スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『町でうわさの天狗の子 3』

町でうわさの天狗の子 3 (3) (フラワーコミックスアルファ)
岩本 ナオ
4091322581



読了。

天狗を父親に持つ女の子・刑部秋姫ちゃんがごくフツーに高校に行ってごくフツーに恋をする、かなりフツーだけどちょっとフツーでない日々を描く、ほのぼのコメディーマンガの第三巻。

つづきが出るのを楽しみに待っていた、読んでいて心がほわっと温まるような日常ファンタジーです。
今回はお山がほとんど出てこず、天然美少年タケルくんとのぎこちないおつきあいが中心だったため、さらにフツー度が高まりました。

というわけで今回はうれしはずかし初デートや、学祭関係でのもめ事、親友の緑ちゃんが生徒会初期に立候補事件、などなど、かなりフツーの学園もの的なお話が多かったです。

そのフツーなお話にちょっとずつ不思議風味が混じっているところが楽しいv

ヒロイン秋姫ちゃんにとって父親が天狗である影響は、自分が大食いであることと一般人よりもかなり力持ちであること、それとたまに修行をしなければならないこと、くらいのもので、自分がちょっと特殊な運命を背負っていることにたいして無自覚。

ほんとうは周囲ではいろいろと影響があるようなのですが、そのところをほとんど瞬くんがフォローしているために自覚せずに生きてこられたのだなあと思います。

困った時に出てくる名前が瞬くんである、ということは秋姫ちゃんは瞬くんにずいぶん依存して生きているってことですよね。

てことで、次巻では瞬くんとの関係がクローズアップされる模様。

緑ちゃんが瞬くんに言った、

姫ちゃんが
楽しいときも
近くにいれば
いいのに



という言葉が大変印象に残りました。

ところで私は、瞬くんはかっこいいけどタケルくんはカワイイよなー、と思います。
このタケルくんに対する感覚って甥っ子を見ている時の嬉しさに似ている、ような(笑。

町でうわさの天狗の子 1 (1) (フラワーコミックス) 町でうわさの天狗の子 2 (2) (フラワーコミックス)

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。