FC2ブログ

インコ怪人

読んでいますが、随筆が終わったとたんにいっきにペースダウンしています。
灯火節?随筆+小説集
片山 広子 松村 みね子
4901477137


ところで。
随筆の中に「ペリコ」という鳥を飼っていた話が出てくるのですが、ペリコってなんなのよという疑問が頭を去りませんでした。
文章中では、自明の理なのか、どんな鳥なのかをまったく説明していないのですよ。
語感からいうとペリカンが浮かんでくるけれども、しかし、この文章は大正から昭和にかけての話で、そんな時代に、いや現代でもペリカンなんかを個人で飼う人がいるとも思えず。
母親に尋ねてみるもわからないというので、しょうことなしにしばらくほっておきましたが、やっぱり気になる。
というので、ネットで検索してみることに。

まず、「ペリコ、鳥」で発見したのは、「ペリコサウルルス類」とやらいう恐竜の分類名でした。……違うでしょう。

それから、なぜかひっかかってきたのが「親知らず」。
親知らずで歯茎が腫れあがる症状を「ペリコ」というらしいです。
でも、これも関係なし。

その後。
ぐるぐるとまわっているうちに、なんとなく「インコっぽい」のではという事がわかりだすのですが、まさにこれだ、というようなどんぴしゃりの解説は見つからないのでありました。

それで今度は「ペリコ、インコ」で検索。
すると「ペリコ、別名インコ怪人」などというとんでもないものがひっかかってきたのでした。

それはスペインのプロサッカーチーム、エスパニョールのマスコット、であるらしい。
スペイン語でインコのことを「ペリキート」ということからの「ペリコ」、らしいです。
マスコットのネーミングなどいずこもおなじようなものなのか。
インコがマスコットになった経緯にはなんかいろいろとあるようでしたが、公式サイトはとうてい読めないし、面倒になってきたのでそこまで。
写真をみると、これは青いセキセイインコのキャラクターですな。
あいにくとヒットしたサイトはほとんど現在消えている模様で、リンクできませんが。
いやー、すごいものを見てしまったわ、という感慨が。

ところで、肝心のペリコは……やっぱり、インコなのでしょうか。
スペイン語由来と言うから、もしかするとかつての日本のある階級以上では、インコは通常ペリコと呼ばれていたのかもしれませんわ……うーん、そうなのだろうか。
きっとそうなのだろうということにして、今回はおしまい。

Comment

初めまして。検索から飛んでまいりました
古い記事へのコメントで申し訳ありません
ペリコについて、その後解決なされましたでしょうか?
ペリコはスペイン語でインコ全般を表すペリキートを縮めた呼び名で、南米でインコを指す愛称です。ただ、大正から昭和初期でしたら、当時の日本では「ミドリインコ(Orange-chinned Parakeet)」という南米産の小型のインコのことをペリコと呼んでいました。多分、疑問のトリさんはミドリインコではないでしょうか?

こんにちは。
>インコがマスコットになった経緯
について。
エスパニョールの旧ホームスタジアムのサリア・スタジアム脇に選手の宿舎があり、その庭にセキセイインコが放し飼いにされていたそうです。やがてエスパニョ~ル・ファンはペリキート(セキセイインコ)と呼ばれるようになり、青と白のクラブカラーをあしらったインコの公式マスコットが誕生。
とのことです。
それにしても何度見てもこれは怖いです。
ペリコを見る度に、日本のマスコット文化は世界に誇れるものと実感します。(笑)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する