『毎日かあさん 2 お入学編』

毎日かあさん2 お入学編
西原 理恵子
4620770558



借りて読了。

毎日新聞連載の日常子育てマンガ。第二巻。

あーー、可笑しかったあ!
今回もたいそう笑わせていただきました。

この連載を始めてから、作者さんには男の子のお母さんからよく声がかかるようになったそうです。

いや、その気持ちはよくわかるよ……。
西原家の長男君の野生児っぷりというか、調教の必要性ってすごいもん。
甥っ子をみていても思うのですが、男の子ってほんとうに文化的な躾が欠かせない生き物だなあ。
まさしく、人類にとってのベーシックは女で、男はベースを少々犠牲にしてオプションつけてみた、みたいな存在なんだなーと感じます。

お母さんはそんな未知の機能のついた生き物を育てなきゃならないわけで、そのわからなさ加減が可愛いというか楽しいというかそういう側面ももちろんあるだろうけど、あんまり意外な出来事が頻発すると疲れますよね(苦笑。

そして西原家の長女である妹は、これまた典型的な女の子。
保育園児にしてすでにその生態は女そのもの。おませといって笑っていられるのも幼いうちだけのような気がします(汗。

その手練手管にころっといってしまうお父さんの姿がもの悲しくもほほえましいです(苦笑。

この作品がすごいなーと思うのは、そんな阿鼻叫喚でほのぼのな日常を描きつつ、シビアな現実がじつにスマートにすべりこませてあるところ、さらに哀しいような切ないような心情が詩のようにふわっと感じられるところです。

こういうところに出逢うとうーん、、、、と唸ってしまう。

しかし、一巻でも思ったけどこんなにセキララに描いていいのかどうか。
西原家の子どもたちが自意識を持ってこの作品に接した時、どう感じるのだろうかと思うとちょっと心配ですね。

西原理恵子は女性マンガ家の「無頼派」と呼ばれているそうなのですが、たしかに無頼派の家族はしんどそうな気がする……。

とかいいつつ結局楽しんで読んでいるのですが。

毎日かあさん3 背脂編
西原 理恵子
4620770566


Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)