『五龍世界(ウーロンワールド)III 天鏡に映る龍』

五龍世界III: WOOLONG WORLD 天鏡に映る龍 (一般書)
壁井 ユカコ
4591132366


[Amazon]

読了。

駆け出し道士の女の子の成長を描く、近代中国風異世界ファンタジー、シリーズ第三巻。


五頭の龍のからだによってつくられた中域(シン)の国。十五歳の道士ユギは、辺境にある兎雨県に毎夜襲いかかる獣の屍の群れに立ち向かっていた。ところが、ともに闘ったひとびとは新米のユギを信用せず、事件の首謀者の疑いまでかけられて傷心のユギが廟に戻ると、安置されていた師匠・趙道士の棺がなくなっていた。追いかけて対峙した棺泥棒の道士は師匠の義兄弟を名乗り、ユギの目の前で師匠の亡き骸を燃やしてしまう。ユギは事を指示したという師匠の師匠を尋ねるため、符力の左慈とともに天道教の総本山・八華山を目指して旅立った。



面白かったです。

派手な立ち回りが多かった一、二巻と比べると大人しめな展開ですが、そのかわり、心にたまった屈託や葛藤を鏡に映すように描き出して、お話に説得力が増す巻でした。

ユギの小さいころのエピソードがせつなくて、いとおしい。

イルラックの過去はこれまでも何度か書かれてきましたが、中域にやってきたいきさつは初めてで、これも興味深かった。

そして、八華山での、思いもよらない出会い。

師匠の師匠・劉濤華の態度に当惑し、その符力に驚愕するユギといっしょに、読み手のわたしも怒って泣いて、と忙しかったです。

師匠の義兄弟の大虎が豪快で楽しかった。

あー、このシリーズ、固有名詞を入力するのが面倒だwww

奇景をすんなりと脳裏に像を結ばせ、心のひだをこまやかに描くと同時に、立ち回りのスピード感が裂帛の気合いとともに伝わってくる文章がすてきです。独自のスタイルを感じます。

お話はたぶん仕込みの段階。これから劇的に展開するのだろうと期待しております。

シリーズ開幕編は文庫化されています。
五龍世界 WOOLONG WORLD: I霧廟に臥す龍 (ポプラ文庫ピュアフル)
壁井 ユカコ
4591132153

20130627の購入

雨が止んだのでリアル書店へ凸!

丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫 お 37-58 十二国記)
小野 不由美 山田 章博
4101240582


以上、購入。

待ちに待ちすぎてもはや読みたい気持ちが風化しそうになっていたシリーズの最新刊。
書店で手に取ったら、「ああ、やっぱり読みたいんだわたし」と改めて思って、レジに向かいました。

それで舞いあがって、S-Fマガジンの今月号をすっかり忘れて帰ってきてしまい、夜になってtwitterを見てようやく気がついたというオチが。

S-Fマガジンの今月号は日本ファンタジイ特集なのですよ!
まだ本屋に売ってるかなあ……。

S‐Fマガジン 2013年 08月号 [雑誌]
B00DC69KKA

「風神の墓標」

白馬黎さん作「風神の墓標(はかしるべ)」読了。

異世界ファンタジー長編「風神の墓標」完結済み。

戦乱の続く世界を舞台にした、土の香りと死の気配が濃厚な、骨太なファンタジーです。
尻上がりに迫力が増していくストーリーと風の女神の存在感に圧倒されました。
たいへん面白かったです。

『ミレニアム 1 ドラゴン・タトゥーの女 下』

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
スティーグ・ラーソン ヘレンハルメ 美穂
415179252X


[Amazon]

