『レプリカ・ガーデン 水葬王と銀朱の乙女』

レプリカ・ガーデン 水葬王と銀朱の乙女 (B’s‐LOG文庫)
栗原 ちひろ 明咲 トウル
4757745397


[Amazon]

いただいて読了。

恋をすると人間になる人形と、人形を憎む青年の恋を、硬質な文章でキャラクター小説風に描く、異世界ファンタジー。


歯車都市で人形師ヘイディによってつくられた真紅の真抱石をいだく人形イファ。美しい少年の姿をしたイファは魂持ちで、魂持ちの人形は本当の恋をすると人間になると信じられている。ある日、イファはヘイディの弟子アーセルとともに出た町で何者かに襲われた。なんとか逃れてヘイディの工房に戻るとヘイディは殺されており、持ち主のいないイファは水葬都市へと連れていかれる。貴族の伝統を受けつぎつつも商人が力を持つ水葬都市の若き青年元首フォルトナートの持ち物となったイファは、女装をさせられ、フォルトナートの人形憎悪のはけ口として扱われることになった。



凝ったつくりの設定とうつくしい描写。
硬質な文章のうつくしさは、人形の少女の恋をえがくのにふさわしいと思えます。

奇をてらった展開はもうすこしシンプルに、テーマに絞った方がより深く心理を描けたのではないかと思いましたが、かるい雰囲気を狙っているようなふしがあるので、深みより複雑さ速さを優先したのかなあと思いました。
構成はいつもながらお見事でした。

わたしとしてはこの設定でヒロインの性格がもうすこし人形的に無機質で、耽美メインで書いていただきたかったですw

読んでいて、ヒロインの性格がいつもおんなじに思えてしまうのはわたしだけかなあ。

あと、話そのものには関係ないけど、水葬都市の王バラッドとバラッドの創造者が、オペラシリーズの詩人さんを思わせて久々にウフwと思いました。詩人さんラヴですw


レプリカ・ガーデン 廃園の姫君と金銀の騎士 (B’s‐LOG文庫)
栗原 ちひろ 明咲 トウル
4757749465

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)