『つづきはまた明日 1』

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
紺野 キタ
4344815688



読了。

表紙カバー画の愛らしさに思わず購入。

ほんのりと翳りのある設定に、子どもたちのにぎやかさと成長とほんのちょっとの不思議がブレンドされた、ほのぼのしみじみな日常ストーリーの連作です。

前作『Dark Deed』みたいな大がかりな話より、こちらの方が作者さんのいいところが存分に発揮できてるんじゃないかなあと、私は感じます。

いろんな感情の振幅がなにげないエピソードにふとあらわれる一瞬、みたいなのをすこし距離を置いて描くのがお上手だなあと思うのです。

この話は父子家庭の兄妹を中心に描かれていて、お兄ちゃんの杳くんがとってもお兄ちゃんとして頑張っているところが健気で、妹の清ちゃんがとってもお兄ちゃん子なのがすごく愛らしいです。

杳くんの、自分の世界を確立しているちょっと大人っぽいところと、まだまだ子どもな部分が同居しているキャラクターがいいなあ。

清ちゃんの無邪気さは無条件でキュートだし。

ふたりの叔母さんのリカコさんや、お隣に越してきた原田一家との今時珍しいご近所づきあいのエピソードは、賑やかでなおかつ懐かしい香り。


読んでよかった~と思える作品でした。
つづきも買おうと思いますv

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)