読了。

スウェーデン発の社会派ミステリ三部作の第一部完結編。

面白かったです。
上巻を読んでからすこし時間が経ってしまったのですが、そのことを非常に後悔しました。
このシリーズは一気に読むべきです。

それぞれに行動していた上巻の登場人物が収束していく下巻。

ミカエルとリスベット、ふたりの主役の出会いはわりあい簡単に実現しちゃいましたが、ふたりが補い合って捜査を進めていく過程には興味津々。

四十年前の事件の真相が明らかになっていくのと、ふたりの関係が深まっていく過程が同時進行で、読み手をそらせません。

それにしても、経済犯罪の話だと思い込んでいたのが嘘のような、古典的なミステリ展開でした。

たしかに冒頭から陸の孤島の状態だったんですけど、謎解きもきちんとミステリしてました、とミステリ音痴のわたしがいっても説得力はないですね;

決着の付け方が大人なのも、ミステリ寄りの印象を強めました。

スウェーデン社会の暗部をかなり詳しく描いていたうえでのこの展開は、わたしとしてはちょっと拍子抜けだったのですが、後味がよいのは確かです。

当事者による生々しい事件描写が少なかったことも、ここへ着地するための布石だったのかなと思ったり。

でも、ヴェンネルストルム関連はちょっとあれ? でした。
第二部で大活躍してくれるのかと思ってたんですよ……。意外でしたね。

というわけで、第二部がどんな話になるのかまったく想像つかないのですが、そのうち読もうと思います。

その時は上下揃えておきますね。


ミレニアム2 火と戯れる女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
スティーグ・ラーソン ヘレンハルメ 美穂
4151792538

ミレニアム2 火と戯れる女(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
スティーグ・ラーソン ヘレンハルメ 美穂
4151792546

『闇の虹水晶』

闇の虹水晶
乾石智子
4022510358


[Amazon]

読了。

幻想色ゆたかな異世界ファンタジー。


——その力、使えばおのれが滅び、使わねば国が滅びよう。
創石師は、ひとの想いを石として形にあらわす。征服者オーシィンに血族を皆殺しにされたときナイトゥルは死にかけた。いまはオーシィンの母キオナの命令で、あちこちに石を作りに出かけていたが、未熟な創石師で満足に仕事もできない。しかも呪い持ちだ。世話を焼くドリュティオナに支えられて無気力に過ごす日々、いつものようにキアナに命じられて北のオアシス都市シトーシに赴いたナイトゥル一行は、その帰り道で森の中に迷い、不思議な出来事に遭遇する。



人との出会いの生むさまざまな関係、色鮮やかな自然、ひとが内に抱える美しく強く深い願望の世界を、つづれ織りのように描き出した、まごうかたなきファンタジーです。

創石師のちからの描写にときめき、砂漠のオアシス都市にあつまるさまざまなひとびとの文化に興味津々、塩の魔女の異様さに息を呑み、闇の虹水晶の不思議に首をかしげ、それがみせる異国の王子の好奇心に運命を感じ。

すべてを失ったナイトゥルの、敵である支配者との日常における周囲とのかかわり合い、創石師としての成長、呪いへの不安と不満、ちかづく戦の予感と緊迫とさまざまな要素を含んで、かなり盛りだくさんなのですが、ドリューとの関係が話の芯となってクライマックスになだれこんでいく様はさすがでした。

あまりに盛りだくさんなので、わたしにはよくわからないままなところがいくつかあったのですが(そのせいでいままで感想が書けなかった)、わからないところもわからないなりに受けとめられたのは、輝かしい水晶と深い闇の魅力が大きかったかなと思います。

