『乱と灰色の世界 1』

乱と灰色の世界 1巻 (BEAM COMIX)
入江 亜季
4047261459



読了。

ぶかぶかスニーカーを履くとグラマー美女に変身する、じつは八歳の女の子魔女・乱と、その家族たちのマジカルな日常を描くマンガ。シリーズ、開幕編。

短編集『群青学舎』の作者さんの、はじめての長編連載。といっても連作短編形式です。

まずもって絵の色っぽさに呆然とします。
以前からどんどん線がエロくなってきてるなあと感じてたのですが、なんなの、このむんむんな感じ。
乱の変身後の姿が色っぽすぎる。『不思議なメルモ』みたいだよー、と古すぎる例えでスミマセン。

美女バージョンの乱も色っぽいけど、登場人物の子供以外がみんなフェロモンむんむん。
とーちゃんとにーちゃんはちょっと劇画調の男っぽさ。まるで堅気じゃありません、ひい。

展開されている話は女の子のちょっとした魔法がらみの冒険なんですが、この雰囲気……けして隠微ではなくあっけらかんと明るいのですが、とにかく色っぽくてちょっとめまいが(汗。

そんなわけでじつは危ない橋を渡ってたりする乱が無邪気に相手の男を翻弄したり、魔女のお母様が常識外れの礼儀を果たそうとしたり、クラスのいじめっ子(ものすごく目つきが悪いがこれはあとで変化するのか)がとても乱を意識していたり、狼に変身するにーちゃんがお母様の実家の女性たちにもてもてだったり、とーちゃんは誰かの到来を恐れてカラスになって逃げちゃったりする、そんなお話です。

面白いんだけど、私、この色気にかなり当てられてます……ついていけないかも(汗。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)