スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機龍警察 自爆条項』

機龍警察 自爆条項  (ハヤカワ・ミステリワールド)
月村 了衛
4152092416


[Amazon]

読了。

軍用有人兵器が各地の紛争に油を注ぐようになった世界。日本でも現実となったテロの脅威に立ち向かう警視庁特捜部と龍機兵搭乗員の奮闘と組織内部の軋轢とともに描く、重厚な“至近未来”警察アクション小説。シリーズ第二弾。


横浜港大黒埠頭。武器密輸の情報を得た税関と鶴見署の職員が職質した相手は、とたんに発砲。気が触れたかのように周囲の者たちを殺害し、最後に自分の頭部を撃って死んだ。コンテナの中にはキモノ——機甲兵装が二体、組み上げられた形で残されていた。ペーパーカンパニーを通して行われた機甲兵装の密輸。同様の事案は、日本各地で確認されることとなる。大規模テロ計画の存在を予測した特捜部は全力を持って捜査を開始した。ところがその矢先、不可解な捜査中止命令が下る。それは部長沖津の交渉力を持ってしても抗しきれない、政府上層部からの意向だった。



大規模破壊兵器の威力が強くなりすぎて実際には使用できない状況になった時、局地戦で大きな威力を発揮する有人兵器・機甲兵装が実用化され、これまでとはケタ違いの破壊と殺戮が都市部で起きるようになった“至近未来”を舞台にした、テロと戦う警察小説です。

機甲兵装ってつまり、ロボットなんですが、これが正義の象徴とかいうのではなくたんなる兵器として描かれているところがリアリティーであり、しかし、五年先の技術が実装された未知の新兵器が味方にあるというのが、娯楽なのだなーとおもわれます。

小説そのものは至極まっとうな地に足のついた語りで、国際情勢、おもに紛争地帯の情報がふんだんにおりこまれていて、軍事物に匹敵するようなスケールの大きさがあります。

そのうえ、日本の中でも警察とそのほかの官庁のかけひきや、警察内部での特捜部の特異な立場によって生じる軋轢があり、敵に対して一枚岩で当たることが難しいという、内憂外患な状況が描かれていて、その辺も現実的。

そんな味方に足を引っ張られつつの対テロリスト捜索で、苦労と苦悩を道連れにそれなりの成果を持ち帰るそれぞれに背景を持つ捜査員たちの有能さが読んでいて気持ちよい。

外務省からやってきた特捜部部長の沖津さんの変幻自在な外交術と明晰な頭脳戦もよみどころ。←四十代前半って若すぎですw

龍機兵搭乗員、とくにフィアボルグ搭乗員姿警部の独特な個性も印象的です。どんな事態にも余裕がありすぎでこいつ何者感が高まりすぎw
ひそかに苦労性のバーゲストの乗り手ユーリも健在です。

そして今回のメインは、対テロリスト。

北アイルランドの反政府組織IRAから分離した過激派IRFのテロリストだった龍機兵バンシーの搭乗員ライザ・ラードナーと、IRFのテロで家族を失った技術班主任の鈴石緑。

数少ない女性陣ふたりに当たったスポットが、事件の裏にひそむ人間のドラマを浮かび上がらせて、テロは何故起きるのか、テロはなにをもたらすのか、テロはなぜなくならないのか、といったシリアスなテーマに読み手をつれていきます。

とても密度の濃い、淡々とした、ストイックな文章でつづられる、ライザの過去が衝撃的。

イングランドに迫害されつづけたアイルランド人の中で、さらに裏切り者として非難されつづけたライザの生い立ちと、警察庁の中で鬼子のように疎まれ憎まれる特捜部の存在には重なるところがあります。

生存を理由に結束する集団において、敵対者は存在を懸けて排除するべきもの。
そしてよそ者、裏切り者などの身近な異分子は、それが脅威でなくとも排除することそのものが集団の結束を高めるための手段ともなるのですよね……。

暗澹としてしまいますが、理由はわかります。
生存競争が激しく厳しい環境だからこそ、結束が必要なんでしょう。
北アイルランドにおいてのカトリックと、警察においてのそれぞれのなわばり意識を同列にするのは、なんだかなーなのですが、警察も命を懸けて仕事をしている点に置いてはかわりないのかなとも思いますし。

つまり、命を預けられる相手であるかどうか、が問題なのかしら。

とか、いろいろと考えさせられました。

アクションや情報戦、かけひきなどの仕掛けも派手で、わくわくドキドキハラハラですが、人間のドラマをしっかりと描いているところが、この話にずっしりとした重みを与えているのだなと思いました。

すっごく、面白かったです。

つづきもはやく読みたいです。

わたしはハードカバーで読みましたが、すでに文庫化されています。
機龍警察 自爆条項 (上) (ハヤカワ文庫JA)
月村 了衛
4150310750

機龍警察 自爆条項 (下) (ハヤカワ文庫JA)
月村 了衛
4150310769


そしてシリーズの続きはこちら。
機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド)
月村 了衛
4152093218

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。