FC2ブログ

『イズァローン伝説』

本棚整理中に全巻読み返してしまった。
photo
イズァローン伝説 (6)
竹宮 惠子
中央公論社 1997-03

by G-Tools , 2006/06/23


これは文庫版。書影があるのはこの巻だけです。
私が読んだのはもちろんフラワーコミックス版ですが(笑。

この話、私は前半部分がすごく好きだった(古代神殿の謎とか、ルキシュとフレイアさんの関係とか・笑)のですが、後半部分にいまひとつついていけなかった。
それはなぜなんだろうと思っていたのですが、今回読み返していろいろと要素はあるけれども、一番は魔と人間の関係がただ対立しているだけのものだからかなあと……魔の存在がたんなる敵としか思えないからなのかなと、そんなことを思いました。

あと、ストーリーがものすごく枝葉をそぎ落とされていて、キャラ萌えの余地が少ない(笑。
このスケールで全十二巻なんて、今ならありえないと思います。
でも昔のマンガはみんなこんなだったんだよな。
最近のマンガが長いのは、キャラクターを執拗に……じゃない丁寧に掘り下げているからなのかなと思いましたよ。

それから個人的に終わり部分で章タイトルがアラビア語なのはなぜなのかと思ってたんですが、よく見てみたら一巻で出てきた鹿の男の子の話している台詞が、アラビア文字っぽい字で書かれていた。
ふーーーん、そうだったのかと思うと同時に、そういえば連載の始まった頃私はまだアラビア語を習っていなかったんだと納得しました。

これで心おきなく処分できる……かな?

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)