FC2ブログ

『風読みの冠』

一枝唯さん作『風読みの冠』読了。
異世界ファンタジー長編、完結済み。

祭のために風読みの冠を持ち帰ることになった少年兵士の苦難災難つづきの旅に、第三王子と護衛の旅が交錯し、そのうち風具にまつわる陰謀劇へと発展。
話の骨格はかなり壮大で、登場人物は多いし、構成も複雑。なのに読みやすいのはキャラクターたちの掛け合いが魅力的で、あんまり大きな話を意識させないからか。

それにしてもそうとうな大長編なので、とっつきやすさに気軽に読みだすと大変な目に遭います。
つづきが気になって止まらなくなった。
それでも読み切るのに数日かかりました。
途中でクリエを三回くらい充電したような。
こころと時間にゆとりがあるときに読むが吉。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する