『千年ジュリエット』

千年ジュリエット
初野 晴
4048742272


[Amazon]

読了。

全国大会を目指す弱小吹奏楽部の初心者フルート奏者女子とホルン奏者男子を中心に、高校生活で起きる事件を描く短編連作ミステリ。ハルチカシリーズ四作目。

収録作は以下の通りです。


イントロダクション
エデンの谷
失踪ヘビーロッカー
決闘戯曲
千年ジュリエット



前巻の『空想オルガン』で夏の大会を燃焼しきった吹奏楽部の、次のイベントは文化祭です。
腑抜けになってぼんやりとすごしてたチカちゃんはすっかり浦島花子ちゃん状態。
清水南高校の文化祭が、周辺地区高校生たちの注目を集める特別なものになっていたことも知らなかったのでした。

というわけで、今回は文化祭にまつわり起きる日常ミステリの短編集です。
冒頭に登場した人物に度肝を抜かれて、あっというまにひきこまれてしまいました。

とても面白かったです。

小さな空間でけっこうスケールの大きなことがさりげなく起きるのが、このシリーズの特色ですね。

一番スリリングだったのは「失踪ヘビーロッカー」かな。
「エデンの谷」はへそまがりなしみじみ感がいとおしい。
「決闘戯曲」はシリーズ一巻の『退出ゲーム』の面々が再登場。(マヤwww)
「千年ジュリエット」は主役二人が完全に脇役で、意外なところに話がリンクしています。これもしみじみ切ない系の話です。

チカちゃんの漫才相手はハルタから芹澤さんにバトンタッチされた模様です。
芹澤さんはわたし好みのかわいいツンデレさん。
ハルタもヘタレぶりと名探偵ぶりを遺憾なく発揮してます。

草壁先生の過去は、スナフキンにすっかりさらわれてしまいましたが。←読んでのお楽しみです。

文化祭ということもあって、これまで出演したゲストキャラがそこかしこでそれぞれの姿を見せてくれるのもたのしかったです。

個人的には生徒会長の日野原君が興味深かったです。
「フルメタ」の林水先輩に通じるものがあるようなw
こんな生徒会長、現実にいるのかなあ、いたら面白そうだなあw

キテレツな事件や人格とスピーディーな展開のおかげで雰囲気は明るいですが、作品のテーマは真摯で重たく、ずしりとひびく言葉がいくつもありました。
とくにスナフキンの言葉はつよかったです。さすがスナフキン。

これからの吹奏楽部の成長がますますたのしみです。

シリーズ開幕編はこちら。
退出ゲーム (角川文庫)
初野 晴
4043943717

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する