FC2ブログ

『光の精煉師ディオン 旅立ちの朝は君と』

光の精煉師ディオン―旅立ちの朝は君と (角川ビーンズ文庫 54-5)
村田 栞
4044510059

[Amazon]


読了。

少年たちの活躍と成長を描く異世界冒険ファンタジーの開幕編。

力ある石を精煉することによって様々な力を生み出す〈精煉師〉。滅亡したムスベルで発達したそのわざは、いまだに世の権力者たちによって求められている。
戦争で両親を亡くし祖父と山奥で猟師を営むディオンは、飼い犬アッシュの病気を治すためにひそかに精煉の練習を重ねていた。アッシュは父親が精煉によって生み出した犬。祖父は精煉師を毛嫌いし軍人になれと主張するが、ディオンは戦が嫌いだ。そんなある日、ディオンは熊に襲われている少年フェルナンドを助けた。小熊をだっこしようとして母熊に睨まれたというフェルナンドは天然系だったが、ディオンには推測もつかないなにかを背負っているようだった。



男の子たちと若い軍人たちがたのしくじゃれ合っているお話。非BL系。
〈精煉師〉というネーミングにローハンの『ウィンターワールド』っぽい骨太ファンタジーを期待したのは私の大いなる勘違いでした(汗。
そういえば文字も精錬じゃなくて精煉だもんな……。
鍛冶屋が魔法の剣を打つ暗いファンタジーなんてそうそうあるもんじゃないですよね、しかもこれはライトノベルレーベルだし。
とあとで気がつきました。

いつものことですが、勝手に期待するな、自分。

このお話は、設定的には北欧神話とナウシカがまじってるところで軍人キャラでRPGしているような感じです。
なにしろ雰囲気がとてもあかるい。この明るさはラノベを通りこして、児童書のもののように感じます。対象年齢をかなり幅広くとってる気がする。
文章もすごくわかりやすい。描写よりもアクションがめだっていて、テンポがあってすらすらと読めます。
どこか三十分の連続アニメみたいなノリです。

はじめのうち、形容詞に頻繁に現代のものがつかわれるのが非常に気になっていたのですが、この話はこういう話なんだというスタンスがわかってどうでもよくなりました。この世界にラグビーボールがあるのかないのかなんてこと、気にしない気にしない。

それよりも類型的で非常にわかりやすいキャラたちのやりとりを楽しむお話なのだと思われます。
私的には精煉動物のアッシュと超美形で凄腕、なのに動物ぎらいのキース様が楽しいです。
キース、という名前にどうしても別のキャラクターを重ねてみてしまうからよけいに可笑しい。

でも、自腹は今回だけでいいかな。

つづきはこちら。

光の精煉師ディオン初任務は秘密の修業 (角川ビーンズ文庫 54-6)
村田 栞
4044510067


『光の海』

光の海 (フラワーコミックス)
小玉 ユキ
4091308406



積読山脈造山中の記事」でみかけたのち、本屋で発見したので買ってしまいました。一冊完結というのが魅力だったので。

おお、これは評判通りのおもしろさです。
なぜか人魚が沿岸にフツーに棲息している日本。
絶滅危惧種みたいではあるんだけれど、沿岸の住人達には日常風景と化していて人魚が現れても気にも留めない。
そんな状態でふいに人魚と関わってしまった人たちのワンエピソードが、短篇としてつづられています。

だからゆるいくくりで「人魚シリーズ」と名づけられている模様。
人魚シリーズと聞いて私は高橋留美子のおどろおどろしい伝奇ものを思い浮かべてしまったのですが(←でもかなり好き)、こちらのシリーズはごく穏やかで日常感あふれ、人と人との、あるいは人と人魚の微妙な関係をちょっとした距離を置いて静かに描いている感じ。

