図書館のネット予約を始めてみた2

つづきを書くといいながらほったらかしにしていました。
すみません。

えーと、前回はネット予約をするための下準備をした、という話でした。

最初からまとめてみると、横浜市の図書館で本をネットで予約するために必要なことは、

・図書館カードを作る。
・図書館ホームページで図書館カード番号とパスワード登録をする。
・図書館ホームページでメールアドレス登録をする。

の三つです。

図書館カードは各市立図書館でないと作ってもらえません。
その他の作業は、図書館でも自宅のパソコンからでも出来ます。

という準備が終わったら、図書館ホームページ内にあるデータベースから本を検索して予約することが出来ます。

予約したい本のページをひらいたら、画面下にある「予約する」ボタンを押すと一連の作業が出来るようになっています。

気をつけなければいけないのは、個人用のページなどが出来るわけではないので、一冊予約するごとに図書館カード番号とパスワードの入力をしなければならないことです。

受けとる場所もその都度指定します。

続き物を一度に予約して順番に受けとる、ということはできませんのでご注意。

受け取り場所に本が届いたら、メールでお知らせが来ます。
受け取り場所に取り置きしてもらえるのは、お知らせメール発信後一週間後までです。
受け取り場所によって、開いている曜日や時間が異なるのでここにも注意が必要です。

予約をすると、受付中、用意できていません、準備中、メールお待ち下さい、用意できました、という順番でステータスが変化します。

用意できました、のところになる前にお知らせメールが届くはずです。

私の経験からいうと、まったく予約の入っていない本を予約しても、この過程を総てクリアするのに最短で三日くらいはかかります。
平均で一週間くらいでしょうか。
おそらく、休日やなにやらが入ると作業の効率が変わるんじゃないかなと。

知らせを受けたら指定した受け取り場所で図書館カードを提示し、一週間以内に受けとります。

読み終えた本の返却は、市内の市立図書館や取次コーナーならどこでも返却することが出来ます。

貸出期限は二週間。予約と貸し出しはそれぞれ六冊までできます。

ここでまた注意が必要なのは、図書館以外の取次場所で本を受け取り・返却した場合、情報がすぐにはデータベースに反映されないので、つぎの本を予約するための準備が整うのに時間がかかる、ということです。

これもまた、土日が入ると遅くなる傾向があって、二、三日かかる場合があります。
たぶん、端末は独立していて、毎日回収してデータを更新しているんだろうなー。
図書館で受けとった場合は、すぐに図書の予約をすることが出来ます。


そんなこんなで、現在私はすべてネット予約で本を借りているわけですが。
なんだか、すごくせわしないなー、という感想を抱いております。
考えてみれば、以前は二週間に一度図書館に出かけているだけだったのに、いまは下手をすると週に二回、受け取り場所に出向いてます。

一度に受けとる冊数は一冊とか二冊とかで、六冊借りていた時に比べると楽ちんなものですが、ふらりと見つけて借りてみたとか冊数あわせで借りてみたというのがないので、読書濃度がどんどん上がっていっているようなのですね。

やっぱり、ネットでわざわざ予約するのに得体の知れないラノベとか某超大河シリーズなんかは借りられないもんなあ……。

それに制限ギリギリまで予約を入れるのもまずいのかも。

だけど何十人、もしくは百何十人と予約の入っているファンタジーのハードカバーなどを予約するといつ届くかわからないから、ついすぐに届きそうな本をといっしょに予約してしまうんですよね。するといつのまにか枠がいっぱいに。
(何百人も待ち人数がいるタイトルはそもそも予約しません。だいたい私の好みから外れている場合が多いのが救い)

まだ程よいペースはつかめていない、というのが現況かなと思われます。

横浜市立図書館

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)