覆面作家企画6 Cブロック感想

覆面作家企画6 Cブロックの感想です。

ここにはお知り合いだと御桜さんと藍間さん、桂木さんがいらっしゃいますが、以前別の企画の作者当てでは全員外したという過去があります。とくに桂木さんには手も足も出なかった思い出が。
なので推理はとくにせず、おもに感想を書きたいと思います。


C01 天翔る竜と天下無双のドラゴン娘!(仮)

冒頭の道化テンションから想像したのと全く違う! シリアスストーリー!
人類の存亡の危機に命をかけて闘った功労者に対するむごい仕打ちにこころが震えます。
てか、敵の最後の一頭くらい残しておいてもいいんじゃないの、ほら研究とかに使うんでもいいんじゃないの? 心が乗り移った理由とか知りたくないの? あ、だれも信じてないからか、そういうことか……。

アクションシーンと説明的な文章のあいだに少々ギャップが感じられるのは、作者さんお若い方なのかなあと類推。

構成が上手いなーと思いました。ラストが希望に満ちたシーンで終わるのが切ないです。


C02 桜都狂騒劇場

大正レトロな帝都で起きた事件をキテレツな文筆家がキテレツに解決する、このままシリーズになりそうなキャラクター立ちまくり小説。

東に北、と出てきたので期待を持って読んでいたら、まったく裏切られずに西と南も登場してくすり。
探偵役の東氏の気品あふれる横柄さと、庶民派北氏とのかけあいから、切り裂きジャックを彷彿とさせる連続殺人から、東氏のトンデモ仮装から、いやはや、すみからすみまで遊び心満載で楽しかったです。

文章にリズムがあり、なおかつ、描写がこまやか。

読んですぐに御桜さんが思い浮かびましたが、このあと御桜さんは私の頭に何度も浮かんでくるのでありまして。つまりあてにはなりませんorz


C03 時よ止まれ、汝は美しい

なんとなく居心地が悪いなと感じるのは、主人公の名前は判明しているのに地文では「男は」とずっと書かれているからなのでしょうか。
話自体も、相当居心地の悪い話ですね。この女は現実なのか幽霊なのか、どちらかに決めつけるには何かが足りない、もしくははみ出してしまう、このなんともいえないもどかしさ。

あー。どっちなんだよう。

と読み手が悩むのを見て、作者さん楽しむんだろうなあ……。

私としては、幽霊だったほうが長い間怖さがつづくなあと思います。
主人公、こうなるってわかってて本当につきあえるのでしょうか、彼女と。


C04 ほんとうの救世主

ラ・ピュセル? 六花の勇者?
既存の話を思い出しながら読むのは私の悪い癖ですが、この話、魔王討伐のあとが凄かった。
魔王と人間は対立していたんじゃない、というとこまでは想像するけど、そのあとの壮大な飛躍に恐れ入りました。スケール大きい、なんてもんじゃなかった。ほえーーー。

で、私は思うわけです、ささいなことを。
魔王の息子って母親誰?
それに魔王ってどうやってなるのだろう?

C05 ともしびの揺れる

断片的な情報が重なるようで重ならず、なかなか全体像が見えてこないお話。
ミステリみたいな読み心地でしたが、わかってしまうと今度は非常に現代的で重く身につまされる話でした。

淡々と書いてあるけど、これ、すごく葛藤があるんだろうな。
携帯電話の使い方というか、携帯電話を忘れて捨てることなく、ちゃんと使い続けてくれるのが救い?

C06 あの温もりを思い出せない

これも葛藤系。
危険物に驚いてびくびくしながら始まるのだけど、地の文は「彼」なのに現実では「せんせぇ」って甘え気味に呼ぶ女の子の登場にさらに不安が高まってしまう。

読みながら、ああ、この子はすごく不安定なところにいるんだなと強く思いました、どちらに足を踏みだそうかとふらふらしている夕方の公園の情景がなんともいえないです。

でもお願いだから燃やすのは写真だけにして><


C07 深夜ドラマは30分ものに限る

家族の出払った深夜にドタバタ探偵ドラマを見ていたら——。
話自体もドタバタで日常的非日常ドラマのチープさをネタにしつつ、軽快にすすむコメディーです。ヅラに物を隠すなんてすごい芸当だと思うわ。

