『ピアノの森 7』

ピアノの森―The perfect world of KAI (7) (モーニングKC (1444))
一色 まこと
4063724441



借りて読了。

野性のピアノ天才児一ノ瀬海の、たぶん波瀾万丈のピアノ人生を描く音楽マンガ。シリーズ七冊目。

この巻は、たいせつな森のピアノが失われた後、衝撃に自分を見失った海が自分はピアノと深くむすびついているのだと気がつくまでの紆余曲折でした。

なんとかして海を薄汚い底辺からひきはなそうとする母親。
海の才能を開花させるためにベストな方向に連れていこうとする阿字野先生。

そんな大人たちのかれをおもうがゆえの思惑を大きく裏切り、海は自分で見いだしたピアノの道を自力で歩もうと決意するのでした。

眩しいな~!

そんな海のいろいろを知らないくせにしっかと信じてて、着実に自分の道をあゆみつづける雨宮君。君もキラキラしているよ!

ふたりが対等に向かいあうまでにはまだまだ時間がかかりそうですが、それまでの道のりもまたとっても面白そうです。

路上コンサートのエピソードが楽しかったなー。

つづきも借りますv

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)