たしかにマンガをたくさん読んでる人が好みそうな作風だなと思います。

絵柄もさらりとしていておとなっぽくて、少女マンガっぽくなくて。
生の臨場感がうすれて、出来事が物語に変化していく狭間を見ているような気がしました。

収録作品は以下の通り。

光の海
波の上の月
川面のファミリア
さよならスパンコール
水の国の住人



なかでは「水の国の住人」が一番昔話風かな。

作品によって人魚の生息地が違うせいか人魚の人間との関わり方も多種多様で、人間のファッションに憧れるギャルみたいなのがいれば、人間の言葉が話せない川人魚がいたりと、そんなところも日常にいる人魚って感じがして面白いなーと思いました。

『丘の上のバンビーナ』

丘の上のバンビーナ (WINGS COMICS)
鈴木 有布子
4403618960


小学二年生のひな子と彼女の飼い犬のバンビーナのこころが入れ替わってしまい、ひそかにいろんな騒動が起きる。日常生活に密着したハートフルファンタジーコメディー。

いやあ。この本すごく楽しかった。大好きです。

しっかりもので勉強もできる女の子ひな子は、ほぼお母さんとふたり暮らし。
パパは都心のレストランでシェフをしている関係で、忙しくてなかなか家に戻ってこられないのです。
パパに会えないのは寂しいけど、ひな子には大好きなバンビーナがいる。ひな子とバンビーナは心と心が通じ合ってて、まるで一心同体。
そんなある日、お母さんのくれたいいにおいのする枕で寝た翌日、目覚めたひな子の心はバンビーナのなかにいたのでした!

ここでおろおろしたりしないで、犬と人間の生活を満喫しようというのがこの話の楽しいところ。
入れ替わったふたりはそのまま相手の日常を知って興味を持ち、そのまま何度も入れ替わりをする生活を始めるのです。

まだ子供の小学二年生という年齢がいいんだろうなあ。
ひな子ちゃんの言動はかなり大人びていて、こんな小二はいないだろーと思ったりもするのですが、そんなしっかりしすぎで意地っ張りのひな子ちゃんに、じつに犬らしい性格のバンビーナの影響から、悲しいと泣いて悔しいと泣いてうまくいかないと泣いてっていう子供の行動がぽろりと飛び出てしまうあたりにまったく違和感がありませんし、ドラマとしてもすごく効果的。

六年生の秋津くんのガタイの良さにもちとひきましたが……顔の表情はまだまだこどもっぽくて、笑ったりパンビーナに甘えたり悔しがったりするのがとてもかわいいです。この秋津くんにひなちゃんが親近感を持つのは当然だなと思えます。

個人的にはひなちゃんのパパの登場シーンに驚きました。
……かっこええ~。
その後、つぶやきはすぐにかわいい~v に変わりましたが(笑。
そーか、それでパパはパパと呼ばれ、おかーさんはおかーさんと呼ばれるのね。
なるほどです。

あとがきによるとパパとおかーさんの過去話がでているそうなので俄然興味がわいてきました。

それから書き下ろしの後日譚二編。
すごく短いのにものすごく楽しいです。
どこまでもハッピーでキュートな締めくくりで、ほんわかとした後味が残りました。

パパとおかあさんの前日譚はこれらしい。

旬(いまどき) (Wings Comics)
鈴木 有布子
4403617468

「南春抄」

一枝 唯さん@【yuen】作「南春抄」読了。
果てなき世界フォアライアを舞台にした異世界ファンタジー中篇。
「翡翠の宮殿」「風読みの冠」「風謡いの首飾り」「北の島の魔法」の関連作品。

カーディルで爵位をついだソーンくんの話。
ゼレット様あいかわらず絶好調です。

訃報 氷室冴子

小説家の氷室冴子さんが肺ガンのため亡くなったそうです。
享年五十一歳。
早すぎる。

私は中学生の時に新刊だった『クララ白書』を手にとって、それで読書を趣味とする人間になったようなものなので、この報には愕然としました。
高校の時、一番病状が悪かったときの楽しみが、毎月のようにでる新刊だったことを思い出します。

