいくつも忘れてきてしまったけどね。
というわけで、これからも散歩と筋トレに励みまーす。

『マルドゥック・ヴェロシティ 3』

またもや昼寝を、しかも二回もしてしまいました。曇っていると眠くなる気がするんだけど、それは私だけでしょうか。

マルドゥック・ヴェロシティ 3
冲方 丁
4150308713

[Amazon][bk1]

読みました。はー。
溜息が出てしまうような結末でした。
プロローグから推理して、私は最後はまたバロットとのシーンに戻るのかと思っていたのだけど、そうはならなかった。その話はここではあくまでも外伝で。つまりこれは「スクランブル」の前日譚ではなく、ウフコックとボイルドの話でもなく、あくまでもボイルドの物語なのでした。
ボイルドはボイルドの意志をあくまでも貫いた、ということなのですね。

途中カトル・カールとの戦いはまるで戯画のようでところどころあまりの過激さにむしろ笑っちゃうようなところもあり、ディテールからキリスト教関係で深読みしてみたりもしたのですがすっかりはずれて、事件の背景にはなんだかなー、ではあったのですが、ボイルドの話としてはこれでよかったのだと思います。

かけがえのない良心を守るために、ひとりで虚無に墜ちていった男の物語でした。
青少年の成長物語を求める人にはまったく向かないでしょうね……きっと。

オセロットの最後のシーンにうわわわあん(涙、となってしまったあと、しばらく続きを読むのが辛かったですが最後まで読んでよかった。
それで『スクランブル』のほうを読み返したくなったのですが……バロットってあのひとの妹さんなのかな……?

マルドゥック・スクランブル The First Compression 圧縮
冲方 丁
4150307210

『恋のドレスと硝子のドールハウス ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』

恋のドレスと硝子のドールハウス
青木 祐子
408600898X

[Amazon][bk1]

読了。
ヴィクトリア朝を舞台にした仕立屋の女の子と貴族の若様のラブストーリー、未満(笑。
このシリーズは一冊ずつそれぞれに恋がらみの事件が一件ずつ解決してゆくのですが、今回の話はなんとなく地味ーなかんじでいつ盛りあがるのかと期待していたらいつのまにか収束していました。
派手なクライマックスを期待しすぎていたのかも……たぶん並行して読んでいた本が悪かったのだろうな(汗。心理サスペンスは対象年齢がひくいとどうもなあ……。それにアイリスの出番がなかったし。彼女は彼女なりにストーリーを盛り上げるために必要だったのね。

と、話そのものにはちょっと期待はずれな感がありましたが、ヒロインとヒーローのじれじれ感はますます高まって、そちらのほうではうんと堪能させていただきました。
クリスが過去(母)と未来(シャーロック)にどういう決意で対していくのか、楽しみです。
そいえばシャーロックのお父上が登場されましたが、やはり一筋縄ではいかない模様。なにしろ、息子にこんな名前を付けるくらいだからのう……。

余談。
この話、デイヴィット視点だともっとサスペンスになったんじゃないかと思う。無理だけど。
それとドじゃないのかという突っ込みが頭から離れなくて困りました。

タニス・リーの新刊

昨日の試合のおかげで疲労感いっぱい(苦笑。散歩もようやく2500歩超えられるかというところで足踏みです。そんなわけでいまだに図書館に出かけられないわけですが、読みたい本は次から次へと刊行されるのであった。
こんどはタニス・リーの「ヴェヌスの秘録」三部作(たぶん)を発見。

水の都ヴェネチアのパラレルワールド〈ヴェヌス〉で繰り広げられる傑作ロマンティック・ファンタジー。



第一巻は本日発売予定。そして今月下旬には二巻も出る模様です。

『銀色の恋人』の復刊に続刊も出るらしいとの噂も聞きましたし、タニス・リーの翻訳がまた出るようになってくれるのは嬉しい限りなのですが、この状況ではとても私には追いつきませんね。
浅羽さんの訳で読めないのも寂しい……。

水底の仮面
タニス・リー 柿沼 瑛子
4916199979

20070331の購入

センバツとプロ野球の合間に本屋に行ってきました。花見客はさらに増えてました。ご年配の方が多いのは何故なのだろう。

彩雲国物語 青嵐にゆれる月草
雪乃 紗衣
4044499136

一冊購入。

それと先日から気になっているマンガ↓。三巻までは持っているのだけどこのペースでどこまでつづくかわからないとなるとどうしようかと思う……。四年ぶりの新刊らしいです。
妖魅変成夜話 4
岡野 玲子
4582287557


ベイスターズはめでたく今季一勝目を挙げました。やったv
おまけに阪神と広島の試合まで見てしまい、眼精疲労に拍車が←お馬鹿。