『ミストスピリット 霧のうつし身 2 試されし王』

ミストスピリット 2試されし王 (ハヤカワ文庫FT)
ブランドン・ サンダースン Brandon Sanderson 駒田 絹
4150205124


[Amazon]

読了。

緻密な世界構築とユニークな魔術設定に、スピード感あふれるアクションシーンが印象的な異世界陰謀アクションファンタジー、第二部の第二巻。

〈終の帝国〉打倒がかなってからの世界をえがく第二部は、古いシステムが崩壊した後で新たな価値観を反映したシステムの構築がたいへんな労力と困難を伴うものである、ということが若き王への試練として描かれていきます。

ちとネタバレ気味なので未読の方は要注意。

若き王、つまりエレンドなわけですが。
貴族出身で理論派のかれは王という地位を得たくて王になったわけではなかったので、リーダーシップという面において著しく非力でした。
その分、権力の一極集中へのためらいや決断力に欠ける面があり、それが混乱した都市ルサデルにおいてはあまりよい状況をもたらさなかった模様です。

理想を追い求めるエレンドは、父ストラフやセト卿の軍団に包囲されて次第に混乱と恐慌に陥っていく現実に、理想の実現のためにはまず理想を実現できる環境を整えねばならないことを痛感します。それには、かれの最も嫌う力の行使が必要であることにも。

そんな悩める王を愛する〈霧の落とし子〉ヴィンは、エレンドの身辺警護をする過程で身元不明の〈霧の落とし子〉の若者と出会い、絶対の力をもたらすアティウムを使い切ってしまいます。

ヴィンとの対決を楽しむかのような若者ゼインは、ヴィンとエレンドの住む世界の違いを執拗に指摘し、自分の側につくようにと誘ってきます。

ルサデルではエレンドのつくった法により設立された議会が紛糾つづき、敵との探り合いのうちに味方の中に間諜がまぎれ込んでいることが発覚。

さらに、たもち人としての使命を果たすために離れたセイズドが驚愕の真実を携えてルサデルに戻ってきます。

そしてルサデルには獣人族コロスの大軍勢までが迫りつつあったのでした。

というようなところで前巻が終わったのではないかと、読みながら推測(汗。

わたしとしてはセイズドのもたらした情報が一番気になるところなのですが、なかなか明らかにならないのでじりじり。
どうやら霧が関係していて、セイズドがルサデルまでの旅程で見聞きしてきたこととも関連があるようなんだけど、それは物語の背景にながれる底流のようなかんじです。

ヒロインのヴィンの視点からすると、霧の異常さとエレンドとの関係が目下の課題。
彼女はエレンドの求婚を拒絶していたようですが、身辺警護をつづける過程で自分はエレンドの何なのかを悩み続けてます。自己評価が低すぎるのとエレンドとの育ちの違いが大きな障害になってるようです。

さらに、エレンドは忙しくてヴィンの悩みに気づく余裕もない。
お坊ちゃま育ちゆえの鈍感さも拍車をかけていて、ときどき肩をつかんで揺さぶってやりたくなりましたが、もうこれはどうしようもないかなー。

そんなかんじでゆれるヴィンをつつきまくる〈霧の落とし子〉ゼインの存在がものすごく興味深いです。
ゼインとヴィンとの打ち合いシーンのアクションは、いつもながらのスピード感と臨場感でわくわくでした。

前作からひきつづき出演のみなさんたちもそれぞれに活躍中。

あらためてご出演のエレンド父、ストラフ・ヴェンチャーは、あまりにもな傲慢おやじっぷりに嗤ってしまいました。人間としては最低だけど、キャラクターとしては大変楽しい人物です。
ストラフの対抗馬のセト卿もつかみどころがない海千山千ぶりだし、三陣営の駆け引きはかなり面白かったです。

あとは犬になってしまったカンドラのオレ=スール。
あちらもこちらも混迷状態のなかで、かれとヴィンとの会話シーンが一番話の核心に近づいてる気のするところでした。

いやはや。
ほんとうに五里霧中な展開です。
ストーリーはどんどん進んでいるのにこれからどうなるのか、どこへ行き着くのか、皆目見当がつきません。

ようやく王としてすべきことを自覚したエレンド。
エレンドとの関係にある決着を見いだしたヴィン。
唯一、セイズドだけが同志ティンドウィルとしあわせみたいなのがうらやましいw

迫り来るコロス軍の足音を聞きながら、ストラフ軍・セト軍と対峙しているルサデルのひとびととともに戦の予感に怯えつつ、はやく続きを読みたいーと心の中で叫んでおります。

世間的にはもう第三部が刊行されているというのに。
地団駄踏み踏み……


つづきはこちら。

ミストスピリット 3 (ハヤカワ文庫FT)
ブランドン サンダースン 駒田 絹
4150205159


シリーズ開幕編はこちら。

ミストボーン―霧の落とし子〈1〉灰色の帝国 (ハヤカワ文庫FT)
ブランドン サンダースン Brandon Sanderson
4150204950

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)