『バガボンド 3』

バガボンド(3)(モーニングKC)
井上 雄彦 吉川 英治
4063286444



借りて読了。

江戸時代の初期に活躍した剣豪・宮本武蔵の生涯(?)を臨場感たっぷりに描く、時代コミック。シリーズ第三巻。

前巻でさまざまな行き違いから故郷と決別した武蔵(たけぞう)。
新免武蔵の名を捨てて、ここに宮本武蔵が誕生します。

で、何をするかというと、やはり「天下無双をめざす」んですな。
そしてそれを剣の道で実現しようというわけです。
ようするに、俺が一番強いんだ! ということを公言したいんだと思うけど、それを他人をのして証明しなければならないあたりが男の子ってヤツなんだろうな。

自分が強いことは自分がわかってりゃいいことなんじゃないかと思うのですが。
それは悟りの境地に達した引退者の意識ということなのか。

生き物の雄としては縄張り争いとか集団での地位へのこだわりとかが本能に組み込まれているのかなあ。

とにかく京の都に出て道場破りを試みる武蔵です。
相手は天下一の吉岡道場。
ここでの出来事がこの巻のすべて。で、まだ終わってない模様です。

そして武蔵を裏切って女と遁走した又八君が再登場。
かれはもうひとりの武蔵として今後もへたれっぷりを披露してくれるのかなと感じています。

血湧き肉躍る展開でした。
面白かったです。

余談。
前の感想に、リアルな絵なのにどれだけ血みどろになっても気持ち悪くならないと書きましたが、その理由はなんだろうと考えておりました。
もしかすると、線に色気が少ないからかなー。

こんなところで例としてあげていいものかどうかわかりませんが、私、手塚治虫がすごく苦手なのです。手塚マンガのグロい表現はちっともリアルじゃないのにものすごく気持ち悪い。あれって手塚マンガの線がエロいからなんじゃないかと、ふと思ったのでした。

で、井上雄彦の線にはエロさが少ないのかなと思いいたったというわけです。

ほんとにまったくの余談でした(汗。

バガボンド(4)(モーニングKC)
井上 雄彦 吉川 英治
4063286584

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)