これまでの作者さんのお話とは別の世界が舞台なのかなと想像しますが、闇の力が大きな意味を持っているところはおんなじですね。

ナイトゥルとオーシィンの対比が強烈でとても印象的でした。

あと、サンジャル王国の帝国展開が面白かった。
グリフォリスの子供がかわいい〜。

ところで、読んでいるとそれぞれの場面が萩尾望都・絵のマンガとして脳裏に浮かんでくるのです。
なぜかしら。

『怒りのフローラ 一万一千の部屋を持つ屋敷と魔法の執事』上下巻

怒りのフローラ 上 (一万一千の部屋を持つ屋敷と魔法の執事)
イザボー・S・ウィルス 杉田 七重
4488013074


読了。

家族の理不尽さに立ち向ううちに国家的な事件に巻き込まれていく、秘密部隊に憧れる女の子の大冒険を描く異世界ファンタジー三部作の完結編。


両親が課す不自由さは自分の出生を隠すためだと知ったフローラ。身の危険を何度も味わった彼女はしばらくおとなしく士官候補生になっていたが、ついに我慢の限界がやって来た。このまま真実を知らぬ振りをし、夢や希望を諦めて不自由な一生を過ごすなんてごめんだ。怒りに突き動かされたフローラは、すべての原因である〈ブッ殺しブレイクスピアー〉ことタイニー・ドゥームをとっちめることにした。公式には死亡しているタイニー・ドゥームの居場所を突き止めるため、禁じられた魔法を行うこともいとわない。だが、突如現れたクマ男によって、魔法の成果である地図を持ち去られてしまった。しかも、フローラの母親で上官の陸軍大将バックからは、敵国バーディの大使夫人のエスコート役に任命されてしまう。



面白かったですー。

あいかわらずつぎつぎに意外な展開を見せるストーリー。
多士済々、ユニークすぎる脇役(ひとでないものも)たちがわさわさと登場。
日常にしっかりとむすびついている魔法のふしぎさとおもしろさ。
十六歳になったフローラには、恋愛展開も用意されています。

舞台は故郷のカリファ、それから船に乗ってキリウァカンへ向かうはずがいろんなことになって、いろんなところをさまようことに。

知らない土地、初めての気候、見知らぬ人々のなかで、フローラの拠り所は秘密部隊隊長ニニ=モの言葉ですが、これがまたいつもどおりのカッコよさ。

時に激情に流されながら、時に不安と恐怖に怯えつつ、激怒しながら泣きながら、それでも立ちあがるフローラのうたれ強さには、ほんとうに感心してしまいます。

さらに、やられた、とつい思ってしまったクライマックス。

完結編としては、ちょっといろいろと積み残しがあるような気持ちになりましたが、タイトルの謎は解けたので、区切りはついたな、という感じ。

なによりも、フローラは振りまわされてると信じてるけれど、じつはフローラも振りまわし返してる、周囲のひとびとのなにげない描写がちゃんとストーリーに生きてくるのを読むのがほんとうに楽しかったです。

斬り捨てマダマとか、ブッ殺しブレイクスピアーとか、陸軍大将バックとか、女性がやたら強いのが印象的なシリーズですね。

しかし今回はとくに五ヶ月児と犬とタコ!www
五ヶ月児はともかく、犬とタコは大活躍で、もうもう、笑いが止まりませんでした。

怒りのフローラ 下 (一万一千の部屋を持つ屋敷と魔法の執事)
イザボー・S・ウィルス 杉田 七重
4488013082


三部作開幕編はこちら。
二番目のフローラ 上 (一万一千の部屋を持つ屋敷と魔法の執事)
イサボー・S・ウィルス 杉田 七重
4488013333

『ミレニアム 1 ドラゴン・タトゥーの女 上』

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
スティーグ・ラーソン ヘレンハルメ 美穂
4151792511


[Amazon]

読了。

スウェーデン経済界に名を残す名家の娘の行方不明事件に、陥れられた記者と無名の女性調査官が挑む、社会派ミステリ三部作。シリーズ第一部上巻。


経済記者ミカエルは大物実業家ヴェンネルストレムへの名誉棄損で有罪になった。確信を持って書いた記事だったが裏付けが消えてしまったのだ。記者としての信用を失い、自身が発行人でもある雑誌『ミレニアム』から距離を置いた失意のミカエルのもとに、大企業ヴァンゲルグループの前会長ヘンリックから奇妙な依頼がなされた。四十年前におきたヘンリックの兄の当時十六歳の孫娘の失踪事件の調査をして欲しい、かわりにヴェンネルストレムを破滅させる証拠をわたす、というのだ。ミカエルが受諾したそのころ、民間セキュリティー会社の登録調査員リスベットは、ヘンリックの弁護士から受けたヴェンネルストレム事件の調査依頼を撤回されていた。



面白かったー!!

