『火星ダーク・バラード』

火星ダーク・バラード
上田 早夕里
4758410216


読了。

同僚殺人の罪に問われた火星の捜査官によってあばかれていく大きな背後関係を持つ謎、未来の人類を生み出そうとする計画を描く、未来SF。

第四回小松左京賞受賞作品。


人類が火星に移住するようになった未来。火星治安管理局の捜査官PDとして凶悪犯の護送任務に当たっていた水島烈は、乗車していた列車が急停止したのち、異様な怪物に襲われる恐怖と痛みの伴う悪夢とともに意識を失った。気がつくと犯人は逃走し、同僚のひとりは重傷、バディーを組んでいた神月璃奈は死んでいた。身柄を拘束された水島は、自分が同僚殺人の容疑者になっていることを知って愕然とする。いったい、あのとき何が起きたのか、自分は本当に璃奈を殺したのか。解放されたものの、真相を突き止めるために単独行動を始めた水島は、真相隠ぺいに上層部が関与していることを知る。いっぽう、管理保護されて育てられた少女アデリーンは、自分の能力の不安定さに悩んでいた。彼女は友人シャーミアンとともに繰り出した街で、覚えのある感情波をとらえた。それは、彼女の内面を大きく掻き乱し、能力の暴発を誘発して列車事故の原因となったひとりの男の感情波だった。



面白かったです。
安定して読める、わりと一般人向けのSF小説、という印象を受けました。

現実として火星が植民地となりえたときに起きるかもしれない出来事を、今の技術の延長でリアルにシミュレートして描き出していて、しかも小説としての完成度が高い。

新しい技術と新しい環境の元に、新しい事態に直面した人間たちの、それでもなお変わらない愚かさやあやまち、こころざしや優しさつよさのドラマです。

この小説の面白さは、一般小説の面白さですね。
SFとしてもしっかりと考証されていると思うけど、既出のアイデアが多く、斬新とか目を奪われるとか、そういう新鮮さはあまり感じられませんでした。

そのかわり、登場人物たちの背景がしっかりとかきこまれていて、地に足がついていて、あらためて考えると未来を舞台にしたハードボイルドものといってもいいかもしれません。

主人公が三十路の熱血漢で、ヒロインが十代の美しい少女ですからねー。

そして、話が進むにつれて舞台が大掛かりになっていくのは、とても映画的な気がしました。
アクションSFとして映画にしてもよさそうです。

初めて読んだのですが、小松左京賞、ってこういう賞だったんですね。
一部のマニアだけではなくひろく一般に受け入れられる、娯楽として楽しめてなおかつ、人間の行く末を問うような、そんな作品でした。

個人的に、火星が舞台だというのに思い入れがあります。
ブラッドベリではなく、萩尾望都ですがw
なんか勝手にいろいろと彷彿とさせられるシーンがあって、感慨にふけってしまいました。


単行本で読みましたが、例によってすでに文庫化されています。
火星ダーク・バラード (ハルキ文庫)
上田 早夕里
4758433720

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)