これも一応枠物語かな。しかも傍観者だったはずの主役が途中で内容に関与するようになるメタ構造。異世界召喚物というよりそっちのほうが近い印象。

ニート探偵もおもしろいけど、部下を持ったばかりの若手サラリーマンの悲哀がリアルで印象的でした。


C08 火刑に処す

明治時代なのかなあと思いつつ、あまりにも不穏な刑罰に異世界なのかなとも感じる物語世界。
たおやかな筆で描かれる情景と繊細な少女の心の機微がみずみずしいです。
悲劇を背負った南雲どのの瞳に映る夕映えが目に見えるように鮮やかでした。

これ……御桜さんぽいんだけどなあ。御桜さん二作目だ。

一ヶ所—が罫線みたいなのになってるところがあるけど、これはミスっぽいな。フェイクではないと思います。


C09 真夏のブーメラン

おれはフリーしか泳がない、とかいう話じゃなかったですねwww
幼なじみの正面切って三角関係やってこなかった三人のうちのふたりが、高校生活最後の夏に決着着けようとする青春物かと思いきや。

元気で少々乱暴な会話が飛び交う、男同士の友情がさわやかです。
おちびたちの賑やかな様子がかわいかった。

しかし、どっちと付き合うかを勝手に決めるな、それは彼女の選択だ。
てか、彼女も水着着用なの?
学校のプールに無断で入るのの常習犯だな、こいつら。

数字は全角だけど、疑問符などが半角になってますね。全編そうなのでフェイクかもしれない。


C10 あなたの健康を損なうおそれがあります

すごく楽しかったです。
突然異能が発現して転職するまでと、現職場での結構大変なお仕事がスムーズに繋がってる。読み手をそらさない簡潔でいて不足なく、センスも感じられる文章。上手いなー羨ましいなー。

主役の臨時パートナーになった鈴木さんの、さばさばして色気の無い、かといって男ともちがう個性が素敵でした。

確かに、この仕事、健康を損なう畏れが高いですね。
やはり力を得るには何かを犠牲にする必要があるってことなんでしょうか。


C11 この気持ちにつける名前をまだ知らない

リリカルな雰囲気。長命の異種と彼に仕える幼いメイドの愛らしいお話。
大の月のお祭りに屋台とか提灯とか、この世界は和洋折衷なのかな。
エミールとティカの会話が可愛くて楽しくて、読んでいてほっこりさせてもらいました。
それになんといっても百合の提灯が素敵にきれいですばらしい。この情景だけでしばらくうっとりしてしまいました。

いつまでも続かないとわかっていても、いつかは変わってしまう、終わってしまうとわかっていても、この日、この時を分かち合い、大切だと感じられることはとても幸せなことだなあと思いました。

たぶん、エミールが鈍感なのはそのへんのことが無意識にあるからですよね。

なんか、藍間さんぽいかなと思ったのだけど、自信はないです、きっぱり。


C12 緋蓮

うおおおお、この話すごい。
すごいカッコいい。カッコいいというと変だと思うんだけど、迫力が凄い。

シルクロードの要衝ぽい都市の豪商の跡取りに嫁いできた女性の心理が狂おしいまでに迫ってきて、こころのなかでキャーキャー言いながら読んでました。

夏は暑く、冬は寒い。たぶん大陸の真ん中か盆地なんだろうな。
住みよい街ではないのに繁栄している。上昇志向のある人たちが集ってるんだろうな。

ただひたすら、復讐だけを望んで嫁いだはずなのに、夫の真情に触れていつのまにか変化していく自分に戸惑い、それを拒絶しようとする女性。

熱情あふれる旦那さんのふるまいが魅力的に色っぽくて、ドキドキです。
冷たさを抱いた女性と旦那さんの熱さの対比と、硝子が溶けていくさまが印象的でした。
これは凄いもの読んだわ。興奮しました!

で、これも御桜さんに読めてしまったわたし。御桜さん、何作投稿したんですか!←大いなる濡れ衣。

そして、やっぱり桂木さんぜんぜんわからない……。
藍間さんは勇者の話もそれっぽいかなと思ったんですが。
リリカルと滅び……うーむどっちだ。どっちでもないのか。

悩みつつ、次のブロックに参ります。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する