『町でうわさの天狗の子 6』

町でうわさの天狗の子 6 (フラワーコミックス)
岩本 ナオ
4091331785



読了。


天狗の父親を持ってるけどごく普通の女の子の、ゆれうごく女心とちょっと不思議な日常をだいたいはまったりと、ときどきドキドキに描く、ファンタジーコミック。シリーズ第六巻。

この巻は京都での修行から戻ってきた瞬ちゃんとの再会と、クリスマス、年始の行事が立て続きます。

離れていた間に瞬ちゃんとの距離のとり方がわからなくなってしまった秋姫ちゃんの狼狽が楽しかったです、て、楽しんでいいのか?

秋姫ちゃん曰く「ツン98%」の瞬ちゃんですが、かれも内心は相当焦っているのではないかと想像いたします。わはは。

秋姫ちゃんの妄想大暴走! なところも可笑しかった~。

このふたりに石鎚山の五郎坊がからんでのエピソードはあちこちがすれちがいやかけちがいばかり。笑いました。

タケルくんの出番がかなり減ってしまったけど、瞬ちゃんのお友達としてかれは日々を楽しんでいるようなのでよかったです。

じれじれラブのいっぽうでストーリーには不穏な影も射してきて、ますます話が面白くなって参りました。

ワタシ的にはお山で修行中のメンバーがさりげなく人型で活躍してるのが嬉しいです。
タレ目のタヌキ・四郎坊の出番がなにげに増えていますが、今回の目玉は三郎坊でしょうか。
いつのまにか、赤沢ちゃんとハイレベルの恋を演じてるし!
キツネのくせにかっこいいし!

彼と彼女はこれからどうなるのなかあ……。
あ、でも、天狗と人のカップルがいるんだからいいんだよねこの世界では。
ていうか、これもパラノーマルロマンスの部類にはいるのでしょうか、もしかして。

心配なのはやはり秋姫ちゃんですな。
ダメだよ、義理チョコにそんなに手間をかけたらいけないよ、誤解のもとだよ!
と誰も言ってくれないのね、高校生女子たち……(苦笑。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)