作品で私の好きだったのはコメディーでした。
クララ白書のシリーズや『雑居時代』とか『ざ・ちぇんじ!』とかを腹を抱えて読んだものです。

古代日本を舞台にしたファンタジー『銀の海 金の大地』のつづきをずっと待っていましたが、とうとう読めないままでした。
ご本人が一番心残りかと思いますが、私もとても残念。

ご冥福をお祈りいたします。

20080606の購入

予定外の本を買うのをずーっとずーっと我慢してたんですが、ついに耐えきれなくなって本屋に物色に出かけました。
といっても、最寄り駅までと縛りをつけたのでなんとかそれほど散財せずに済んだ……かな。

光の海 (フラワーコミックス)
小玉 ユキ
4091308406


丘の上のバンビーナ (WINGS COMICS)
鈴木 有布子
4403618960


光の精煉師ディオン―旅立ちの朝は君と (角川ビーンズ文庫 54-5)
村田 栞
4044510059


一冊完結のものか、一冊だけ読んでも支障のないものと思って選びました。
マンガのシリーズがとんでもない事になってるのは以前からわかってましたが、本もけっこうシリーズが多くなってきたのですねえ……。

自分でお金を出して買うとちょっとだけ開放感があります。
お金を使うのはストレス発散にもなるような……でもあとでストレスの元に変化するけど。

『赤い靴の誘惑 (株)魔法製作所』

赤い靴の誘惑 (創元推理文庫 F ス 5-2 (株)魔法製作所)
今泉 敦子
4488503039

[Amazon]

読了。

現代アメリカを舞台に平凡なOLが魔法使いたちの会社で魔法にかからない事を武器に活躍する、ローファンタジーシリーズ「(株)魔法製作所」第二弾。

楽しかったです。
日常に混在する魔法の世界にひとり混乱していたケイティが、自分が魔法のまったくかからない特異な体質である事を知らされ、魔法使いたちが魔法を作っている会社にスカウトされたのが前巻。

ケイティはすっかり魔法にも妖精にも馴染んで、いつのまにか「普通の毎日」に焦がれるようにまでなってます。じつはそれが悲劇の原因となるのですが。

日常の中にとつぜんあらわれる非日常の対比がおかしいのは相変わらず。
今回はテキサスの両親がニューヨークにやってきて、意外な事実が判明したりします。
さらに前回からの敵、魔法使いのイドリスがなぜかケイティを標的にしていやがらせをしまくります。
ケイティがママとショッピングに出かけたときの、カフェでの出来事はサイコーにおかしったです。

そして今回もまた、カエルが登場!
これで元カエルとカエルだと思いこまされていた人間と、現在進行形のカエルが出演した事に。
このつぎにはだれか身近に人がカエルに変身させられたりして……。

愛しの君との関係がえらいスピードで変化するのにとまどいましたが、そのほかは明るく楽しくハートフルで美味しそうなお話でした。
とってもキュートなロマンティックファンタジーだと思います。

男性経験の少ないケイティだけど、お兄さんたちとお兄さんたちの友達のする事はよく見ていたんですね。
さすが、みんなの妹ケイティ(笑。

つづく三巻めはすでに刊行されてます。
予約が混んでるので読めるまでしばらくかかりそう。

おせっかいなゴッドマザー (創元推理文庫 F ス 5-3 (株)魔法製作所)
シャンナ・スウェンドソン 今泉 敦子
4488503047

『魔法使いの娘』3~6

魔法使いの娘 (3) (Wings comics)
那州 雪絵
4403618103


現代日本を舞台にした陰陽師退魔コミック、日常ほのぼのコメディー風味。
三巻から最新刊まで一気に読みました。

あっという間でしたね。なぜかすんごく読みやすかったので。

この話、基本線は育ての父親と娘の、おたがいの距離をさぐる話、のような気がする。
父親が日本一の陰陽師で、社会生活能力がゼロで、やたらと娘を跡継ぎにしたがってて、登場人物たちが陰陽師だったり人間じゃなかったり、ゲストキャラがたいてい霊障を受けている事以外は……

てか、それだから見た目はホラーなんだけどもホラーとしての話はたいしたことないような気もするので。深く考えると怖いけど、私がイヤなのは痛いのなのでこういう話はわりと平気なんですよね。

