『犬夜叉 23』

犬夜叉 (23) (少年サンデーコミックス)
高橋 留美子
4091256430



読了。

女子中学生日暮かごめが戦国時代へトリップし、半妖の少年犬夜叉や仲間達とともに四魂の玉の欠片を求めて旅をする、伝奇冒険アクションロマンスコミック。シリーズ二十三巻。

この巻には、

神楽が殺生丸の連れている人間の少女・りんちゃんをさらい、奈落のもとに殺生丸をおびき寄せるエピソードと、

四魂の玉の気配を求めていたかごめちゃん達が琥珀くんを発見、かれがりんちゃんを連れているところを眼にするエピソード、

奈落の結界を鉄砕牙で斬った犬夜叉が、奈落と殺生丸の対峙する場に出くわすエピソード、

城を捨てて行方をくらました奈落の思惑をみなで計りかねているエピソード、

祓い屋のおばあさんにひっぱりこまれて鬼の首城にみんなで関わることになるエピソードの途中まで、

が収録されています。


実際は最後の話だけが独立していてあとは続き物(苦笑。まとめるのが面倒だったので分かち書きにしてみた。
そんなこんなでかなり話がからみあっている一大エピソードです。
様々な伏線といろんな憶測を生むような展開の後、殺生丸、犬夜叉、奈落がめずらしく一堂に会しました。

が、知られぬが花とばかりにひとりが逃げ出してしまうのでちと肩透かしか。

今後は奈落の変貌に焦点が当たっていくんですかね。
この調子だとどうしたって奈落の運命がストーリーの中心だからな。

神楽は奈落から自由になる時と場所を狙っているようだし、奈落に操られている琥珀くんの将来はあいかわらず心配だし、桔梗さんは奈落との決着をつけるために生きているようなものだし、弥勒様の風穴も奈落がつけたものだし。

と考えているとまるで奈落が主役みたいですね(苦笑。
じっさい、この巻でもっとも存在感があったのは奈落でした。

あとはりんちゃんが純真に殺生丸に心を預けているさまがとてもかわいくて、このふたりの関係がかなり気になります……。
殺生丸はりんちゃんをどうするつもりなんだろう。

つづきを待ちます。

犬夜叉 (24) (少年サンデーコミックス)
高橋 留美子
4091256449


Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)