譜読み能力を失ってる

昨日は姪と甥を連れて出かけた後、連れ帰った妹宅で姪とこんなゲームをしてました。

Wii Music
B000IUAT4O



ようするにコントローラーをいろんな風に操りつつ、曲に合わせて楽器演奏を楽しむソフトです。
どこで弾けばいいのかは、画面に音階のない譜面として表示されます。
その音符に従って、コントローラーを振ったり、左右にひいたり、ボタンを押したりすると指定した楽器の音が鳴るという仕掛けです、

姪っ子はリコーダーがおきにいりなので管楽器を選択することが多く、主旋律を担当したがるので牧歌的な演奏となることが多いです。

私は妹のアドバイスに従い、ベースかコードを担当。
笛吹動作は不可能なので、できるだけ叩く物か振る物を選択することに。

単純なコントローラーで行う動作だから、音階は無視。
ひたすらリズム感覚で突っ走るのが快感なのです。

しかし、電子ピアノを習っていた頃から数十年、高校では美クラだった私は、なんともなさけなくというかある意味当然というか、譜読みの能力をほとんど失ってました(汗。

譜面見ながら腕を振ろうとすると、なぜかリズムに遅れてしまうのです。
それもだんだん慣れてきたところで姪っ子が選択したのが後拍でリズムを取る曲で、これがもう、めちゃくちゃにノリ遅れというかノリ外れというか、自分でやってて「なんだよこの気持ち悪い演奏は~(涙)」な感じでイヤンになったよ。

それでもだんだんに上達してはいったと思うんだけど、姪っ子がどんどん難しい曲を選択するので困難なことはぜんぜん変わらず。
妹の言うとおりコードを選択し続けていたところ、ヴァンゲリスの「炎のランナー」で死にそうになりました。「あー、これはコードは大変だと思ったよ」なんてあとから言うな(涙。

最後に姪っ子がマドンナの「マテリアルガール」の主旋律で悲鳴をあげ、溜飲を下げたところでひとまずおしまい。

やー、楽しかった!
子供だましだ、楽器をするなら本物の方がいいと某弟達に散々言われましたが、音楽に親しむ程度のレベルならコレで十分なんじゃないでしょうか。

少なくとも私は闘志を燃やしました(笑。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)