本棚買い替え!

目標達成が遥か彼方と思えた自室の模様替えも、ようやく最終地点が見えてきました。
とうとう本棚の買い替えに着手です。

元々あった本棚は、スライド式で高さも奥行きもかなりあるものでした。
だけど私にとってはものすごく不満だらけのブツでして。
なぜかというに、棚板の位置がほとんど変えられず、増やすことも出来なかったため、大型本をたくさん持ってるわけでもなくハードカバーもそれほど無く、蔵書のほとんどがマンガや文庫という私には使用不可能なデッドゾーンが山ほどできて、じつに効率の悪い本棚だったのです。

だからずっと欲しかったのは、背が高くてできれば天井突っ張り機能がついていて、奥行きは大型本が入るぎりぎりでよく、幅が80センチくらいのもの。棚板の位置はフリーで追加も出来る、できれば扉つき。

奥行きがありすぎる本棚に身体中ぶつけまくって痣だらけだった私は、本が日焼けするのがなによりも嫌な人だった。

そんな条件であれこれカタログを見たり家具屋に行ったりしましたが、いまいちこれというものが見つからず。
ひとつだけ、希望そのものというのを発見して小躍りしたところ、寸法を測ってみたらうちの部屋には背が高すぎて入らないということが判明して、一気に消沈したこともありました。

そこで得た教訓。
天井突っ張り物件は入らない可能性大なので、天井突っ張り棒を使うことで妥協する。

条件を緩和してようやく見つけたのが今回購入したこの本棚、IKEAのBILLYです。

本棚1
高さ202センチ、幅80センチ、奥行き28センチ。
扉は追加パーツです。

IKEAは自分で搬送、自分で組み立てというのが前提の店。配送してもらうとけっこうなお金を取られるため、ここは妹夫婦に頼んでワゴンカーを出してもらい、ついでに自宅までの搬送もお願いしました。

ので私は注文カードをもって店内でブツの番号を記入し、倉庫でコレと指定し、レジでお金を払っただけ。
妹夫婦にはたいそう苦労をかけてしまいましたので、お礼にIKEAでお昼をごちそうしました。ミートボールが美味しいんですよー。

組み立ては後日、弟を呼びつけて家族と一緒にやってもらいました。
私は応援しているだけ(苦笑。

できあがった書棚はなかなかの出来映えでした。
ちょっと悔しかったのが大型本のごく一部(たったの二冊)が書棚からはみ出てしまうこと。

本棚2

せっかく扉をつけたのに一番大きな本を一番下にしまえないとは。トホホです。

本棚3

とりあえず、下の段にだけ物を移してみたところ↓。

本棚3

なぜ下の段だけかというと、追加棚板の在庫がなかったのです。
というわけで一週間ほどそのまま放置しました。

その後、IKEAのサイトで追加棚板が入荷したことを知り、昨日買いに行きました。
(IKEAのサイトでは商品の在庫が支店別に検索できます。)

今回は棚板だけだったので、うちの車でもオーケイ。
といっても私は免許を持ってないので家族に運転してもらい、またしても運搬は人任せです。

最後ぐらいはと棚板設置は自分でやりました。

ところがここでもまた誤算が。
CDを入れる棚を作ろうとすると、えーと何判だったっけ、とにかく『百鬼夜行抄』サイズの本を入れる棚がどうしても作れないのであった。え~ん。

本棚4

しようがないのでなんとか詰め詰めでねじこんだところがこんな案配。
岩波国語辞典の横に連なってるのは『おお振り』サイズのマンガです。

棚は下と上と別々なのにどちらにもiPodの箱が写っているのは、ふたつあるからではなく(いや実際にふたつあるんですけどデザインおなじやつはひとつだけです)、たんに試行錯誤の間に移動していっただけのことです。

ふわー、疲れた。
疲れたけど心地よい疲れです。

あとは粗大ゴミ引き取りに連絡して、依然としてそびえ立っている邪魔な古本棚を撤去してもらえば終わりです。

ああ、長い道のりだった。

と、感慨に耽っている場合ではなかった。
まだやることが残ってるんだ。

今年中にすべてが完遂できるだろうか。できればいいな。

Comment

いい本棚ですね

棚板の位置がフリーなのがいいですね。文庫本をいれる棚は低く、ハードカバーは高くしたいですから。
本がずらりと並んでいるのを見るのって気持ちいいですねぇ。
私も本棚を買って、もうちょっと本を置けるようにしたいです。IKEAの本棚は値段のわりにしっかりしていていいですね。私もまた連れて行ってもらおう♪

ありがとうございます。棚板位置はフリーなんですが、真ん中の板だけは移動不可なのでここがちょっと玉に瑕でした。強度の関係で仕方がないようですが。
IKEAのお値段がリーズナブルなのは自分で運搬、自分で組み立てだからなんですよね。
人手があてにできないとちとキツイですわ(苦笑。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)