父親の使役鬼・小弥太のエピソードはちょっとした異変でしたが、かれの再登場にはちと脱力。
これじゃあまるでポケモンじゃん(笑。

他の登場人物たちが過去の父親との関係などに言及したり、初音ちゃんが記憶を父親に封印されていたことが判明したりと、初音ちゃんの過去がこの話にとってけっこう重要な役割を果たしている事がほの見えてきます。

過去が明かされたあとでの初音ちゃんの選択がクライマックスになるのかな~。
なんて、話を読んでいるときにはぜんぜんそんな事考えてないんですが。

初音ちゃん、パワフルだなあ、とか。
テンテンちゃん、かわいいなあとか。
うんうん、子供ってこんなだよねえとか。
若いママさんたちの集まりが妙にリアルだなあ、とか。
初音ちゃん、フツーの女の子はなんの疑問もなく専業主婦にはならないよ、とか。
えー、兵吾ったらじつは初音ちゃんに○○だったのかー、とか。
この話の中で一番楽しいのは、やっぱトモトモだろ、とか。

じつに他愛もない事が頭の中を浮遊しております。

コスプレ陰陽師親子(?)もじつはお気に入り。

那州雪絵のキャラクターってどこかがぬけてるんだよね、基本的に(笑。

退魔物ですがアクションはなく、心理描写が細かいけれど色気はナシ。
でもほのぼの風味で笑えてたのしい。
そんな陰陽師ものが好きな方にオススメです。
……怖いヒトには怖いかもしれないです。

そういえば陰陽師なのになんで魔法使い? と疑問だったのですが、三巻で謎が解けました。


私のパパは
魔法使い

なんでも
できちゃう
魔法使いだったのです




魔法使いの娘 (4) (Wings comics)
那州 雪絵
4403618391

魔法使いの娘 5 (5) (WINGS COMICS)
那州 雪絵
4403618669

魔法使いの娘 6 (6) (WINGS COMICS)
那州 雪絵
4403619002

『魔法使いの娘 2』

魔法使いの娘 (2) (Wings comics)
那州 雪絵
4403617808


陰陽師の父親から修行を迫られる女の子のお話、第二巻。

怪談っぽいお話の短篇連作。
深く考えると怖くて眠れなくなりそうな話ばかりなんだけど、ノリが明るいので楽しかったです。

初音ちゃん、ふつーの女子高生と名乗ってますが、こんなに所帯臭い女子高生はすでにふつーではないのでは(笑。

それから初音ちゃんの飼ってる管狐テンテンちゃんって、『どーするわんこ!?』のはなに似ているような。

ではつづきに参ります。

魔法使いの娘 (3) (Wings comics)
那州 雪絵
4403618103

『炎の聖少女 ヴェヌスの秘録2』

炎の聖少女 (ヴェヌスの秘録 2)
タニス・リー 柿沼 瑛子
4916199987

[Amazon]


読了。

ヴェネツィア風の都市を舞台に描く、異世界ファンタジーシリーズ。第二巻。

前巻はルネッサンス後の時代でしたが今回はあきらかに中世期が舞台。
まだヴェ・ネラと呼ばれていたヴェヌスでは異教徒の帝国ユルネイアとの戦が囁かれる中、信徒の堕落を激しく糾弾する〈神の子羊評議会〉が権力を増していた。
そんな不安と暴力にいろどられたヴェヌスで、あるじの暴力をうけた奴隷の娘ヴォルパは炎をあやつる能力をめざめさせ、大司教ダニエリュスの元に庇護される事となる。
ダニエリュス配下の〈神の戦士〉クリスチアーノは、ベアティフィカと名づけられ、従順に奇跡を行う彼女にみずからの信仰を揺るがされ、はげしく心を乱される。
ユルネイアとの決戦間近、ダニエリュスはベアティフィカを神のつかわした聖女として世間に登場させた。



ネタバレはいるのでここでたたみます。

続きを読む »

