『1/2の騎士』

1/2の騎士 harujion (講談社ノベルス)
初野 晴
4061825429



[Amazon]


読了。

日本の地方都市を舞台にした、ちょっと不思議だけどかなりハードなファンタジックミステリ。

うおーー、これは面白かった!

うさぎ屋さんの記事を見て興味を持ち、図書館を見たら予約がなかったので借りてみたんですが、ミステリでこれだけ面白いと思ったのは久しぶりです。

主人公は女子校の三年生。アーチェリー部のキャプテン。国体入賞経験者。
彼女が恋におちたところから話はスタートです。

でも、この話は恋物語ではありません。
彼女のいろいろな事情と、彼女の片想いの相手のいろいろな事情がからみあって、ふたりはいつしかパートナーとして、自分たちの街を襲う事件と立ち向かうことになるのです。

ゆれうごく高校三年生女子のこころと、様々な人たちとの交流がみずみずしく描かれるだけでなく、現代社会のかかえる問題の周辺などが事件を通して描かれ、ただの青春ミステリではない深みを感じることが出来ました。

不思議なタイトルの意味はこの話の重要部分なので明かすことは出来ませんが、ともすると暗い雰囲気に落ち込んでしまいそうな話が明るく爽やかに展開するのに重要な役割を果たしています。

がちがちの本格ミステリ読者にはあまりお勧めできないかもしれないですが、ちょっと不思議な話でも大丈夫な方なら楽しめると思います。

私は読んでいて女子校に通いたくなりました。
いや、女子校じゃなくてこの話に出てくる女子校の園芸部のテリトリーに行ってみたい!
いろんな花を丹誠こめて咲かせて、文化祭をデコレーションして、来校者に分けてあげるなんて、素晴らしい趣向だなーと思います。

さぞかし華やかな文化祭なんだろうなー。うっとり。

事件は短編連作形式ですので、もうすこし突っ込んで欲しいと感じるところもありましたが、全体で一つのお話としてみたらこれは素敵なエンディングなのではないかと思います。

読んでよかった!

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)