スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バガボンド 8』

バガボンド(8)(モーニングKC)
井上 雄彦 吉川 英治
4063287203



借りて読了。


江戸時代初期の剣豪・宮本武蔵の若き日を描く時代コミック。シリーズ第八巻。


ひたすらに“強さ”を追い求める男たちの物語。

今回はひきつづいての武蔵と胤舜との対決。

無敵の強さを誇る胤舜の人間としてのいびつさの理由がその対決中に語られるという、スピード感を殺しても深みをとるぞ、という決意表明のような展開でした。

アクションも手を抜かないけど、魂をこそ追求するぞ、というような。

胤舜の魂が思い出す過去の出来事が、胤舜だけの個人的な体験として展開せず完結もしないところに唸らされました。こんな書き方があったんだ……。すごい離れ業だけど、有無を言わさず納得させられてしまった。うーむ……。

胤舜の開眼を武蔵がどう受けとめたかはいまいち不明というか、まだ自分のことだけでせいいっぱいて感じですが、武蔵もまた、半歩ずつでも前進しているなと感じました。

なのに又八ったら………。
出てくる度に失望アンド失笑してしまう。
ばあちゃんも息子見つけたら有無を言わさず村につれ帰ればいいのに。

この親子、どこまで行ってもトラブルメイカーなのか。
武蔵だけだと重くなりすぎる話のバランスをとる役割なんだろうけども。

なんにしても又八君はまたやってくれてます、というところで次回へ続く、です。

まったく、どうしてくれようか又八(笑。


バガボンド(9)(モーニングKC)
井上 雄彦 吉川 英治
406328736X

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。