スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダイナミックフィギュア 下』

ダイナミックフィギュア〈下〉 (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)
三島 浩司 加藤 直之
4152091967


読了。

外宇宙から襲来した敵との人類存亡を賭けた戦いを、日本独自に開発した巨大ロボット・ダイナミックフィギュアを軸に描く、近未来SFロボットアクション小説。下巻。

ううーん。面白くないわけではないし、一気に読めてしまいましたが、ちょっと期待とは別方向に進んでしまったかなあという、もったいない感じの残る読後感でした。

もちろん、読んでるわたしが抱く期待というのは、基本的に自分勝手なもので、書き手さんには無関係のものなんですけどね。

物語世界の土台となる基本設定はとても魅力的でした。

まず目につくのは、敵の送り込んだ生命体キッカイとの戦い。
未知であり進化するキッカイに対抗するために生み出された、謎の特別攻撃機ダイナミックフィギュア。

よりSF的な飛躍としては、敵のもたらした、絶対的忌避感という対処する術の無い苦痛状態。
存亡の危機に瀕した人類にあらわれる、あらたな変化や性質による差別や思想的分断。

ちりばめられた牢獄テイストの固有名詞に、現実的な政治システムと外交関係。

細部はとても緻密に造られているなと感じました。

けれど、人間たちの、危機的な状況下で息子や娘に未来を残そうと見当違いでも精いっぱいの努力する大人たちと、それを受けとめた子供たちの決断のドラマと、
“襲来者たちの正体と地球にやってきた目的をあきらかにする”というSF的な要請とがうまく噛みあわずに、なんとなく話を散漫にしてしまった、ような気がしてしまいました。

結末は決まってたんだと思うのですが、そこに至るまでの細部とか濃度とかが、もうすこしほしかった、ような気がします。

そうですね、ラノベレーベルで、少年少女メインのストーリーで書かれた本だったら、こういう不満は抱かなかったかも。

ターゲットは、ラノベでSF好きになったけど本格的なSFは未経験なひとだったのかな。

個別のキャラクターは、読んでて興味深かったです。
前巻で目をつけていた佐々隊員は、八面六臂どころか、活躍しすぎで笑ってしまった。

そして、安並風歌さんの変貌には、度肝を抜かれましたw
是沢銀路の演説とはまた違いますが、風歌さんの口上は怖えwww

例によって文庫化済みです。
ダイナミックフィギュア(下) (ハヤカワ文庫JA)
三島 浩司
4150311129
スポンサーサイト

20120927の購入

ようやくまともに歩けるようになってきたので、最寄り駅まで行ってみました。

ちはやふる(11) (Be・Loveコミックス)
末次 由紀
4063803015


以上、購入。

新刊じゃないです、ごめんなさい。

ずっと何巻まで買ったのかが貸しててわからなくて(アニメで続き見てしまってよけいに混乱して)買えなかったのを、ようやく確かめたので手に入れました。

お金の出て行く予定はつねにあるので、なかなかイレギュラーな本が買えない状態です。
寂しい……。

『八百万の神に問う 1 春』

八百万の神に問う1 - 春 (C・NOVELSファンタジア)
多崎 礼 天野 英
4125012458


[Amazon]

読了。

近世和風異世界ファンタジー、シリーズ開幕編。

面白かったー。
ひらたくいうと江戸時代風の異世界を舞台にした人情時代小説ぽいファンタジーです。


天ノ神と大地ノ神は、傷つき疲れた人びとのために常世ノ山の麓にある楽土への門を開いた。楽土には病も飢餓もなく、身分上下も存在しない。ただ、その門をくぐるには守らねばならぬ掟があった。楽土で起きる諍いは暴力ではなく、言葉によって解決されなければならない。

その調停役を担うのが生涯に一つの杖を持ち、たくみな言葉でひとびとのこころを調和させる、音導師と呼ばれる者たちである。

少女サヨは、里長の息子カンナギの誘いによってナナノ里の専属音導師となった。
美しいカンナギと可憐なサヨはどこから見てもお似合いの一対だ。
だが、サヨはカンナギとの関係を発展させることを望まなかった。彼女には専属音導師としての責務がある。