とっても久しぶりのスウェーデンミステリは、非常に現代的でありつつお国柄への興味もかき立ててくれる、深みあるサスペンスミステリ、のようです。まだ途中なので断言は出来ません。

歯に衣着せず正義の番人たらんとする記者、ミカエル・ブルクムヴィストが、とある記事により名誉棄損の罪を負うことになったところから話は始まります。

なぜ、かれは嵌められたのか、なぜ、裁判で争えなかったのか、相手の実業家ヴェンネルストルムとは何者なのか。

といった謎が提起されますが、話はそこからすこし横にそれ、大企業グループの起業者として名を刻むヴァンゲル家に起きた悲劇の謎の捜査へと向かいます。
グループの前会長ヘンリックが、ミカエルの窮状を狙って依頼をしてきたからです。

およそ四十年前に起きた、陸から断絶された島から行方不明になったかわいい兄孫ハリエットの行方不明事件を、死ぬ前にどうしても解決したいというヘンリックの願いと、ミカエルの敵ヴェンネルストルムを破滅させる事実を提供するという条件に、ミカエルは依頼を受諾します。

と、これだけでもかなり好奇心をかき立てられるのですが、以降静かな孤島で展開されていくミカエルの調査と並行して、ストックホルムで進行するセキュリティー会社の若き女性調査員の奮闘記がすごい!

ドラゴンの入れ墨を持つリスベット・サランデルは福祉国家スウェーデンにすら見捨てられた、他人に理解されない強烈な個性を放つ孤独な女性。

法に護られたことがないリスベットが他人の理不尽な攻撃から自分なりの論理と方法で自分を守り、敵を排除してゆく姿が圧倒的で、爽快ですらあります。

きてれつな外貌からは想像できない明晰な頭脳を持つリスベットは、自分の居場所を護るために孤独に闘いつつ、ミカエルとヴェンネルストルムの調査の過程で次第にこの事件に興味を持ちつつある模様。

まだ、ミカエルとリスベットに面識はなく、ミカエルはリスベットの存在すら知らない状態なので、今後の両者の合流と事件の行方が楽しみです。

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
スティーグ・ラーソン ヘレンハルメ 美穂
415179252X

「黒の王国」

西東行さん作「黒の王国」読了。

異世界ファンタジー長編、完結済み。

迷宮神殿のシリーズの最新作です。
ワツレン大活躍。
しかしなによりも驚きだったのはエトの本性です。
ルーザ=ルーザとオレクタンテはもう勝手にしてくださいw

つづきを楽しみに待っています。

『天冥の標 I メニー・メニー・シープ下』

天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)
小川 一水
4150309698


[Amazon]

読了。

植民惑星における社会闘争とその背景にある謎に迫る遠未来SFシリーズ。

複数人物視点による群像劇はどんどん加速していきます。

臨時総督府と市民の対立はついに武装闘争に発展。

大きな時代の波のうねりと、それに翻弄されつつも自らの意志で歩んでいこうとする人々と意志と、体制を維持しようとする人々の激突です。

これは個人の物語ではなく、社会の物語なのですねえ。

しかも、臨時総督府が隠ぺいしている謎がまた、スリリング。

とてもストーリー性豊かなドラマであると同時に、これはSFなんだー! と叫んでいるような設定が素敵です。

登場人物の一部が中途半端にキャラクターとして認識されてしまう描き方や、文章のリズムはあまり好みではないのですが、それを吹き飛ばしてしまうパワーに満ちあふれたお話でした。

