『図書館戦争 LOVE&WAR 2』

図書館戦争LOVE&WAR 2 (花とゆめCOMICS)
弓 きいろ
459218047X



借りて読了。

近未来、歴史改変、図書館、軍隊がキーワードの少女マンガ。シリーズ第二巻。

一巻で話の説明を忘れたので大あわてでやってみますと、
メディア良化法なる悪書追放法をもとに地方を弾圧する中央に対抗し、資料収集閲覧の自由を守るため武力を持って立ちあがった図書館側=図書隊。
かつてその図書隊の図書士に救われ、憧れて入隊した新米図書士の笠原郁の成長と恋をアクションを交えて描く、スリルとサスペンスとお笑いとラヴ満載のストーリーです。

なんといっても楽しいのは、新米達の厳しい指導者二等図書正の堂上教官(出来る男だけどチビ)と、思いこんだら一直線の体力派の郁(身長170センチ)のごくごくまっとうなお笑いラヴストーリーと、周囲の人物達の関わり方でしょう。

とくに郁の同期のエリート手塚の存在が可笑しいです。
ライバル意識むき出しでさんざん郁にダメ出ししていたところが、その原因が判明したところでたいへんに笑えました。

このあたり原作ではあんまり印象に残ってなかったのですが、この巻を読んですごく可笑しかったところです。

マンガと原作、比べて読んでいるわけではありませんが、マンガはマンガならではの面白さを追求していると思えて楽しいです。

それに図書館の理想を追求する姿勢がまっすぐに貫かれているところが熱いですね。

図書館=地方、メディア良化委員会=中央、という図式はなるほどなあと思いました。こんなディテールが民間同士でドンパチやってるという奇妙さを少なからず救っているのだと思います……でもやっぱり不自然だと思うけど(苦笑。

シリーズは続刊も出ている模様です。

図書館戦争LOVE&WAR 3 (花とゆめCOMICS)
弓 きいろ
4592180488


Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)