ところが、里長のショウギがあらたな専属音導師として白髪の女イーオンを連れて戻ってきた。
慕っていたショウギの仕打ちと、イーオンの横柄な態度に腹を立てたサヨは、相手が伝説のシン音導師と知って驚きながらも、決着をつける音討議の申し込みを受けてしまっていた——。

というようなお話です。

前作『夢の上』などと比べると、語り口が軽快で、リズムに乗ってほんとうにかたっているようでした。

ツンデレやメタボに漢字をあてた、日本語ならではの言葉遊びもおもしろい。

うつくしくうつろいゆく自然に宿る個性ゆたかでゆかいな可見さまたち。
大きな猫さん。

これまでになくコミカルな登場人物たち。
強烈な個性のガガ様は最高でしたw

諍いを調停する音討議の行く末と、伝説の音導師イーオンの活躍は飛躍が楽しくて、それだけで時代小説ぽい痛快さと、人情物らしいしみじみとした優しさがあります。

そして、この巻のメインは、うら若き音導師サヨの越し方行く末なんですね。
あきらかに思い思われている仲なのに、なにゆえカンナミとの関係に距離を置こうとするのか、周囲が囃したてればたてるほどかたくなに音導師であることにこだわるのか。

彼女の矜持を支えているものの正体と、過去とのしがらみの清算。
楽土というあの世を目前にひかえた場所を舞台にした、じつにファンタジーらしい、解放と癒しを与えてくれる展開でした。

わたしは、読みながら、楽土の里の位置関係をぼんやりと考えておりました。

ほんとうは楽土なのはロクノ里までで、ゴノ里におりる途中にある赤い鳥居が境界線で。
赤い鳥居からさきは黄泉比良坂なのかなーと。

ゴノ里からイチノ里までは、楽土の門前町なんだろうなーと。

でも、ナナノ里から鳥居を逆戻りしてイチノ里にもどることはできるようですが、そこから外界に戻ることは可能なのかしらん?

サヨの因縁は解けたので、次巻からはイーオンが本格的に活動するのかな。

キリスト教ぽくてフランス人ぽい、異国のひとびとの参戦もありそうだし、異文化接触のトラブルが生まれるのかも。

名無し少年とイーオンの名が同じなのが意味深でたまりません。

じつは初読時からすでに三ヶ月が経っています;

それから何度か読み返しているのですが、ぜんぜん飽きません。
最初はそこそこ面白いな、程度の感想だったのですが、読み返すにつれてどんどん面白さが深くなってきたような気がします。

そんなこんなでやっと感想書きました。
ので、つづきをようやく読むことができます。

八百万の神に問う2 - 夏 (C・NOVELSファンタジア)
多崎 礼
4125012601

『ダイナミックフィギュア 上』

ダイナミックフィギュア〈上〉 (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)
三島 浩司 加藤 直之
4152091959


[Amazon]

読了。

太陽系外からやってきた未知の敵との人類存亡を賭けた戦いに突入した日本を、ダイナミックフィギュアと呼ばれる巨大ロボットのオペレータとなった少年をメインに、周辺諸国の思惑と、体質や思想の違いによるひとびとの軋轢を群像劇として描く、近未来ロボットSF。上巻。

面白かったです。

「世界大戦前夜」と呼ばれる一触即発の状態が臨界に達する直前に飛来した、太陽系外からの未知の飛来体。

人類が傍観することしか出来ずにいるうちに地球の極軌道上に築かれていった究極的忌避感をもたらすSTPFリング。

追いかけるようにして現れ、リングを築いた陣営カラスを駆逐したクラマ。

しかしその戦いの過程で落下した物体によって壊滅的な被害を受けた四国。
生きとし生けるものが死に絶えた四国で、ぞくぞくとあらわれる敵対生物キッカイ。

国連に四国の管理譲渡を拒んで、独自に防衛戦を始めた日本の切り札は、特別攻撃機ダイナミックフィギュアと呼ばれる巨大ロボットだった。

キッカイ研究の第一人者を父親に持つ少年・栂遊星は、ダイナミックフィギュアの従系オペレータ、つまり遠隔操縦者として採用され、対キッカイ防衛戦の統括組織ボルヴェルクで出陣の日を迎えた——。