ライオンズナイターを聴きたい

プロ野球は交流戦真っ只中。
いつもとは違うカードがたくさんあるのが新鮮で、あまり馴染みのないメディアでの中継放送があったりするのも新鮮。
夕べは文化放送のライオンズナイターで横浜ベイスターズ戦が中継されました。

しかしです。
我が家では文化放送が非常に入りにくい。さらに炊飯器を使っていると全然入らなくなります。

なにかべつの方法でこの中継を視聴する方法がないものかと調べたところ、Yahoo!で動画のLIVE中継がありました。が、この中継はMacに対応してません。うう。

それからまた調べたところ、文化放送ではライオンズナイターの生中継を配信している事が判明。
MacでもWindows Media Playerがあればだいじょうぶということなのでダウンロードしてみる事に。

しかし無料ダウンロードのページに行って、待てよ、と立ち止まる事に。
これってものすごくバージョンが古いんじゃあ……。対応OSXが10.1って何事。

と、ここでつい最近なにかおなじような機能のあたらしいブツを見たような記憶を思い出した。

Windows Media® Components for QuickTime

これをインストールしておくとQuickTime PlayerでWindows Media ファイル (.wma と .wmv)が直接再生できるらしい。

試しに入れてみたら、ちゃんと再生できました。
ノイズなし、CMなしのクリアな再生です。

そして、再生しはじめたとたん、吉村が同点ソロホームランを打ちました!

……けっきょく後が続かずまた負けたけどね……。

そういえば、昔RCC中国放送のカープナイターをこんなふうにして聴いていた事もあったなあと、過去の事を思い出したり。
あのころは多分PowerBookの性能が低かったから、ストリーミングが途中で滞って、ブチブチ切れたりしてたんですよね。

IT技術の進歩は早いなあ……。

『魔法使いの娘 1』

魔法使いの娘 (1) (Wings comics)
那州 雪絵
4403617263


陰陽師の父親にむりやり事件に放り込まれて修行をさせられそうになる女の子の、ハートウォーミングコメディ……だと思うんだけどちと違う、かも。シリーズ開幕編。

これもYちゃんが貸してくれました。
那州雪絵は先日犬四コマ『どーするわんこ!?』(←かなり好き)を読みましたが、基本的にはかなりご無沙汰してたマンガ家さん。

でもイメージはぜんっぜん変わってなかった。
のですんなり話に入り込む事ができました。

ヒロインは、仕事以外には無能な父親のせいですっかり生活臭にまみれた女の子鈴の木初音、十七歳。
ある日、見知らぬ若者がふたり、初音を訪ねてきた。いきなり電話をかけてきた父親の言う事には、これから初音が後継者にふさわしいか試す。ふたりの若者のうちひとりは鬼でひとりは弟子だという。どちらがどちらか見極めて鬼を退治しろと言うのだ。
無能な父親はじつは日本一の陰陽師だったのだ。
陰陽師にはならないという初音の言葉を無視し、電話は切れる。
そうして初音のとんでもない日々がはじまった。



とこんなような感じで始まるお話です。
言ってみれば退魔ものなのにどこまでも日常的な絵柄。
異常なシーンもなぜか日常的に感じられるのが、このマンガ家さんの持ち味かなとおもいます。
あと、可笑しくて楽しいかけあいと、ブラックがありながらほのぼのしたお話作り。

最新六巻まで貸していただきましたので、またしばらく楽しめそうです。

魔法使いの娘 (2) (Wings comics)
那州 雪絵
4403617808

「湾岸の風」

椎堂かおるさん【TEAR DROP.】作「湾岸の風」読了。

遠未来ファンタジー長編「カルテット」の番外短編。
共作企画「テルの物語」参加作品。

本編完結後四年の世界が舞台。
イルスが大人だ~vとおもったらまだ十八歳かい(汗。

文庫版『風光る 6』

風光る 第6巻 (6) (小学館文庫 わA 36)
渡辺 多恵子
4091918166



敵討ちのために男と偽り新選組に入った少女を中心に殺伐とした時代を生きてゆく人々を描く、幕末青春グラフィティの第一期完結編。


……よし完結編!という意気込みはちと空回りしてしまいました。
いや、前半はもの凄く盛りあがったのですが……山南さん関連でね。
だけど後半はなんだかすごく中途半端。

