『ミレニアム 1 ドラゴン・タトゥーの女 下』

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
スティーグ・ラーソン ヘレンハルメ 美穂
415179252X


[Amazon]

読了。

スウェーデン発の社会派ミステリ三部作の第一部完結編。

面白かったです。
上巻を読んでからすこし時間が経ってしまったのですが、そのことを非常に後悔しました。
このシリーズは一気に読むべきです。

それぞれに行動していた上巻の登場人物が収束していく下巻。

ミカエルとリスベット、ふたりの主役の出会いはわりあい簡単に実現しちゃいましたが、ふたりが補い合って捜査を進めていく過程には興味津々。

四十年前の事件の真相が明らかになっていくのと、ふたりの関係が深まっていく過程が同時進行で、読み手をそらせません。

それにしても、経済犯罪の話だと思い込んでいたのが嘘のような、古典的なミステリ展開でした。

たしかに冒頭から陸の孤島の状態だったんですけど、謎解きもきちんとミステリしてました、とミステリ音痴のわたしがいっても説得力はないですね;

決着の付け方が大人なのも、ミステリ寄りの印象を強めました。

スウェーデン社会の暗部をかなり詳しく描いていたうえでのこの展開は、わたしとしてはちょっと拍子抜けだったのですが、後味がよいのは確かです。

当事者による生々しい事件描写が少なかったことも、ここへ着地するための布石だったのかなと思ったり。

でも、ヴェンネルストルム関連はちょっとあれ? でした。
第二部で大活躍してくれるのかと思ってたんですよ……。意外でしたね。

というわけで、第二部がどんな話になるのかまったく想像つかないのですが、そのうち読もうと思います。

その時は上下揃えておきますね。


ミレニアム2 火と戯れる女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
スティーグ・ラーソン ヘレンハルメ 美穂
4151792538

ミレニアム2 火と戯れる女(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
スティーグ・ラーソン ヘレンハルメ 美穂
4151792546

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する