スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『退出ゲーム』

退出ゲーム
初野 晴
4048738984

[Amazon]

読了。

現代日本の高校生が主人公の、青春ミステリ連作短編集。

収録作品は以下の通りです。


結晶泥棒
クロスキューブ
退出ゲーム
エレファンツ・ブレス



ダークで幻想的な『漆黒の王子』『水の時計』の作者さんの、ミステリ面をつよく押し出した短編集です。
雰囲気も青春物らしいあかるさがあって、読み出したときは戸惑いました。
日常の謎の話だったので;

まあ、それが嫌いなわけではないので、読み進むにつれて慣れていき、そのまま、すこしラノベっぽい雰囲気のキャラクターが活躍する青春ミステリとして楽しみました。

ヒロインのバレー部出身でいまは吹奏楽部員と、高校生になって再会した幼なじみの男の子ハルタのコンビのやり取りが軽快です。

話もたんなる謎解きではなく、登場人物の感情に深い関わりのある展開になっていて、読みごたえがありました。

それに、次第に作者さんらしい現実の厳しさをかんじさせるエピソードも取り上げられていき、最後の一編であきらかになる史実には言葉を失いました。

それまで昼の明晰さに隠されていた夜の慟哭がいきなり表面化したみたいだった。びっくりしました。
やはり、『漆黒の王子』を書いた人の作品だった、と思いました。

面白かったです。
じつは去年最後に読んだ本だったのですが、感想を書くのが遅くなって申し訳ないです。

単行本で読みましたが、文庫になってます。
退出ゲーム (角川文庫)
初野 晴
4043943717


それと続編もすでに文庫になってる模様;
初恋ソムリエ (角川文庫)
初野 晴
4043944551

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。