『ヴィンランド・サガ 9』

ヴィンランド・サガ(9) (アフタヌーンKC)
幸村 誠
4063106721



読了。

中世の北ヨーロッパを舞台にひとりの少年の成長をハードな時代背景とともにえがく、歴史コミック。シリーズ第九巻。

アイスランドの自由農民の出身だったトルフィンが、父親の仇とともに戦乱のイングランドを転戦していた話が終わった前巻、このあとどうなると思ったら、なんとトルフィンは奴隷になっておりました。

このふぬけたトルフィンの姿、アシェラッドが見たら怒るだろうなあ、いや失望するか。
しかし、トルフィンは第二の父親ともいうべき存在と生きる目的を見失ったのだから、自失してもしかたないよなと思います。

相変わらず、物語世界はリアルでハード。中世北ヨーロッパの冷たい大気に汗臭い雰囲気がむんむんとしていて素敵です。

ふぬけた農奴になってもトルフィンは結構有能っぽいです。
それと、いまだに生への執着は残っているようなのが救いでした。

あらたな登場人物がつぎつぎに登場し、つぎの人生の師ではないかと思われる人物も現れて、ますますつづきが楽しみです。

トルフィンを一生懸命に探しているひとたちと出会えるのはいつの日だろうか……w


シリーズ開幕編はこちら。

ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンKC)
幸村 誠
4063144232

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)