『ユアン少年と小さな英雄』

暑さに浮かされながらぼんやりとテレビを見ていたら俄然はまってしまった映画です。

舞台が十九世紀のエディンバラで、主役がわんこ。
わんこが出るたびにかわええー、かわええー、と和みまくり。
エディンバラのあちこちが映るたびに、ああ行ってみたいわー、と萌えまくりでした。

十九世紀のスコットランド庶民の生活が活写されているところもツボです。

しかし、とにかくわんこ!
わんこなのです!

正直、墓地のエピソード以外は、こんなんあるかーー?と疑問を抱いてしまいますが、それもすべて愛らしいテリアの、ちょこちょこ走り回るモップのような姿ですべて許せます。

さらにラストで出てくるエディンバラ市長はクリストファー・リー御大でございます。

わんこ好きでほのぼのしたい向きにお薦めです。

密林で検索したら、DVDはタイトルが変更されてました。

ぼくとボビーの大逆転 [DVD]
ジョン・ヘンダーソン
B000T6C5B2

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)