文庫版は単行本で二冊ぶんというのがあだになったのでしょうか。
そもそも第一期の定義がどうやら掲載誌の移動までということだったらしいので、作者ではなく出版社側の都合ですね。

そういえば、プチフラワーがflowersになったときには別コミも統合されたんでしたっけ。
すでに雑誌を買わなくなって久しかったためまったく気に留めてませんでしたが、執筆者の方はいろいろ苦労されたんでしょうねえ。

後半の屯所の移転話もたいそうおもしろかったんですけどもね。
ここで第一期の締めくくりというような話ではないような……。
そのうえ、新エピソードがちょっとだけ先行掲載されてるような構成がまた締まりない感じ。
始めから第一期なんて銘打たなければふつーに楽しめたのに、と恨めしいです。

今回はあちらとこちらで板挟みになってしまった山南さんの苦悩です。
孤児になってしまった正坊のエピソードが絡んで、非常に泣ける話になってます。


伊東甲子太郎の〝正義〟と
近藤勇の〝誠〟が

並び立つ事など
有り得ないのだ



うー、苦しいっ。
人の心なんて外からどうにかしようとしても動かせはしないもの。
ましてや信念を持って世の中を見すえているふたりの男をはたからあやつるなんて、この誠実で不器用なおひとにできるわけがありません。

しかし進退窮まって逃げたという現代人からはごく普通のことで即座に命をうしなう結果に至るところが、この時代に生まれたこの組織の怖ろしいところですな。
周辺から中央へ向かってプロテストする組織というのは、存在意義を保つために外にも内にもどんどん過激になっていっちゃう傾向があるようにおもいますが、これなんかまさにそれ。しかも、信奉するのが武士道だからねえ。始末に負えないなあ。

現代の私から見ると、言わぬが花とか、身を賭して汚名をすすぐとか、すべて口下手な性質を長所とむりやり解釈する、ごまかしの美学のように思えてしまいます。

が、どんなにつらくてもそれを貫く山南さんの姿にはやはり感動してしまう。
私も日本人だなと思う瞬間です。
しかし、明里さんの姿をみると、やっぱりコミュニケーションがとれないことの言い訳をするのにさらに言葉を惜しんでるみたいな気がするんだよねえ。
なんか、とても理不尽。
そういう時代だったんだ、と思っても納得いかーん。

はっ。
こんな事考えながら新選組を読んだらダメダメなんだ!
だから幕末ものが読めないんですよね私はううむ。

気をとりなおして、総司がとうとうセイちゃんを女として認め始めたようなのが楽しいです。
斎藤さん、煉獄ですねv

このつづきはまだ文庫ではでてません。
単行本なら十三巻くらいかな。

風光る (13) (flowersフラワーコミックス)
渡辺 多恵子
4091381030

文庫版『風光る 5』

風光る 第5巻 (5) (小学館文庫 わA 35)
渡辺 多恵子
4091918158


性を偽り新選組に入隊した少女をヒロインを中心に激動の時代を軽やかに描く、幕末青春グラフィティの文庫版第五巻。

五巻は近藤局長の人間としての大きさを描くエビソードと、土方さんとライバルになる(?)伊東甲子太郎センセイのご登場の巻。

美しいものを愛するがあまり常軌を逸した言動を恥ずかしげもなくしてのける、伊東センセイのキョーレツキャラにあの土方さんがたじたじなのが笑えます。
セイちゃんとふたりして相手を伊東先生を撒き餌につかおうとする様もおかしい。
こんなどこからどう見てもコメディー通りこしてギャグな関係が、後に凄惨な結末に至るのかと思うとなんだか不思議です。

