『霧の王』

霧の王
ズザンネ・ゲルドム 遠山 明子
448801304X


[Amazon]

読了。

近世ヨーロッパ風異世界箱庭ファンタジー。


もうじき十四歳になる孤児の少女サリーは、館の厨房の下働き。友人は猫のカルトリーナ、その夫のルーアン。日々の労働のあと、ひとりでこっそり図書室に忍び込んで司書のウールの指南のもとに本を読むのが楽しみだ。ある夜、侍従のクリコールがとつぜん催すことにした晩餐で、サリーはひょんなことから給仕係りをつとめるよう命じられてしまう。普段は目にすることのない貴人たちの間で緊張するサリーに、侍従は欲望の目をむける。彼女を救ったのは、館の医師コルベンだった。



館が世界のすべてで、他には何も知らない少女サリーが、紆余曲折ののちに自分の置かれた複雑な状況を次第に理解していくというお話。

読みはじめて気がついたのですが、ドイツのファンタジーでした。
理由がよくわからないのですが、わたしはドイツのファンタジーがなんとなく苦手なんですよね。

でも、この本はサリーの日常生活がこまやかに描かれているところなど、苦手意識が頭をもたげることもなく、わりとスムーズに読みすすめられました。

最後の種明かしとか、話の収め方とかは、やっぱりドイツファンタジーだなあと思わざるを得ませんでしたが。

観念的というか、論理的というか。
魂と肉体ではなく頭と理論でつくった世界というか。

サリーを視点にしたおかげで話のまとまりはよくなったけど、狼の罪と苦しみが他人事になってしまった気がします。

作者のお気に入りがあれであることはよーくわかりましたがw

物語がどんどん本の中に入れ込まれていく冒頭の構造は、面白かったです。
って、エンデの有名作品もそんな感じでしたっけね。

館の日常生活の描写、とくに果樹園のシーンはすてきでした。

猫とか鼠とか狼とかの種族が、どういう設定なのかが気になりました。
同一世界を舞台にしたお話があるらしいので、それを読むとわかるのかもしれません。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する