『夏目友人帳 10』

夏目友人帳 10 (花とゆめCOMICS)
緑川 ゆき
4592186702



読了。

あやかしが見えるせいで孤独に育ってきた少年・夏目が、しだいに人と関わるようになっていくさまを小さな事件とともに描く、連作集。シリーズ第十巻。

もう十巻かあ……時の経つのは早いものです。
夏目はもうずいぶんひととの関わりが増えてきていて、今回は昔の嫌な思い出と関係のある人物が登場したりするようにもなりました。

だんだん、指先をそっとふれるようなものから、手のひらを合わせて握手するようになるまで進化したような感慨があります。

それでも夏目はあやかしとの関わりを断たないんですよね。
あやかしへの感情移入をやめずに人間とも交流する。
夏目にとっては異界も現実も等価なんだなー。

ということは、夏目はどちらの世界にも深入りはできないのか、あるいはどちらの世界へもおなじように深入りしていくのか。どっちつかずでは世界バランス的に奇妙な気もします。

夏目が人間と関わって傷つく話がとても苦しいわたしは、どうやら人間が苦手であるなーと感じます。
のでできれば話はあやかし関係に絞って欲しい気もするけど、夏目にはどちらも捨てて欲しくないような気もするのですよね。

夏目はまだまだ成長していく若者だからね。

ニャンコ先生はあいかわらずラブリーvでした。
ニャンコ先生のフィギュアが欲しいw


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))
緑川 ゆき
4592171586

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)