『リリエンタールの末裔』

リリエンタールの末裔 (ハヤカワ文庫JA)
上田 早夕里 中村 豪志
415031053X


[Amazon]

読了。

『華竜の宮』の作者さんのSF短編集。


リリエンタールの末裔
マグネフィオ
ナイト・ブルーの記録
幻のクロノメーター

解説/香月祥宏



桁外れのスケールをもった長編とくらべると、短編集だからかわりとあっさりとした感じの作品集でした。

「リリエンタールの末裔」は『華竜の宮』の世界の内陸が冒頭の舞台で興味深かった。
長編のプロローグ的な雰囲気があるので、もしかしたらそういう構想があるのかなあと期待。

「マグネフィオ」はSF色よりホラー色を感じる、現実との地続き感のつよいお話。

「ナイトブルーの記録」は人と機械を繋ぐ心理的なお話。のちに『華竜の宮』につづいていくのかなと思わされる記述があります。

「幻のクロノメーター」は、十七世紀イングランドの実在の時計技師をとある女性へのインタビューを通して描く、技術SF。当時の都市の風俗環境描写と、物語りの構成が絶妙でした。
たぶん歴史改変もの。

短編だからか、現実からの跳躍が少ない、一般にはなじみやすそうなお話が多かったです。わたしはその点が物足りなかったですが。

そんな中では「リリエンタールの末裔」が好きだな。
収録作の中では一番未来を描いているからかもしれませんが、人間社会に生まれてしまう差別の閉塞感と、空への解放感のコントラストが印象的でした。

華竜の宮(上) (ハヤカワ文庫JA)
上田 早夕里
4150310858

華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)
上田 早夕里
4150310866

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する