オリキャラ「実は」バトン

オリキャラ「実は」バトンを回していただきました。
バトンに答えるのも久しぶりです。
ちょっと恥ずかしいのとネタバレ気味なのでたたんでおきます。

*回してくれた方は誰ですか?

冬木洋子さんです。


*指定されたキャラをフルネームでどうぞ。

フィアナ・フィアリルサーナ・フィリアーナ・フィリオリル・フィランディアリル・フィオリデス・エルティアード・レイシア・グウェンディリル・コーヴェンダイン・デュアーリス・イェルスィニア・ヴィンドリサリア・エルメルシス・ディアネイア です。

これを書くのに本文を探しまわってしまいました。
設定書に書いてなかったんです。
書いておくべきだ、と痛切に感じたのでいま書いて保存しました。

なんでこんなに長いのかというと……面倒なので知りたかったら本文をどうぞ。
ファンタジー長編『天空の翼』のヒロインです。


*そのキャラの生みの親歴は何年?

連載を始める三ヶ月前くらいに生まれて始めたのが2003年なので……、いつのまにか六年経ってます(汗。

*手、かかります?

かかるようなかからないような。
初めの意図とは全然別方向に成長してくれたので、その過程ではかなりかかりましたが、方向性の定まった今ではほとんどかからなくなりました。


*では、そのキャラの基本的なプロフィールからお答えください。

神の宝玉を戴く巫女で階位は六位。通称が六の巫女。
三歳の時から巫女として神殿で暮らしていたが、おちこぼれで、ほぼ雑用係をしていた。
十七歳だけどずっと幼く見える。
歌が大好きで声が美しく、耳もいい。

波うつ淡い金髪は腰のあたりまでの長さ。
暮れかけた空の色をした大きな眼。肌は白。
小柄で肉づきの悪い華奢な身体(発育不良)は、エネルギー消費効率がとても悪く、そのため大食いでいつも腹を空かせている。
眠たがりでもある。
運動音痴で手も不器用。
感情の起伏が激しい模様。


*では次に、「実は…」なプロフィールを。

神の宝玉の心臓部分を半分だけ、胸の奥にかかえている。
いにしえの言葉を忠実に再現する能力があり、巫女としての潜在能力が高すぎることを懸念されて、修行をさせてもらえなかった。


*ではでは、このバトンで初めて明かす、キャラの「実は…」を1つどうぞ。

うーん、「実は…」考えた設定はほとんど本文に書いてしまってるのですが、なぜ宝玉が身体の中にあるのかとか書いてみてもいいかな。

それはフィアナが二歳半の時に丸呑みしたからです。

あ、ドン引きされた……?


*指定されたキャラの誕生秘話ってありますか?

えーと、フィアナはたしかヒーローのルークと対で考えたキャラなんですよね。
もともとは「巫女と守護騎士のでてくる王道ファンタジーを書きたい!」という欲望から始まっていて、そもそもこのふたりは、俺様お兄さん騎士にスパルタで成長させられるツンデレ少女巫女という設定だったのです。

んが、この設定では私が上手く話を展開できずにぐずぐずだらだらとこねまわしていたところ、まず、話のナビゲーターがいるなと思い作ったキャラがお兄さん騎士になってしまいました。これ、カーティス卿です。

そしたらヒーローがなぜか忠犬ハチ公になっちゃいましてね……。
それにあわせて書いているうちにヒロインにはねぼすけだったり大食いだったりと妙な設定が泥縄式に増えてゆきましてね。

いつのまにか天然ねぼすけ腹減りっ子ヒロインがそこにいたのでした。
はははw

*お疲れさまでした。最後に次に回す人と、その方のキャラさんで隠されたプロフィールを知りたい人を指定しちゃって下さい。

松木響子さんへ。
『永遠の恋人』のオスヴォルトでお願いしまーすv

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)