セイちゃんと総司の関係はあいかわらず進展せず。
元気にボケと突っ込みを続けています。
セイちゃんの素性を知らされた山南さんとなんにも知らない斎藤さんとが、セイちゃんを守るためにおなじような行動をとるのがなんとなく楽しいなー。
斎藤さんの懊悩は深くなるばかりですが。
斎藤さんの境遇には同情しますが、かれのふるまいはお楽しみとしかいいようが(苦笑。

山南さんの話してくれた総司の過去、初恋のほほえましいエピソードになるのはずが武士の価値観のせいで悲劇になってしまった話がたいそうせつなかったです。

つぎは第一期の完結編ですか。
気合いを入れて参りましょう。

風光る 第6巻 (6) (小学館文庫 わA 36)
渡辺 多恵子
4091918166

文庫版『風光る 4』

風光る 第4巻 (4) (小学館文庫 わA 34)
渡辺 多恵子
409191814X


新選組を舞台にした幕末青春グラフィティ、文庫版の4巻。

一気に行くよ、とかいいましたが、集中力がつづきませんでした。歳喰ったせいかなあ。昔は一晩にマンガなら二十冊……は大げさとしても十冊くらいはかるかったのに。

そのかわり、この巻も舐めるように二回読みましたv

自己主張の仕方がまずかったり周囲の尻ぬぐいをさせられたりで、新選組はあいかわらず京の都の嫌われ者ですが、そんな経験がセイちゃんをどんどん成長させていくようです。
しかし幕臣の質の悪いこと。やっていいことと悪いことの区別もつかないのだろうか。やはり入れ変わりなくおんなじ仕事をおんなじヒトがし続けると血流が悪くなって手足がおかしくなるのだな。もう神経が通わなくなってるのかもしれない。
今現在のどこかのなにかにそっくりです。

今回は山南さんがかわいい!の巻ですね。
のちの悲劇を思うと笑ってばかりはいられませんが、やっぱり悶々と思い悩む一途な山南さんの姿は楽しかったです。

そして斎藤さんの心の声に思わず吹き出す。



けっ



総ちゃんの野暮天め~(笑。

さあ、続きを読もうっと。

風光る 第5巻 (5) (小学館文庫 わA 35)
渡辺 多恵子
4091918158

『月色光珠 黒士は白花を捧ぐ』

月色光珠―黒士は白花を捧ぐ (コバルト文庫)
岡篠 名桜
408600755X

[Amazon]


読了。

唐王朝時代の長安を舞台にした、冒険アクションロマンス?シリーズ。開幕編。

中国づいていたので借りてみました。
読み始めはいけると思ったのですが、進むにつれてこれは合わんな……と。
つづきは読まなくてもいいかなと思います。

陽明珠という単語をみるたび脳が養○酒に変換するので困りました(苦笑。

『インカ NHKスペシャル失われた文明』

インカ (NHKスペシャル 失われた文明)
恩田 陸 NHK「失われた文明」プロジェクト
4140812370

[Amazon]


読了。

以前に読んだ『マヤ NHKスペシャル失われた文明』とおなじシリーズのインカ編。
この本にも同行した作家恩田陸さんの紀行エッセイが掲載されています。

このエッセイが、インカとはまるきり関係ないところでいまの自分の気分にとてもフィットして、あーそうなんだよねえ~とひとりしみじみとしてしまったのでした。

インカ関係の話は番組の企画段階から実際の撮影に至るまでの苦労や喜びをつたえるものやら、最新の研究に基づく概説など、さすがにテレビ番組の本だけあってたいへんわかりやすいものでした。

とくにたくさんある遺跡のカラー写真がすてき。
石組みがほんとうにきっちりと組みあげられていてすごいなあと思った。

それから地図も。ふだんあまり目にすることのない南米なので、地理的な位置関係などを把握するのには不可欠です。

マチュピチュがクスコより標高の低いところにあるという話にはちと驚きました。


はじめに 大里智
太陽を求めて 恩田陸
マチュピチュ 天空に続く道 新延明
中央アンデスとインカ文明 松本亮三
おわりに 大里智之