スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『八百万の神に問う 4 冬』

八百万の神に問う4 - 冬 (C・NOVELSファンタジア)
多崎 礼
4125012946


[Amazon]

読了。

言葉で問題を解決する音導師の活躍を描く、和風異世界ファンタジーシリーズの完結編。

人々の苦しみを忘れさせる楽土の存在理由と意義を問いつづけてきた物語は、シン音導師の最後の音討議をもって終幕を迎えます。

楽土を平らげようとするディセント連邦の代理人としてシン音導師に対するのは、死んだと思われていた兄弟子のザイオン音導師。

かれはそこで楽土の成り立ちと仕組みを外で得た知識によって明らかにします。
衝撃の真実に動揺する楽土の人々。

瀕死のシン音導師は、いかなる言葉によってこの苦境を乗り越えていくのか。

数日間におよぶこの音討議の展開がこの巻の最大の見せ場です。

やはり興味深いのは、楽土の成り立ちや仕組みです。
これって日本人の精神世界そのまんまだなあと思いました。
宗教と呼ぶには理がなさすぎて、けれども漠然としているからこそ融通が利く。さまざまなものを受け入れてみせるけど、根本が変化することはない。ルーズだからこそしたたか。

日本神話には人間創造のエピソードがないそうですが、さもありなんですね。

読みながら、自然神と祖先神の信仰って、どっちが先なんだろう、並行して存在してたのかな、などと、話とは関係ない方向に思考がさまよい出てしまいました。

ザイオン音導師の論旨は、かつてのキアナ島の歴史をかんがみて、その同じ轍を踏もうとしている楽土を非難するものでした。

これまでは楽土の中だけでその意義やなんやかやを討議してきたわけですが、今回は外からの視点をもちこんでの論議となり、これがまた興味深かったです。

内と外との区別って、無意識に自分もやってそうな気がします。
内にひきこもらず、外を排除せずに心をひらいて、視野を広げなさいっていわれているような気がしました。

ほんとうにうまく物語をたたんだなあと感心しました。
これは楽土の物語、おたがいを愛し慈しむひとびとのこころの物語だったんだなー。

と、まあ、物語の流れとしては素晴らしかったのですが、人物ドラマに関してはちょっと物足りなさが残りました。

とくに冒頭からここまでひっぱってきたイーオンの物語。
起きたことはわかるし、その理由も成り行きも理解も出来るのですが、これがシリーズすべての謎を解く鍵なのだと思い込んでいたので、なんかさらっと流された気がしてしまいます。

ザイオン音導師ことヤコウの物語は、キアナ島での発見によりいたった結論に違和感が残りました。
わたしの読みが間違っているのかもですが。

それと、もうひとりの重要人物リオン。
かれの告白は大変に重要でしたが、かれの視点でしかわからないところにもどかしさが残ります。

イーオンとヤコウがリオンをどう思っていたのかを、もうすこし描いて欲しかったな。
物語としてはこれで十分に完成しているのですが、そのあたりを加えて冬だけでも上下巻くらいにしてもよかったんじゃないかなーと思ったり。

大きい猫さんは楽しかったです。最後まで読むと感慨深い。

物語のおおきな救いはシン少年の成長でした。
ふりかえってみると、このシリーズ通しての軸はじつはかれの物語だったようですね。
ちょっと出来過ぎだけど、かれのおかげでほっとしたところがたくさんありました。

おかげで読後感がたいそうよかったです。

いろいろ濃密な読書をさせていただき、感謝しています。

シリーズ開幕編はこちらです。
八百万の神に問う1 - 春 (C・NOVELSファンタジア)
多崎 礼 天野 英
4125012458

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。