『アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う 英国パラソル奇譚』

アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂(うれ)う (英国パラソル奇譚)
ゲイル・キャリガー sime
4150205426


[Amazon]

読了。

人間と人狼と吸血鬼が共存する19世紀イギリスを舞台に、大柄なヒロインが獅子奮迅の活躍をする、ヴィクトリアン・スチームパンク・パラノーマルどたばたファンタジー。シリーズ第四巻。


〈魂なき者〉=反異界族のアレクシア女史は、吸血鬼群のやむことなき暗殺の試みから逃れる為、表向きは親友のはぐれ吸血鬼アケルダマ家の隣に住み、実際はアケルダマ屋敷に居候することになった。身重の身体で引っ越しの陣頭指揮をとるアレクシアだが、仲の悪い実の妹フェリシティーが訪ねてきたり、人狼になりたての若者ビフィが問題を抱えていたりとごたごたつづき。ようやく落ち着いたと思った時には突然ゴーストがあらわれ、ポルターガイスト寸前の支離滅裂さで女王陛下暗殺計画を警告される。夫のマコン卿は身体を気遣い手を出すなというが、重大懸案を前に言われて引っ込むアレクシアではない。さっそくビフィをお伴に膨らんだ身体で捜査活動を開始した。




ネタだらけwww
読んでてとってもおかしくて楽しくて、ニマニマしてしまうシーンの連続でした。
面白かったー。
これ、絶対作者さんが一番楽しんでるよねと思うファン精神満載の作品です。

性格も体格も規格外れな貴婦人アレクシア・タラボッティの行動力は妊婦になっても衰えず、むしろ理性のリミッターが外れて傍若無人さに拍車がかかっている模様。
大の男(しかもみなアレクシアより数世紀年上)が三人かかってアレクシアの怒りをなだめすかそうとする冒頭から、笑えて笑えてしかたありませんでした。

個性的でなおかつツボを押さえたキャラクターとヴィクトリアンな時代風俗に奇想天外なアイテムが目白押しです。

幽霊からの意味不明な警告から端を発する女王暗殺計画の捜査に、かつての女王暗殺未遂事件がからんできて、アレクシアの捜査は迷走気味。
その合間にもフェリシティーのなぞの行動や帽子屋兼科学者マダム・ルフォーの憔悴や、人狼になりたての子犬のビフィの大騒ぎがくわわって、息をつくまもない。

そんなドタバタとすすむ話ですが、マコン卿の不幸な過去との関連が明らかになるあたりは、ちょっといやかなり深刻で、ここが話のクライマックスになってもおかしくはないくらいの盛り上がりでした。おおう、なんということだ……。

しかし、この話はあくまでもコメディー。
深刻なままでは終わらないのです。
さらにド派手でスケールアップしたドタバタの大波がやってきて、予想外の展開へと行き着きます。

プロローグの「ハは反異界人のハ」での大まじめで変な報告書や、アレクシアの親友アイヴィとのとぼけたやりとり、そして人狼団でのあかるい阿鼻叫喚のノリに、なんだかなじみ深い雰囲気だなあと感じていたのですが、読み返していて「あ」と気がつきました。青池保子『エロイカより愛をこめて』ですよ!

それからというもの、わたしの脳内では青池保子画によるアケルダマ卿やビフィやフェリシティやアイヴィが走り回ってくれて、とんでもないことになっております。

あえてだれがだれとは申しませんがかなりあり得ないよねって想像も含んでいます。
マコン卿の配役には相当な物議を醸しそうですしね、ははははは。

しかしアレクシアだけは想像がつきませんw

シリーズは全五巻で完結。本国ではすでに完結編が刊行された模様です。つづきをお待ちしています。

シリーズ開幕編はこちら。
アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う (英国パラソル奇譚)
ゲイル・キャリガー sime
4150205329

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する