『二番目のフローラ 一万一千の部屋を持つ屋敷と魔法の執事 下』

二番目のフローラ 下 (一万一千の部屋を持つ屋敷と魔法の執事)
イサボー・S・ウィルス 杉田 七重
4488013341


[Amazon]

読了。

一万一千の部屋を持つ荒れ屋敷に暮らす女の子が、親に敷かれたレールからなんとか決別しようとしつつも別方向に奮闘してしまう、冒険ファンタジー。下巻。

あらすじは上巻のネタバレになるので省きます。

魔法執事に取り仕切られる壮大な屋敷を持つ名家ながら、当主である母親が魔法執事を追放したためにすべてをひとりで捌かなければ成らなくなった十三歳の女の子、フローラ。

一生の運命を左右する十四歳の成人式を控えて、フュルドラーカ家伝統の軍人になりたくない彼女が、あこがれの秘密部隊の生き残りが死刑にされると聞いてから、お話が大迷走w

親友の少年ウードを巻き込んで、あっちに行ったりこっちに行ったり、あれをしたりこれをしなかったり、その合間に家事をしたりしなかったり、衰弱した魔法執事のバレフォールに精気を吸い取られて知らない間に変な絆を作られてたりと、上を下への大騒ぎです。

ちょっと細切れに読んだので、途中のどたばたがどう繋がってるのかわからなくなったりもしましたが、無人のはずのビルスキニール屋敷にたどり着いてからがさらにたいへん。

ビルスキニールの魔法執事パイモンがなぜかぴんぴんしていたり、時間が交錯したり、なんもかもがてんやわんや。

これ、ちゃんと最後にまとまるの?
すごく不安になりましたが、ちゃんとまとまってました。
ただし、親子関係においてのみ。

いろんな謎が残ったまんま、解決されない問題も残ったまんま。
これで終わるなんて殺生な……と思ったら、やはり続編がありました。

どうやらじきに翻訳も刊行される模様です。

カリファ国のある世界の、女性の出世や人外の存在があたりまえとして、それを背景に話が進む展開がたいそう面白かったです。

それにしても、フローラはどうみても秘密部隊には向いてないと思うのよ。
こんなにいきあたりばったりで向こう見ずではねえ;

フローラの歯止め役かと思いきや、途中ひとりで突撃して行ってしまうウードくんがたのしかったですvv

ほんとうのフローラ 上 (一万一千の部屋を持つ屋敷と魔法の執事)
イザボー・S・ウィルス 杉田 七重
4488013414

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)