なにより、ラストの鬼畜さに叫んだ。
「ちょ、おい」レベルじゃない、「なんじゃ、こりゃあ」くらいの衝撃でした。

これはこのままつづきを読めってことですよね。きっと、たぶん。

天冥の標 2 救世群 (ハヤカワ文庫JA)
小川 一水
4150309884

20130608の購入

図書館本を受け取りに出て、ついでにリアル書店に足を踏み入れました。

煌夜祭 (中公文庫)
多崎 礼
4122057957


以上、購入。

ノベルズ版を持ってるのに買ってしまいました。
ぱらぱら見ていたら書き下ろし短編があるのに気がついてしまったのです。

読みたい! →レジ直行。

まんまと乗せられました。

「百色のあめだま」

志度勇魚さん作「百色のあめだま」読了。

中世ヨーロッパ風異世界ファンタジー長編、完結済み。
「ものすごく幸運で不運な赤髪の剣士の物語」
とっても面白かったです。

『首斬り人の娘』

首斬り人の娘 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
オリヴァー ペチュ Oliver Potzsch 猪股 和夫
4150018642


[Amazon]

読了。


十七世紀ドイツの地方都市を舞台にした時代ミステリです。

探偵役が理性的な首斬り役人、助手役が若い洒落ものの医者、というのが目新しさ。

首斬り役人は市に任命されたいわば公務員なのに、階級的には人々から忌み嫌われる最下層。
処刑や拷問の他は、貧困地区の清掃(窓から捨てられる糞尿まみれ)も仕事のうちだったとか。

それでも苦しい暮らしの足しに、非合法な薬、といっても合法な薬もないのですが、認められた医師ではないのであまり褒められもしない薬を市民に売っていたりした模様です。

首斬り人がメインで話が進むので、舞台も下層地区がほとんどとなり、その鼻が曲がりそうな不潔さが強烈な印象を残します。

また、まだ清潔という概念がゆきわたっていなかった時代の医療の、妄想に基づいた治療方法に「これで治ったら不思議だよな」とむしろ感心してしまう場面も強烈でした。

さらに、産婆は魔女と短絡的に結論づける女性嫌悪的迷信深さと、それに基づく共感力の欠片もない男たちの弾劾に辟易。

時代的には中世は抜け出て近世に入ると思われるのですが、そういや、近世の始めは戦乱の時代で、ひとびとは戦に巻き込まれては死に、飢饉に見舞われては死に、とたいそう不安定で生きにくい時代だったな、と思いだしました。

日々の安寧を求める人々は、生活が脅かされるたびに犠牲の羊をみつけてはヒステリックに捧げていた、ということでしょうか。

こんな時代に生まれなくてよかったーと思いましたが、この時代の都市の庶民の暮らしを臨場感を持って感じられるのは、面白かったです。

例によって、ミステリとしてはどうかわたしにはわからんです←こまったやつ。

ただ、この本、タイトル詐欺ではなかろうか。
娘は完全に脇役です;

ところで。
この本は、キンドルで自費出版されたものが評判となってアマゾンが翻訳出版権を買い取り、世界的ベストセラーになったのだそうです。

へーーーー。

『幽谷町の気まぐれな雷獣』

幽谷町の気まぐれな雷獣 (レガロシリーズ)
森崎緩 冨士原良
4781608019


[Amazon]

読了。

天気予報の当たらない辺鄙な町で、真面目な女の子と妖怪だった男の子の幼なじみラブコメディー。

幼なじみ、かわいい!
と、ひとことで言って終わってしまっていいような気のする、とてもよい青春ラブコメでした。

生真面目で融通の利かない優等生萩子ちゃんと、くだけた雰囲気のイケメン大地くん。
小学生のあるときから疎遠になっていたふたりは、とある事件をきっかけにふたたび接近していくのでした……!

作者さんの持ち味は、ていねいな性格心理描写。
主役ふたりのやり取りが、男女どちらかが上ということもなく対等で、それがとても好感が持てます。

次第にあきらかになる大地くんの純情が、じつに可愛らしいw

もどかしくてじれじれ〜で、なかなか進展しないのも、ラブものらしくてよろしいと思います。

もっと時間をかけて読むつもりだったのに一気に読んでしまいました。

残念なのは、商業出版にも関わらず、違和感のある文章が散見されること。
ラノベの編集って、そういうところまでは手をかけないのでしょうかね。

お話は楽しかったので、機会があれば続きも読んでみたいです。

幽谷町の気まぐれな雷獣2 (レガロシリーズ)
森崎緩 冨士原良
4781609767