『犬夜叉 45』

犬夜叉 (45) (少年サンデーコミックス)
高橋 留美子
4091203507



読了。

戦国時代にトリップした女子中学生日暮かごめが、半妖の少年犬夜叉や仲間たちとともに四魂の玉のの欠片を求めて旅をする、伝奇アクションコミック。シリーズ第四十五巻。

すっかり月一でしか読めなくなってしまった『犬夜叉』です。

この巻はひきつづき、奈落対、奈落の分身・魍魎丸と赤子の対決。

プラス、四魂の玉をひとつにしようとする巫女翠子の遺志に無力化されてしまうようになった欠片のために危険にさらされることになった鋼牙君と、やはりひとつに集めて一気に浄化しようとする桔梗から琥珀くんを、それぞれから守ろうとする犬夜叉たちが、奈落との戦いのなかで葛藤する話になっています。

奈落のなかでの争いに犬夜叉たちは直接かかわりがないような気がします。どちらが勝っても強敵に変化するのは眼に見えているから。それにどうせ奈落の心は引き継がれるんだろうなと思うし。

ただ、わずかに奈落の手を逃れている四魂の玉の欠片を所持しているものたちの運命に、スリルを感じて読んでいました………んが。

ええっ、そんなところから!?
という不意打ち攻撃を喰らって目眩がしてしまいました。

うわー、たしかにそういう運命が待っているという設定がありましたよ。
でもこのところののんびりゆったり展開ですっかり油断していました。
それがいきなりここに来て生き返るとは!

考えてみればこれは相当重要な伏線なので……いや最初は伏線なんかじゃなく公然としていてただ私のなかでいつのまにか伏線化していただけなんですが、これは回収しないとやっぱりかなりまずいでしょう。
その回収がいまはじまったってことは、つまりようやく終わりが見えてきた、てことか……!

うーむ、なにか感慨深いものが……。

ここまできたら一気に最後まで読んでしまいたいですねえ。
それができるならとうにしているんですが(涙。


犬夜叉 (46) (少年サンデーコミックス)
4091205585

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)