『ローゼンヒルのばら姫 見習いプリンセスポーリーン』

ローゼンヒルのばら姫―見習いプリンセスポーリーン
円山 夢久 ひだか あみ
4337104011


[Amazon]

読了。

元気な行儀見習いの女の子を主人公にした、中世西洋風異世界ファンタジー。


レグルス国王の十二騎士の一人を父親に持つポーリーンは十一歳。叔母の住むファルコンヒル城で貴婦人修行をすることになった。騎士に憧れているポーリーンにとって行儀見習いは窮屈だが、あたらしい友だちもできて楽しい日々を送っていた。唯一の不安はドラゴンヒルの騎士ギルモアが部下を引き連れて暴力的に押しかけてくることだった。ギルモアはローゼンヒルのリアナ姫をファルコンヒルがかくまっていると主張し、彼女の身柄を要求しているのだった。



『リングテイル』の作者さんの、しばらくぶりの新作です。
児童書らしく平易でわかりやすい文章ですが、中世ヨーロッパふう異世界で、元気な女の子視点で描かれる騎士物語が素敵でした。

城で見習いをする女の子たち、男の子たちの生活がていねいに描かれているのもうれしかったです。

ポーリーンといとこのコーネリアのやり取りも楽しかった。

物語世界が円卓の騎士っぽいのですが、十二騎士の顔ぶれが人間だけではないのが興味深いです。他のメンバーが出てくる話も読んでみたいなー。

続きがあってもいいような終わり方だったので、シリーズ化されるのを期待しています。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する