『悪魔のソネット 美形悪魔は契約しない!?』

悪魔のソネット 美形悪魔は契約しない!? (角川ビーンズ文庫)
栗原 ちひろ
4044514097


[Amazon]


いただいて読了。

十九世紀のイギリスみたいな国を舞台に、突然孤立無援になってしまった女の子の前向きな毎日を悪魔がらみで描く、ファンタジーコメディー。シリーズ第一巻。


ノースランドの貴族の娘ジャスティン・カーライルは父親と世界中を旅していた。父から祖母の見舞いを頼まれて一時帰国するが、実家の城で待ち受けていたのは父親の親友オルムステッド。かれは父親がすでに死亡し、遺産はすべてオルムステッドがつくった私立男子校に投じられ、自分は邪魔者であるという“事実”をつたえる。身の危険を感じたジャスティンはみずから偽名を名乗り、下働きを志望する。晴れて女中となった彼女に父親からの小荷物が届いた。なんとかオルムステッドのもとから回収したジャスティンは、それが悪魔を封じた本であることを知らず、封じられていた美形悪魔レクスを出現させてしまう。レクスは彼女に言い寄るが、ジャスティンは美形が大嫌いだった。かくしてジャスティンの悪魔連れの奇妙な日々が始まる。



ベースは小公女なのかなーと思う筋書きでした。
美人で元気溌剌、才気煥発、なのに庶民的で飾らないジャスティンが、女子校に行くはずだったのになぜか突然財産を失って孤立無援に。
裏切り者の父親の親友の屋敷とかれのつくった男子校の下働きになって屋根裏部屋にすむことに。
周囲からは誤った噂から軽蔑されるものの、本人はいたって前向きに仕事をこなす。
そして、謎めいた助け手が現れて……いや、この場合本人にとってははた迷惑なだけの援軍ですが(汗。

台詞の多くて展開が速く、話はサクサクと進んでいきます。
たぶん、「オペラシリーズ」よりも読みやすいんだと思います。
でも私には合わなかった。
キャラクターが記号のままで、すべてが頭で考えたまま書かれているような雰囲気。
物語世界の厚みがあんまり感じられなかったことが原因かと推測。

身の置き所を見つけられないままに読み終えてしまいました。

「オペラシリーズ」もはじめの頃はそんな感じがありましたが、でもあちらはまだファンタジーの魔法の香りが感じられました。
このシリーズはそんな期待がいだけるのか、少々不安だなー。

とりあえず、つづきもいただいているので読んでみます。

悪魔のソネット 男子校で秘密の召喚 (角川ビーンズ文庫)
栗原 ちひろ
4044514100

Comment

No title

私は悪魔軍服萌えだけで読んでますw
オペラは3巻から俄然面白くなってきたから、これもあと一冊は買ってみようかなーと思ってるんですが。
さらに2巻の方が合わなかったんですよね(^_^;)。ヒロインがいい子すぎてダメだった私的には。

> 私は悪魔軍服萌えだけで読んでますw

軍服はカッコイイですよねv
でも中身があれじゃあなー。
しかも何故軍装なのか理由が不明(苦笑。

二巻を読み始めました。
二巻を読んでいておもったのは……タニス・リーの「平らな地球」と似てるかもと。悪魔たちの設定がですが。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)