『メキト・ベス漂流記 王族の力』

メキト・ベス漂流記 王族の力 (カドカワ銀のさじシリーズ)
西魚 リツコ 橋 賢亀
4041100712


[Amazon]

読了。

貧しい島から口減らしのために圧政者の元に差し出された少年少女が、美しく不思議な力を持つメキト・ベスとともに困難を切り抜けていく、スケールの大きな異世界海洋冒険ファンタジー。三部作の第二巻。


故郷の島から離れ、ドバク公爵率いる赤の船団、スペシダレル伯爵の黒の船団に引き取られた少年ナオと少女エマ、そしてふたりの助けた幼子のような謎めいた青年メキト・ベス。船の生活で世界を支配する王の強権と圧政を目の当たりにし、世の中の理不尽さを思い知ったふたりは、メキト・ベスの存在の不思議さをも強く感じるようになっていた。ときならぬ大嵐の最中、スペシダレルを裏切った船長ニール・ゴーと船団から逃れてベルヌン島にたどり着いたふたりは、メキト・ベスとともに身を潜めた。しかし、ベルヌンで海岸に建設されていた塔が崩壊するという事件が起き、大工見習いをしていたナオは巻き込まれてしまう。ナオを救ったメキト・ベスは、気がつくと美しい女性の姿になっていた。



イメージ力に圧倒されてしまう、スケールの大きな物語です。
描かれる世界の画像的なこまやかさに驚嘆。
さすがに元漫画家さんだなあとうなります。

なんといっても凄いのは、帆船によって構成される大きな船団の様子。
赤の船団、黒の船団とそれだけでも凄かったのに、今回現れる白の船団の迫力には参りました。
林立する帆柱。風に膨らむ帆布。まるでお城のようにそそり立つ、圧倒的な力の象徴ですね。

それに海洋物ならではの、海の描写。
波のうごきや海の破壊力をあらわすイメージの豊かさにはぼう然とするほどです。

そんな海の迫力と拮抗する、人間たちの利己的かつ強欲な権力闘争のシビアなこと。

きびしい世界だなーと思います。

物語は波乱万丈ながらタイトな展開で、状況に翻弄される子供たちとともに読み手もずんずんと流されていくかんじ。

流されたはてにたどり着いた場所には、ひええと驚かされました。

このはなし、そういう話だったのね……;

どこまでもシビアにつづく異世界ファンタジーの終着点がどうなるのか、ものすごく続きが気になりますが、完結巻はすでに刊行されています。

メキト・ベス漂流記 最後の旅 (カドカワ銀のさじシリーズ)
西魚 リツコ
404110100X


ところで、派手な展開に比べて地味に描かれがちな登場人物たちですが、スペシダレルさんはひそかに萌えキャラなのではなかろうかw

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する