『のだめカンタービレ 23』

のだめカンタービレ #23 (講談社コミックスキス)
406340773X



クラシックコメディーマンガの完結編。

大団円とはいかないけれど、前向きでしあわせな日常的結末。
一読後は、え、これで終わりなの、あっけない、と思ったのですが、二度読みして周到に伏線が回収されていることに気づきました。

ストーリーは反復しているのですが、反復しているようですこしずつ問題を解決して前進している。
人生って案外こんなものじゃないかなあと、むしろ現実はすこしずつ後退というのもまたぎゅんと後退して転落というのもありなので、こういうのが理想的な進み方なのかもしれないなあ……。

なにより、のだめが音楽することに他人に寄りかからない自分自身の意味を見いだしたことが大きいよね、と思った。

そして千秋先輩って、じつはのだめに最初から最後までめろめろだったんだねぇ。
ニナの言ったひとことに妙にウケてしまって、そこだけ何度も読み返してしまいました。
あと残念メール!(笑。

とてもおもしろくて笑えてためにもなるシリーズだったなあと感慨深いです。

残念といえば、在日本の脇役たちのその後がよくわからないことでしたが、どうやらかれらのエピソードがこれから連載されるそうなので楽しみにしています。

峰君なんか、いま何やってるんだろう……(微苦笑。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)