『ももんち』

ももんち (ビッグコミックススペシャル)
冬目 景
4091825508



借りて読了。


美術予備校に通うほんわり系女の子の日常をほのぼのと描く連作シリーズ。
一巻で完結。

「ビッグコミックスピリッツ」で連載されていたものらしい。
スピリッツにこんなマンガが載ってるのか……。

ヒロインの岡本桃寧は美大を目指している一浪中の女の子。
父親は行方不明だけど兄と姉に過保護気味に甘やかされていた彼女は、このたび自立を目指してひとり暮らしを始めることに。

しかしかれらが過保護なのには理由があって、桃寧ちゃん、ちょっとおっとりマイペースな引っ込み思案の性格でどうも危なっかしい。

同い年の友人達もそんな彼女を可愛がり、なんとなく妹扱い。

そんな彼女にもいろんな出会いや悩みやあわい恋があるのでした。

とこんな感じのストーリー。
なんとなく私が昔読んでたころの少女マンガっぽい雰囲気です。
と思っていたら、作者さんご本人があとがきで「70年代から80年代初頭の少女マンガ」を書きたかったと明かしておいででした。
なんだ、そのまんまじゃん!

それで今はこういう話は少女漫画誌では絶滅していると思ってました。
それが青年誌に載ると受けるのですね。不思議な気持ち。
かつての奥ゆかしい乙女心が、男性にはいまや求めても得られない夢まぼろしなのかも……?

作品そのものはとっても楽しく読みました。
ももちゃん、癒し系のかわいい女の子で一生懸命なところに好感もてます。
お兄ちゃんとお姉ちゃんとお母さんがいい味出してます。
最後まで顔が見られないお父さんも、得体の知れない存在感。
同性友人二人もべたべたしてない気が置けない感がよし。
松本君、登場時の目つき悪すぎ(苦笑。

個人的にはミイラになってたというモルモットに同情を覚えました。
キューキュー鳴いてただろうに……。ううっ。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)