というような話です。

世界設定としては、地続きの社会で警察組織の一員としてロボットが投入される『機龍警察』より架空要素が大きく、敵の正体も意図も謎のまま、日本国内での局地戦が展開されるというあたりは『エヴァンゲリオン』に近いものがありますね。

ただ、究極的忌避感をもたらすSTPFの存在により、人類がナーバスとダルタイプという二種に分化されたこと、それによりひととひととのかかわり方がよりセンシティブに意識的に行われるようになったり、思想的な背景になったりしているのが新鮮です。

さらに、ダイナミックフィギュア出撃に極東とアメリカの五加一が承認権限をもっていたり、秘匿されている特別攻撃機の仕様がスパイ活動の標的となったりと、地続きの国際情勢も反映されています。

そんな物語の土台だけでなく、ダイナミックフィギュアの操縦シーンと当面の敵であるキッカイとの戦闘がすごくスリリング。
これぞロボット物の醍醐味といわんばかりに、スピード感躍動感あふれる描写が楽しいです。
それ以前に、キッカイと生身の人間による不利な戦闘が描かれているので、より鮮やかさが際立つのですね。
キッカイの生態情報や、その特異な存在を四国に封じ込めておくための作戦など、いままでにないような展開でわくわくしました。

作品世界のための造語も独特なイメージ。
四国をキッカイの牢獄に見立ててのものだと思われますが、この戦闘がけして明るいものではないことをつねに暗示しているよう。

造語といえば、主役・栂遊星をはじめ、登場人物もかなりユニークなネーミングで、読みを覚えるのにちと苦労しました。性格はそれぞれ個性的ながらそれほど特殊ではないので、司令船パノプティコンの雰囲気などはイメージしやすかったですが。

というか、キャラクターの配置なんかはエヴァを彷彿とさせるところがかなりありますね。
(栂遊星が協調性のある、ひとびとを穏やかに結びつけるような保守的な性質だったり、ともちろん違いはありますが。)

特に存在感が強烈なのはパノプティコンの船長で、限定的に要撃部隊の全権を統括することになる、是沢銀路司令。

なんですか、このひとの戦闘開始を宣言する壮大すぎる長台詞は!

最初はびっくりして一歩引いてしまいましたが、読み進むうちにどんどんノリノリになってしまって、出てくるたびに「おお!」とか「上手い!」とか、緊張とともに高揚感に包まれていく隊員たちとおんなじ気持ちになってしまいました。

生まれついての熱血カリスマ総司令て感じですねー。

陶然としながら、登場人物紹介の年齢を見て「うわっ」と悲鳴を上げたわたくしです;

あとは、フタナワーフの調査隊・白き蝉の佐々隊員もものすごく気になります。

SFとして、謀略物として、ロボット物として、いろんな楽しみ方のできるお話だなーと思います。いまのところ。

というわけで、はやくつづきが読みたいです。

わたしは単行本を読みましたが、すでに文庫化されてますので。

ダイナミックフィギュア(上) (ハヤカワ文庫JA)
三島 浩司
4150311110

ダイナミックフィギュア(下) (ハヤカワ文庫JA)
三島 浩司
4150311129

20130910の購入

ネットでぽちりした物が届きました。

八百万の神に問う2 - 夏 (C・NOVELSファンタジア)
多崎 礼
4125012601

ミレニアムの翼~320階の守護者と三人の家出人~ (2) (ウィングス文庫)
縞田 理理 THORES 柴本
4403541941

暴虐のからくり人形楽団
谷山浩子×ROLLY(THE 卍)
B00DTTIOQQ


以上、購入。

猛暑にやられて倒れてるうちに体力が底辺まで落ちきってしまいました。
リアル書店どころか、近所のスーパーにたどり着くのも危ういです。
そんなわけで現在は脚を中心にリハビリ中なのでした、とほほ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。