20140523の購入

しばらくぶりにリアル書店に出かけました。

ミス・エルズワースと不機嫌な隣人 (ハヤカワ文庫 FT コ 4-1)
メアリ・ロビネット・コワル 原島 文世
4150205639


以上、購入。

かねてから興味があった本を珍しくリアルで見つけた。
これは……買わねば。
ということでゲットして参りました。

ちょうど積ん読がほぼきれいになったところだったので気分が大きくなっていたという理由もアリです。

20140522の購入

ネットで予約していた本が到着しました。

沈黙の書
乾石 智子
448802730X


以上、購入。

最近、作者さんのこのシリーズを何冊か読み返していたのですが、期せずして予習みたいになりました。楽しみです。

『八百万の神に問う 4 冬』

八百万の神に問う4 - 冬 (C・NOVELSファンタジア)
多崎 礼
4125012946


[Amazon]

読了。

言葉で問題を解決する音導師の活躍を描く、和風異世界ファンタジーシリーズの完結編。

人々の苦しみを忘れさせる楽土の存在理由と意義を問いつづけてきた物語は、シン音導師の最後の音討議をもって終幕を迎えます。

楽土を平らげようとするディセント連邦の代理人としてシン音導師に対するのは、死んだと思われていた兄弟子のザイオン音導師。

かれはそこで楽土の成り立ちと仕組みを外で得た知識によって明らかにします。
衝撃の真実に動揺する楽土の人々。

瀕死のシン音導師は、いかなる言葉によってこの苦境を乗り越えていくのか。

数日間におよぶこの音討議の展開がこの巻の最大の見せ場です。

やはり興味深いのは、楽土の成り立ちや仕組みです。
これって日本人の精神世界そのまんまだなあと思いました。
宗教と呼ぶには理がなさすぎて、けれども漠然としているからこそ融通が利く。さまざまなものを受け入れてみせるけど、根本が変化することはない。ルーズだからこそしたたか。

日本神話には人間創造のエピソードがないそうですが、さもありなんですね。

読みながら、自然神と祖先神の信仰って、どっちが先なんだろう、並行して存在してたのかな、などと、話とは関係ない方向に思考がさまよい出てしまいました。

ザイオン音導師の論旨は、かつてのキアナ島の歴史をかんがみて、その同じ轍を踏もうとしている楽土を非難するものでした。

これまでは楽土の中だけでその意義やなんやかやを討議してきたわけですが、今回は外からの視点をもちこんでの論議となり、これがまた興味深かったです。

内と外との区別って、無意識に自分もやってそうな気がします。
内にひきこもらず、外を排除せずに心をひらいて、視野を広げなさいっていわれているような気がしました。

ほんとうにうまく物語をたたんだなあと感心しました。
これは楽土の物語、おたがいを愛し慈しむひとびとのこころの物語だったんだなー。

と、まあ、物語の流れとしては素晴らしかったのですが、人物ドラマに関してはちょっと物足りなさが残りました。

とくに冒頭からここまでひっぱってきたイーオンの物語。
起きたことはわかるし、その理由も成り行きも理解も出来るのですが、これがシリーズすべての謎を解く鍵なのだと思い込んでいたので、なんかさらっと流された気がしてしまいます。

ザイオン音導師ことヤコウの物語は、キアナ島での発見によりいたった結論に違和感が残りました。
わたしの読みが間違っているのかもですが。

それと、もうひとりの重要人物リオン。
かれの告白は大変に重要でしたが、かれの視点でしかわからないところにもどかしさが残ります。

イーオンとヤコウがリオンをどう思っていたのかを、もうすこし描いて欲しかったな。
物語としてはこれで十分に完成しているのですが、そのあたりを加えて冬だけでも上下巻くらいにしてもよかったんじゃないかなーと思ったり。

大きい猫さんは楽しかったです。最後まで読むと感慨深い。

物語のおおきな救いはシン少年の成長でした。
ふりかえってみると、このシリーズ通しての軸はじつはかれの物語だったようですね。
ちょっと出来過ぎだけど、かれのおかげでほっとしたところがたくさんありました。

おかげで読後感がたいそうよかったです。

いろいろ濃密な読書をさせていただき、感謝しています。

シリーズ開幕編はこちらです。
八百万の神に問う1 - 春 (C・NOVELSファンタジア)
多崎 礼 天野 英
4125012458

『八百万の神に問う 3 秋』

八百万の神に問う3 - 秋 (C・NOVELSファンタジア)
多崎 礼
412501275X

[Amazon]

読了。

和風異世界ファンタジーシリーズの第三巻。

天路国の楽土でゴノ里の防人をつとめる若者トウロウ。おだやかな物腰でだれからも親しまれるかれは、じつは出散渡国の軍人であり情報提供者だった。ついに真の楽土へ行けという命令を受けとったトウロウは、死期を悟りナナノ里へ発つミサキ音導師のつきそいを申し出て鳥居道をくぐりぬける。そこでかれは、思いもかけない人物と再会して動揺する。楽土に対する怒りと憎しみをつのらせたトウロウ。シン音導師に見抜かれたトウロウは、彼女と厳しく対立することになる——

というようなお話です。

うら若き音導師サヨ、異境者の少年シンとつづいたメインキャラクターは、今回は出散渡人でありながらすっかり楽土の住人としてなじんでいる若者トウロウにバトンタッチされました。

常に笑顔で周囲に真意を悟らせない凄腕の剣客が、心に抱え込んでいる深い闇と孤独がようやくあきらかになる展開です

随時ライアン・ハートなる人物について語る告白の章が挟まれますが、これがまた、嫌が応にも好奇心をそそる材料になりまして、上手い構成だなあと思いました。

楽土に住みながら楽土になじまず、楽土を拒みつづけるイーオンの存在が、トウロウの迷いを深くするあたりもおもしろかった。

このふたり、感情的には共感しあってもいいはずなのに、なぜか対立してしまうんですよねー。

それはトウロウの抱える矛盾したつよい感情の為せる技なのですが、凝り固まって視野狭さくに陥った者は、なかなか冷静にはなれないものなのですよね。

今回も物語は音討議でクライマックスを迎えますが、この音討議がほんとうにおもしろい。

音導師って弁護士みたいだなと思います。
観客すべてが陪審員。その場のすべてに共感させることによって、みなが納得できる結論が生まれるのは、いいなあと思います。
それは楽土という土地柄のおかげで、現実にはこんなにうまくはいかないんだろうけども、理想的な紛争解決法だなーと。

出散渡国とフィランスロ教の関係は、西欧とキリスト教の関係に相似してますが、フィランスロ教の元になったキアナ島の伝説というのがあきらかになって、そんな皮相的な話ではないのだなということがわかり、これにも興味津々です。

エピソードの終わりがしみじみと心をうつのもこのシリーズのよいところですね。

そしてまた、ラストシーンに驚愕して次巻へつづきますw
つぎは完結編。すでに読了済みです。←珍しい。

わたしの贔屓はシン少年です。イーオンに弄ばれつつ、日々を頑張って過ごしてます。

八百万の神に問う4 - 冬 (C・NOVELSファンタジア)
多崎 礼
4125012946